スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと言論のタマを装填してね。 

  • [2015/12/19 14:49]

雑司が谷に事務所を開設して一ヶ月。
会社的には1人事務所になってしまうということもあって、新事務所はAV監督のK*WESTと一緒に借りることにした。家賃を折半にすることで少し広めの部屋に引っ越すことが出来た。

普段はK*WESTと自分の2人きり。そこにときおり音声のHが編集の手伝いにやってくる。HとK*WESTは大学時代の映画サークルの先輩後輩という仲。Hがこの業界に入ってきたのもK*WESTの誘いがあったからである。
撮影現場での彼はきわめて優秀な音声スタッフなのだが、AVそのものにはさほど興味がないらしい。一度、「監督をヤル気はないのか?」と聞いてみたら、AVよりも映画の方がやりたいそうである。
実はK*WESTの制作会社にいるのも、K*WEST自身がAVにこだわらず映像制作をやりたいと言っているからで、来年は自主映画のようなものを作るつもりでいるらしい。特に映画興行の形態にこだわってるわけでもなく、YouTubeでの無料配信でもいいらしい。
K*WESTもまた映画好きの青年なのである。

とはいえ、この2人はすでに一般映画デビューをしている。しかも役者として。
映画サークルのK*WESTの同期には白石晃士がいて、Hも白石晃士のところで技術スタッフをやっていたことがある。そんな仲だったからということもあるのだろう。3人が出突っ張りの作品がある。


「バチアタリ暴力人間」(2010年公開)

次回、久々にボヤキでレビューを書くつもりだが、自分がこのことを知ってまず思ったのは、自分がこの作品にK*WESTが携わっていることを今にいたるまで全然、知らなかったことだ。2010年なんて、まだいっぱしのヘビーユーザーだった頃だ。しかもAVライターのまねごとのようなことも始めていた。
それなのにまったく覚えがない。
身の回りの映画好きの人間に聞いてみたら、白石晃士の作品ということもあってか「バチアタリ暴力人間」という作品を知るものが意外といて、それなりに知名度があることにさらにびっくりした。

今年もAV業界にとってさらに厳しい年になった。
DVD盤だけ見ると1タイトルにつき1000枚もいかないメーカーがほとんどの状況になってきている。
つまり見方を変えると、AVなんて1000枚売れた売れないの世界ということだ。
たった1000人である。実際にはダウンロード配信もあるのでもっと売り上げはいいのだが、それにしてもそんな程度の市場ということだ。
そんな狭い世界で、狭い世界だけに向けて話をしているというのは、なんと不自由なことなのだろう。外界への目を持たないものの創作物にどれだけの面白味が生まれるというのか。

二村ヒトシの本についてもそれが言える。書籍の世界ではすでに10万部も売れ、たくさんの知識人・言論人とも対談イベントをしているが、AV業界でそのことの意味を知っている人はそんなに多くはない。
國分功一郎も熊谷晋一郎も湯山玲子も枡野浩一もたぶん知らない。
これだけTwitterだのFacebookだのができて、四六時中、発信されているのに、名前は聞いていたとしてもどんな活躍をしている人なのか、よくわかっていない。

逆にどんなにAV業界の中で有名になったとしても、世間的にはまったく無名である。AVの世界なんて、AVのことしか話さない。どのAV女優がエロいだの、どんな企画が売れるだの、そんなのばかりである。
思想も哲学も、文化を創る覚悟もあまり見られない。いや、エロとはもともとそうしたものかもしれない。でもそれでは根無し草のコンテンツになってしまう。

考えてみればボヤキの小窓でやってきたことって、文化的な側面としてのエロを語ることだった。
少なくても自分のやりたいことはそういうことだ。
そうじゃなければ単なるAV屋になってしまう。別にAV屋でもかまわないのだが、単なるAV屋で終わるなら先は見えているだろう。
もっとアンテナを広げなければと思った。
もっと業界以外の人に会わなければ。

淫語魔に帰ろうと思うのだ。 

  • [2015/11/25 17:27]

今月の18日に新しい事務所の部屋が借りられて1週間たった。
まだ事務机も応接セットもないけれど、ようやく自分のお城ができた。
この場所から本来やりたかったことをはじめようと思う。

奇しくもこの日はMotheRsが最初に作品を発売した日。今から四年前の2011年11月18日のことだ。(DVDの公式販売日は25日だが、店頭売りスタートは18日からだった)。

紅蓮のアマゾネス ~泣き喚きながら逝かされる男たち~ EPISODE 01

MotheRs参加当初、自分の立場はあまり明確ではなかった。とりあえず企画会議に出て話を聞き、自分の意見を言い、作品によってはシナリオを書く。
このときには、すでにAVライターの仕事ははじめていた。だからAVに関してまったくの素人ということではないのかもしれない。だが観るのと制作するのとでは大違い。いきなり現場に放り込まれて、いったい自分に何が出来るのか、どんなことで貢献できるのか、気持ちが右往左往。まったくのアウェイであった。

しばらくは本業と二足のわらじ状態だったが、まもなく本腰を入れてちゃんと会社に所属することになり、途中、2人いたプロデューサーが自分一人になったりしてまったく帰れない日々が続く。
それから4年。いまでは撮影現場を組んだり、パッケージを作ったり、予算の交渉をしたりして、いっぱしのプロデューサーになった。
まったくゼロからスタートだ。とにかく勉強の日々だった。
そのうち手応えのある作品をリリースできるようになり、評価の高いヒット作にも携われるようになった。

だが、一つの仕事に徹することで失ったものもある。
落ち着いて長い文章を書いている時間がまったくできない。
特にプロデューサーを一人でやらなくてはならなくなったとき、それまでやっていたライターの仕事を断るようになった。いつしかブログも書かなくなり、書くとすればコピーと宣伝文とTwitterでのつぶやきぐらい。
文章には自信があった方だが、長いものは書いていかないとさび付いてくる。
そのことを最近強く感じるようになった。

もともとやりたかったのはプロデューサー業ではない。
文章。言葉の力で説明する。AVの現場でなにがおこっているのか、そこで行われることはことにどういう意味があるのか。言葉を駆使して広報活動をして、言論活動をやっていくつもりだった。誰かに書いてもらうのではない。自分で書くのである。ネット上で言葉による空中戦をする。WEBだからできる売り方があると思った。
それは実に新しいスタイルだ。

たとえばTwitter実況がそうだった。
今でこそAVメーカーでのTwitter広報は当たり前のようになっているが、自分がやり始めた頃はそこまで各メーカーさんは熱心だったわけではない。写真をバンバン上げだしたのは自分が最初ではなかろうか。

またベイビーのKoolongに頼まれて、制作現場の内側から見るAVレビューを書いたりした。
女体拷問研究所 1st レビュー
この頃は毎週金曜日に「女体拷問研究所」のレビューを書いていた。
よく映像作家の人は映像でしか伝わらないモノがあるという。
しかし言葉で説明することでしか伝わらないモノもあると思っていた。

そのおかげかどうかはわからないが、MotheRsは昔からダウンロードに強い。ネットでの現金収入が馬鹿にならないのだ。

現在、制作スタッフは自分一人になったようなものだし、このだだっ広い事務所で事務机も整ったらいよいよ文章を書くことに明け暮れようと思う。
まずは昔のMotheRsの作品を一つ一つ検証する。
それが自分のスタート地点。
レビューを書いたら、またこのボヤキで作品についてボヤキますかねぇ。

スポンサーサイトがうざいので 

  • [2014/07/27 15:45]

1ヶ月なんも書かないとウザい広告が出て、とてもうんざりするのでなんか書かないといけないと思いつつ、忙しさにかまけたり、疲れていたりで書かずにいたらますます書けなくなっていたので、とりあえず記事をアップしようと書き出してみた。

スポンサーサイト

[--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だがやはり書くことない。

うーむ。

そしてこんな記事は1回しか使えない。

今年の締めくくりはアナルにカメラ 

  • [2013/12/31 04:23]

今年中に花房観音の『恋地獄』について、なんか書こうと思っていたのだが、書いている途中で下血して病院に行き、そのまますぐに内視鏡検査をすることになってしまった。
肛門からカメラを入れられて大腸の中をまさぐられたわけだが、尻穴に管を入れられたときは、これまでマザーズの作品の中で数々の男優、応募素人さんたちのケツ穴を掘った因果かと思ったりもした。
とりあえず癌もポリープもなく事なきを得たが、まあ働き過ぎなんだろう。家で寝るより、会社に泊まって寝ることが多い一年であった。

というのも今年、マザーズは春先の売り上げがとても悪く、かなりのテコ入れをしないとまずい状況に陥った。その上、急に人がバタバタと辞めたりして、結果的に2人分の仕事をさぜるえない。
ただでさえ業務が多いのに、それが2人分である。
端から見たらブラック企業のなにものでもないなと思いながらも、船が沈まないように身を粉にして働いた。

その甲斐あってか、全体の売り上げの方はその後、ほぼV字に回復していった。
特に夏に新たに作ったレズメーカー「レズれ!」が好調な滑り出しをみせたのが大きい。そこでの成功がマザーズ本体にも心理的影響を及ぼし、なんとか笑って年を越せるまでになった。

だが仕事の成功はそのまま仕事量に跳ね返ってくる。
8月などはお盆休みどころか、土日も休めないほど仕事に邁進せざるえなくなった。
それが10月まで続き、ようやく休みらしい時間がとれたのが11月。それでもいったんタイミングを失うとやはりずっと休めない日が続く。
仕事自体は楽しいので気持ちとしては苦とも思っていないのだが、年齢も年齢だけに体の方がついていかなかったのだろう。この年の瀬に来て体調を崩すこととなった。
おかげで1週間、自分は仕事を休み、業務はストップである。
自分がいないとこうなっちゃうんだなぁとあらためて零細メーカーの弱点を見せつけられた。

来年も新たな展開が待っている。
AV業界的には作品が売れなくてどこも大変だが、うちはメーカーとしてなんとか売り上げを維持しつつ、他業種との連携で市場拡大を図っている。その一つの形が「プロステート・ギア」というアナル玩具なのだが、これがまた今のところ好調な売れ行きを見せているらしい。
こういう異業種間の仕掛けは来年も続く。すでに種は蒔かれていて、今から芽が出るのを心待ちにしているものもあるのだ。

こんなふうにマザーズの仕事の方は調子がいい。そのせいでワーカホリックになりかけたとしても、そのことについてはまったく不満はない。苦労した分の成果はちゃんと数字に表れているからだ。
しかし問題は自分自身の来し方である。
アナルにカメラを突っ込まれる前日、お腹の中を空っぽにするために下剤を飲んでうんうん唸りながら、やはり自分はこのままでいいのかと、トイレで脂汗をかきながら考えていた。

そもそも自分がやりたかったことはAVのプロデューサー業務だったのか?
これはこれで楽しいのではあるが、やはり文章を書いたり、いろいろ思考してそれを形にすることの方が自分は性に合っていると思う。いずれは本来あるべき自分の姿に戻りたい。
それと淫語を使ったなんらかのエロスをやりたい。別に大して金にならなくてもいいのだ。もともと趣味が高じて始めたのが淫語AVマニュアルなのだから。

そんなこんなで、淫語魔の原点であるこのサイト運営をどうしたもんか、それが来年の課題である。
ボヤキには昔のようにAVのレビューやら書評やらを頻繁に書きたいし、淫語AVマニュアルの復活もしたい。
自分のブログも書けないような忙しさなんて、やはり異常だ。そこからなんとか脱したい。
マザーズは3年目、淫語AVマニュアルは8年目。あと2年でなんらかの決着はつけたいよね。

とにかくぼやこう 

  • [2013/07/23 04:07]

いつのまにか7月になっていた。

ここしばらく、撮影前日は撮影スタジオが併設されている会社に泊まることにしている。
東京の朝の電車のラッシュはハンパじゃない。揉まれてクタクタになった状態で大事な女優さんやスタッフたちと撮影をスタートするより、スタジオに宿泊し少しでも睡眠時間を取って出迎えた方がいいと思ったからだ。

AVのプロデューサーなんて仕事は、企画やキャスティングに頭を悩ませ、撮影後は資材を検討しながらどう売っていくかを考えるのが基本で、撮影当日はあんまり役に立たない。いったん現場に入ってしまえば、監督が撮りやすいように心がけたり、女優さんや男優さんの気分を乗せることだけを考える。
もっとも自分の場合は広報業務も兼ねているので、Twitterの実況を含めて広報資材の収集もしなければならない。時には取材にきたメディアの対応をしたりもする。

メーカーによっては撮影中にちょこっと顔を出して帰るなんてプロデューサーもいる。大手メーカーだと一人のプロデューサーが月に8本ぐらい抱えていたりするので、すべて最初から最後までつき合っているなんてありえない。それは広報の仕事でも一緒で、全作品に最初からつき合っているのは、自分ぐらいなものかもしれない。

もっとも会社に泊まるのは、単純に仕事が終わらない場合も少なくない。
少人数でやっているメーカーである。1人がいくつもの役を兼務しなくてはならない。何もなければできるだけ家に帰って寝ようと思うが、終電で帰ってまた会社に出てくることを考えると、ついつい面倒くさくなって通勤時間を削ってしまうのである。
会社はAVを撮るスタジオが併設されているわけだから、風呂シャワーは完備していて、もちろんベッドもある。服が汚れれば洗濯機で洗って干すこともできる。つまりは長期宿泊も可能なのである。

そんなこんなで家に帰らずにいたら、7月である。
もう今年も半分が過ぎてしまった。
これは相当やばい。

とにかく何かを書こう。
そんな感じでちょこちょこ時間があったら書くことにする。
これはブログだし、力を入れずに書いていくのが基本だものね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。