スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りっぽい老人にはなりたくないね。 

  • [2007/10/22 23:45]

今日、仕事でちょっとした会議があった。
その会議で進行役を勤める予定のヤツが風邪で倒れてしまって欠席。代わりに自分がやることになった。

2年前は難なくこなしていた役回りだったので、正直、そんなに不安はなかった。
ところがいざやってみると、思ったほどにはうまく仕切れない。しかも事前にどういう議案があるのかよく理解していなかったこともあって、人の作ったスケジュールなどの資料をほとんど初見で判断して進行していくという状況になっていた。
会議の流れはグダグダ。進行役に自信があったのは、自分の場合、綿密な下準備をした上での話だったことを思い知らされた。

話を進めることに躍起になり余裕がなくなっていた。いつもなら人の顔を見ながらだいたいの空気をつかんでいくのに、全体を見渡すことを怠ってしまった。おかげで不用意な発言をして、年配の人を怒らせてしまったり、あきらかにここで話してもらわなければならない人に振り忘れたりと、満足のいかない体たらくだった。

ここんところ気ぃ抜いてたからな。
イイ薬にはなった。

人間って2年も経てば、別人格の人になってしまうのかもしれないね。
脳細胞からして同じ細胞は一つも残ってないわけでしょ。
2年前にできていたことができなくなってたりするのは当然。
逆に2年前にはできなかったことが今はできていたりするしね。

でも悔しいんで、今度の会議も自分で進行役を買って出ようかと思っている。
かつてできていたことができないままってのはイヤだからさ。
まっ、老いるということはそういうことなんだけどね。
今はまだ老け込む年じゃないだろうけど、そのうちできなくなることが増えていくんだろうな。
その時自分は、自分のプライドと折り合いをつけながらちゃんと年老いていけるのだろうか。
果たして自分は、キレイに年をとっていけるのかなぁ。

なんか「どう死ぬか」より「どう老いるか」の方が大事な気がしてきた。
そういうことを考えはじめる年になってきたんだな。

今月は歩原らいとと真鍋あやが引退表明してたな。 

  • [2007/10/18 21:35]

更新が何年も止まっているサイトに訪れると、廃墟に迷い込んだような気分になることがある。
サイトには、それを運営している人間の息づかいというものがある。特にブログはそうだ。
毎日に近いぐらい頻繁に更新していたのが、なんの前触れもなくある日を境に急に止まっていたりすると、それだけでなにかもの悲しい。コメント欄が古いままでスパムとかに荒らされていたりすると余計うち捨てられた廃屋のように思えてしまう。

ブログは基本的にタダだから、当人がやめると申し出ない限り削除されることはない。もしも書いている人間が急死しちゃった場合、ブログだけは半永久的に公開され続けるわけだ。
AV女優のブログなんかは、いつのまにか引退していて、うっちゃられたまま放置っていうのもある。
困るのは引退しているのかどうかわからない女優さんだ。ケジメがつかなくていまだにときどき覗いてみるブログがある。

もっとも引退をブログで表明していても、いつまでもその女優のブログが残っているのはそれはそれで淋しい。
小泉キラリみたいな終わり方が一番いいのかもしれない。
彼女はそれなりに引退の理由を明らかにし、ブログを締める日を告知し、2005年12月31日をもってスッパリ削除していた。
サイトの閉じ方として後腐れがない。彼女のことが好きだった自分は、いまだ不思議な余韻が残っていたりする。

さっきもYahoo!のアダルトビデオ、成人映画のカテゴリに登録されているサイトを見ていたんだけど、1年以上更新がないサイトは削除されてしまったようだ。
現在11サイトが登録されているが、それでもまだなんとか更新しているサイトは6つぐらい。残りは突然死したように更新が止まっている。
そしてそのほとんどがブログ。

ところでこのカテゴリ。その生き残っているサイトで完璧に個人の趣味サイトは、うちとエヴィサン。だけじゃないかと思う。
他のは公式サイトだったり、いわゆる業界関係者のサイト。
もっとも今の遠藤遊佐さんは半分AVライターみたいなもんで、しかも現在はブログのみの更新。サイトでAVレビューはもうやらないんだろうなぁ。
しかもブログのくせに更新頻度はうちより少ないっしょ。

つまり何が言いたいかといえば

更新が出来ない週があってもいいじゃないか。

ってことなわけですよ。

いやなんか更新に関して、強迫観念に襲われてしまうことがあってね。
おっかしいなぁと思うわけですよ。
なんだろうね、この拘束感は。

呪縛とは実体のないものからの理不尽なプレッシャーなんだな。
求めても求めても満たされることのない飢餓感の裏返しでもある。
それは大なり小なり誰の胸の裡にもあって自らを律する力になる。
社会の中で生きている以上必要な力だ。
そもそも社会そのものが実体がなく理不尽な存在だったりするんだから。

でもそれが度を超せば苦しい。
慳貪嫉妬の罪によって餓鬼道を彷徨うことになる。

と、まぁなんだが難しい理屈をこねくり回して自己正当化を図ってみたくなったわけなんですよ。

そういえば青木玲ちゃんは引退作を撮るために復活したって言ってたね。

「仕事を辞めてからもずっとしっくりとこなかったんですよね。そしてある日『あぁ、引退作を撮ってないからだ』と分かったんです」
(日刊スポーツ 2007/9/13付)

人間は跡付けでも意味をつけないと心に収まりがつかないときがある。
彼女もいろいろあったんだろうなぁ。

んで、とりあえず明日の更新分はできた。
日ハムも日本シリーズが決まって今日はいい気分。

野村の解説が一番おもしろいな。 

  • [2007/10/16 19:45]

なんか急に用事が重なって、更新するための時間がとれない。
まぁ、個人サイトってこんなもんだろうね。
今日の夜はこのまま何もなければデータ作りに励もうと思う。

ところで最近、少しアクセス数が落ちているんだよね。というか一見さんが減っているって感じ。逆にリピータ自体は着実に増えているようでもある。
現在、淫語AVマニュアルに一番くるのは検索マシンからではなくリファ元不明。このうち全部が全部、お気に入りやRSSリーダーからきているわけではないだろうけど、でもその比重が大きくなってきているのは確か。
これはこれで嬉しいことなんだけど、やはりアクセス数が下がるのは面白くないんで、そろそろまたどこかに相互リンクを頼んだりしてみようかなぁとか思っている。そもそもうちのサイトはアダルトサイトにしては相互リンクをしなさすぎだからね。

それとYahoo!検索では「淫語」が3位になっていた。
9月末の変動でカテゴリ登録のサイトが優位になったと言われているけど、ウチに関してはどうもそうではない。その証拠にGoogleではYS*CLUBさんをおさえていまだ1位。なのにYahoo!は1、2位はサブディレクトリのページで、その後塵を拝してしまっている。

ただそもそも「淫語」というのが大したキーワードでもない。Yahoo!だと「淫語」は818,000件。Googleは1,160,000件だからかなり少ない。
「淫語」なんて定着しつつあるとはいえ、所詮、AV発信の造語。やはり「アダルト」とか「ビデオ」とかにくらべればとるにたらない。そもそも辞書にないからね。
一発変換も出来ない。

そうそう最近、Yahoo!のカテゴリ登録の審査が難しくなっているんだって。
つくづく思うんだけど、ホント、うちのサイトはよく通ったよな。 DMMあたりでもいまだに「おま○こ」とか「ち○ぽ」とか伏せ字で書いているのに、こんなに淫語を書きまくっているサイトでYahoo!さんは大丈夫なのだろうか。
ちょっと心配してしまう。
そのうち風向きが変わって削除とかにならないだろうな。

さぁ、これからテレビで日ハムを応援しながら作品データを作るか。

S1さん、HPが間違っていますよ。 

  • [2007/10/09 20:42]

先週末はたくさん見ましたよ、AV作品。
全部で10タイトルぐらいですかね。あとなぜか途中で溝口健二の「雨月物語」を見たのでDVDとしては11タイトル見たことになる。
「雨月物語」は好きなんですよ。いつかこのボヤキでレビューしてみようかな。

んで今日、久々にS1作品をUPした「綾瀬ひめ 僕だけの♥巨乳ママ」だけど、本当は1作目のFLAGMAN監督のやつを途中まで作っていたんだよね。でも、最終的にはシリーズ3作目になる秋秀人監督の方にした。
というのもFLAGMAN作品だと思っていたものが、S1のHPではなぜか大村大監督の作品になっていて、「あれぇー、またFLAG監督、別名で撮ってるんかなぁ~」なんて思っちまったもんで、確かめるのに手間取ってしまった。前科があるからね。
で、当人に確認したらまるきりの別人だそうで結局S1のHPが間違っているみたい。

ということで、FLAG監督! また今度ということで。
といっても次々回にUPするつもりですけど。
くわしくはその時ですね。まぁ、そんな悪くなかったと思いますよ。この女優さんならこんなもんなんではないですか。

ところで昨日、S1のホームページを見ていて気づいたんだが、なんと淫語AVマニュアルってまだ麻美ゆまちゃんを掲載していないんだなぁ。
「こんな大物のAV女優さんを載せないなんてあり得ないだろう」ということでちょっくら見積もらなきゃいけない。まぁ、自分の持っているので一番多いのは保育園のやつなんで、多分それになると思う。
ただそうなると、またもや幼児言葉の淫語になるんで、もう少しほとぼりが冷めてからにしようと思う。

どっちにしろ次は2作目。松嶋れいなさんのヤツ。
今、ちょこっとデータを取っている最中なんだけどさ。この調子だとひょっとしてひょっとしたら次回のUPは早いかも。
いずれにしろ、このシリーズについての話は3作品全部あげてから改めて。

ホントは1つ、ここでレビューをしたい作品があるんだけど、当分マニュアル優先で行きますか。HP自体もいじりたいし。
あっそうそう、懸案の淫語マニュアルの丸数字は秀丸エディタのマクロで複数行一括置換しました。
やっぱり秀丸って優秀なソフトなんだな。

久しぶりにまとめて見るかいな 

  • [2007/10/06 09:26]

「AV open」「D-1」の次は「AVグランプリ」ですか。
今度はDMM主催で月額販売で見ることができるようで、しかも参加メーカーも多い。
まぁDMMは多くのクレカ登録したユーザーが使う通販店で、自分も利用することが多い店ではあるからまだそれなりに信頼できる。

でも思うんだけど、こういうのって制作費別で競い合わせた方がいいんじゃないかな。
格闘技だって体格差を考慮して体重別にしているわけで、それってAVメーカーで言えば制作費にあたると思うわけですよ。
作品にいくら金がかけられるかっていうのはやっぱり大きいでしょ。それにお金の縛りをかけておけば、人気単体女優さんと企画女優さんの振り分けも自然とできてくるんじゃないかと思う。
それとメーカーのネームバリューというか、それまでの実績とかもあるんで、本当はメーカーの名前も結果が出るまで伏せてしまうとか、全部、新企画で望むようにするとか、公平を期すにはいろいろ改善の余地はあるはず。

まぁ、何にせよ自分たちで勝手に盛り上がらないで、ユーザー還元の姿勢はもってほしいね。ついでにAVライターのレビューも審査対象にしたら良いんじゃないか。どのレビュアーが役に立ったか覆面で書いてもらってDMMユーザーに選んでもらうとか。


さっきアクセス解析を見ていたんだけどさ。このブログもそうなんだけど、淫語マニュアルって淫語検索で来る人が当然のように多い。というより、それでこなくてどうするんだってサイトではある。だからひょっとしたら普通のエロサイト以上にヘンな淫語検索で訪問してくる人が多いかもしれない。

最近、面白いなぁって思ったのは「おまんこ」と「オメコ」。
「おまんこ」は大抵ひらがなで訪問してくるが、なぜか「オメコ」は圧倒的にカタカナが多い。
関西の人は「おめこ」より「オメコ」の方がしっくりくるのだろうか?

それからまぁ当然といえば当然なのかもしれないけど、女優さんがらみの淫語検索もある。
最近では

翔田千里のおまんこみたい

気持ちはわかるけど願望をそのまま文章にして検索しても、目的は達せられないんじゃねぇかなぁ。
マジで答えると今のところ、彼女は裏とかに出ていないのでせいぜいモザイクが薄い作品でも探すしかない。
一番薄い作品は自分の見当としては、淫語マニュアルにもUPした「あの」作品じゃないかと思うけど、まぁ別にここで答える義理はないからね。なんだかんだいって翔田千里さんの作品はたくさん見ているんで、多分、間違ってないと思う。

女性器の「ツボ」「ポイント」の部分はどこか?

この人はちゃんとその答えに辿り着けたのかなぁ。
女の人って頭の中でSEXするようなところがあるから、体に即したSEXより心に即したSEXを心がけた方がいいと思う。そうじゃないと連中、演技とかし始めるからね。それを真に受けると飛んだ道化者になったりする。
こういうのって、ホントのところはわからない。個人差もあるしさ。
だから、ヘンな情報に頼らず、実際の相手に素直に聞いちゃった方が早いと思う。たとえそのコの性感帯が未開発だったとしても、そこからなんらかのコミュニケーションがとれて「愛あるSEX」が生まれるかもしれない。
女性器のツボを勉強するより、女心のツボを勉強した方がいい。って、うきゃー、「おまんこ」とか「チンポ」とか書くより恥ずかしい!

淫語とは関係ないけどこんなのもあった。

雨宮まみ 二村ヒトシ 不倫

えっ?! あの2人が不倫??
そっ、そっ、そうなんですか?
そういう噂でもあるんですかねえ。つーか、そんなこと調べてどうすんの? アンチかなんかか?

雨宮まみさんってさぁ、美人なんだよね。ちょっと笠木忍ちゃん似で。
彼女のblogには、自分のことをあまりイケてないみたいなことを書いてたりしてるんだけど、どうしてどうしてなかなかなもんなんですよ。
にも関わらず、なぜに彼女はこうもご自分のルックスを下に見積もるのかとっても不思議。
彼女、もの凄くうまい文章を書いたかと思えばど素人のような拙いものを書いたり、かなり大きな振れ幅がある。だいたい自分に対してどん欲な人だよねぇ。欲深いというか。彼女の被虐ネタを読んでいるとそう感じることがある。
それ自体は悪いことではないんだけど、彼女の中にある既成概念がホンネの彼女を出すときに歪めてしまってる気がする。

んじゃ、この連休はAVを見まくりますか。
今日中に一本、UPできるかな。

そういえば中坊の頃は高千穂遥とか読んでたな。 

  • [2007/10/04 12:24]

3年ぶりに1からPCを自作するので知識を再吸収するのに時間がかかっている。とりあえずCPUとマザボとメモリだけ買うつもりだったんだけど、今のマザボってIDEポートが1つっきゃないんだね。つまりHDDはシリアルにしないとダメじゃねぇーかってことで、Serial ATAのHDDをXPのOEMとともに買った。
いやあ、ちょっと見ぬ間に微妙に進化してる。もう100とか133のHDDは代用がきかなくなるなんだな。どうしようか、これ。

ところで、この間、久しぶりにKINGDOM監督のblogを見にいったら、いつの間にか更新してやがった。
何ヶ月ぶりよ。blogをつけていたこと自体、忘れていたぞ。しかも更新した内容には淫語マニュアル的には見逃せない情報が載っけてあった。

ご報告②
今月末からなのですが、今年も大作AVを監督させていただきます。もちろんリリースはMOODYZさんです。今年もこうして監督させてもらう事に感謝しつつ、凄い作品を作って皆様に楽しんでもらえたらと思ってます。
一番始めから数えて、今回で5回目となるこの超大作。女囚刑務所から始まって、痴女大統領のホワイトハウス、痴女王国の王宮物語、セクシー悪魔達のエロスの地獄、で今回は宇宙に旅立ちます。ついに宇宙にやってまいりました。
「巡りあい宇宙」ならぬ「犯しあい宇宙」です。
今急ピッチで準備中です。今月末に撮影ですから。気合入れて凄いの作りますよ。
今回はエロエロピチピチ宇宙服に身を包んだ、セクシーかつ巨乳な7名の痴女達が巨乳宇宙警備隊となって、テロリストから地球と宇宙の平和を守る…といった内容です。ちょっとずつでも紹介していけたらと思ってます。こちらも撮影、そして完成を楽しみにしててください。

KINGDOM帝国 9月15日 近況報告です。

そりゃ、わが宿敵「エロス~」シリーズのことじゃないですか。
んで、監督のmixiを見にいったらもう撮影は終わったみたい。
要はスペースオペラ・エロ大作なのかなぁ。前回は画が赤黒かったから、今回はスタンリー・キューブリックなみの白さを期待したいところ。
で、いつ発売なの?

そのKING監督のblogなんだけど、丸数字を使っているよね、「ご報告」のあとに。
あれは文字化けの原因になるので避けた方がいい。
MACの人は読めなかったりする。

実は淫語AVマニュアルも丸数字で作品の流れを箇条書きにしていたんだけど、途中、そのことに気づいて直そうと思ったことがある。
それでいままでのデータを直していったんだけど、少しずつやっていったんでそのうちそんなことをしていたのをすっかり忘れてしまっていた。さっきそのことに気づいて、これはイカンと思った。
やはり、こういうの一気にやらないといけないね。今週末に決行しよう。

トップページも直したいなぁ。
やっぱり画像が欲しいからさ。
これも要検討だな。

このサイトのほかにもやんなきゃいけないことがいっぱいあるんだけど、いろいろ手を出しすぎて、結果として自分の首を絞める状態が続いている。全部、中途半端になっちゃっているな。
切るところは切って整理していかないとね。迷惑をかける人もでてくるだろうし。

このサイト関連で言えば、淫声のクモさんのところの淫語音声作品【熟女淫語あえぎ音声 未亡人・麗子の性欲】を紹介しようと思って2ヶ月近く経ってしまった。
すんませんね、クモさん。感想は必ず書きますんで。

他にも関係者各位、今週末、がんばりますんでどうぞよろしく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。