スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩んだら「IE バグ CSS」でググるべし 

  • [2008/01/28 21:41]

えっと、今日はあることを書こうと思ったんだけど、どうも背中がゾクゾクし出したので早めに寝ることにする。
ホントはほかにもやることがいっぱいあるんだけど今日は辞めておくか。
どうもこの間、病院の待合室で風邪をもらってきたような気がしなくもない。

とりあえず、今後の予定は天海麗さんのと高瀬七海さんのとみひろちゃんのヤツあたり。それから老舗のFAプロとガスの作品もそのうちUPしようと思っている。
本来なら持田茜ちゃんをここでやりたいんだけど、今週中に書けるかなぁ。
大丈夫か、オレ。

ああそうそう、コメント欄のバグは文字間を調節するletter-spacingタグを使うと起こるものだったみたい。
IEで改行できないという症状に悩まされている人は、CSSにbr { letter-spacing : 0; } と入れると解決しますぜ。

つーか、IEはホント、不良品だな。
こんなもん使わせんなよ。

ところでなんで「えみる」って名なの? 

  • [2008/01/27 20:57]

桃瀬えみるの淫語を聞いたのは、宇宙企画の「痴女っ娘えみるちゃん」というのが最初だった。

宇宙企画はビデ倫なので敬遠していたんだけど、このときはトップマーシャルの傘下に入ったばかりだったので、ひょっとしたら修正なしで聞けるかと思った。でもしっかりP音が入っていてガックシきた。
今の宇宙企画はどういう基準になっているかわからないけど、少なくても2007年5月の時点では淫語解禁になってなかったようだ。

だから実質、最初に彼女の淫語が聞けたのはS1でのセルデビュー作「セル初×ハイパー×ギリギリモザイク」で、さすがにここでは修正なしで聞けた。

その「ハイパー」では本編にインタビューが差し挟まれていて、次のようなくだりがある。

(プライベートで淫語は使う?)

淫語わぁ、…言わないです。

(友達とのHな会話では?)

友だちとは…、高校生の時とかにぃ…、友だちとぉ、次の日とかに彼氏とエッチしたァ、とかぁ、そーいう、会話わっ、よくしました。

mmoseemiru.jpg (淫語に対して抵抗がある?)

あります。

(それはどうして?)

やっぱり恥ずかしいので。

(プライベートでは男性器の事を何て呼ぶ?)

プライベートで。…チンコって言います。

(「オマンコにチンコ入れて」って言ってみて…)

おまんこに、チンコ入れて。

(言ってみた感想は?)

むちゃくちゃ恥ずかしいです

セルに出た感想を求められたときの答えの中にも「苦手な淫語」という言い方をしていた。

実際に「ハイパー」を見たとき「苦手なんだろうなぁ」と感じたし、昨日UPした「あなたのオナニーのために」 でも言い慣れてない感がしていた。

でも現実の淫語プレイで女の人に言わせはじめるときは、こんな感じの言い方になるんだよね。
感情を込めて言うなんてことはなくて、むしろ抑揚が足りず台詞くさくなる。でも「彼のためにぃ、頑張っていわなくちゃぁ」みたいな感じが伝わってくると、その空気が興奮する起爆剤になったりする。
このあたりが段取りに追われて「次の台詞はなんだっけ?」ってなってしまうと言葉そのものが死んでしまう。

その点、えみるちゃんのはちゃんと画面の向こう側にいる人間を意識した言い方になっていた。
だから今回の彼女の淫語は初々しい感じがしてリアルだった。
言葉のベクトルがちゃんとしているんで、しばらくはこんなんでいいんじゃないかなぁ。そもそも彼女、もともとVシネとかやってきた人みたいなんで、それなりに芝居勘をつかんでいるのかもしれない。

逆にヘンにうますぎるのもこれはこれで考えもんだったりする。
たとえば18禁卑語ゲーなんかで活躍している声優さんのパフォーマンスは、2次だからいいんであって、あれを実際にやられるとちょっと困ってしまう。
それこそこっちまで何かの役になりきらないと、ついて行けないような気がする。実際のSEXであんな言い方をしていたら人工的すぎちゃうんだよね。

この辺りが実写と2次の違いだと思う。
もっとも実際に生身の女性と淫語SEXをした経験があるかないかで聞こえ方が違ってくるかもしれないけど。

ちなみに自分が一番好きな声優さんは最近では一色ヒカルさん。
彼女、聞いているとアドリブでセリフを言っていたりするよねぇ。
だからといって普段から淫語プレイをやっているかどうかは微妙だけど。

というか、あの完璧な演技から素の淫声を想像することは不可能!

そんなことはいいから、早ぉ作れって? 

  • [2008/01/26 12:09]

んぎゃー、昨日、なんだかんだいって途中で寝てしまった。
データはとったんだけど総評とかを書く段階で睡魔に襲われた。
だからあとで頑張って、3時ぐらいまでにはUPするでやんす。
つーか、こんなブログ書いている暇あったら、さっさと作れって話なんだけどね。

ところでこのボヤキだけどコメント欄の不具合はCSSに問題があるみたい。
何がどうなってんだかもっと見てみないとわからんけど、テンプレをいじったときに何かを消してしまったらしい。今日の夜には決着をつけたい。

今日UPする桃瀬えみるさんについてはまた明日書こうと思うけど、この子の顔は好みなんだよね。最近だと伊藤あずささんなんかがそうなんだけど、ただ彼女はマキシングに移ってからどうも化粧の仕方を変えてしまったのが残念だ。
眼を大きく見せようとしていて、つけ睫毛なのかマスカラなのか、上まぶたあたりをいじっている。ひょっとしたら彼女自体が自分の目元になんらかのコンプレックスを持っているのかもしれない。でも、自分は前のあまりいじってない目元の方が好きだな。お目々パッチリよりも。

おっちゃんは宇宙少女だと断然、小森愛だったからね。
aikoとかも好きだな。なんか系統が似てるでしょ。

それとギリギリモザイク あなたのオナニーのためになんだけど、これ見ていたら「やっぱりS1って昔でいう宇宙企画なんだなぁ」と思った。今の宇宙企画じゃなくて昔の美少女本番路線あたりの頃。
「動くグラビア」というか「動くビニール本」というか、とにかく美少女のイメージショットがあって、カメラ目線でニコパチして、最後に本番も入れる、みたいな。

『アダルトビデオジェネレーション』(東良美季著 メディアワークス 1999年11月20日発行)に「アダルトビデオの起源」というコラムがあって、宇宙企画で撮っていたさいとうまこと監督とのインタビューが紹介されているんだけど、それなんか読むと実はS1こそが王道なんじゃないかと思えてしまう。
今のS1に対する批判と昔の宇宙企画に対する批判は同じだしね。

もっとも東良さんは「AVの起源」を田所祐美子の『ミス本番』から(正確にはそこが業界の意識の変わり目)としている。
これを代々木忠の『ザ・オナニー』からと考えるとまた別の王道もあることになる。

その代々忠だけど、作品そのものを真っ向から否定する人はあまりいないよね。S1と違ってめちゃくちゃ売れるような作品じゃないってことかもしれないけど、作品の質がコアすぎると堕とすんじゃなくて、今度は祭り上げちゃうのかもしれないね。

しかし朝は寒くてシビれんね 

  • [2008/01/25 12:38]

今日は午後から病院に行くのであった。
骨髄ドナーの確認検査なんだけど、今週はそっち関係の資料を漁っていた。なかには今週中に図書館に返さなくちゃいけない本もあって、ほとんど本を読んで過ごした。
次回のデータは途中まで作ってあるんだけど、そっちに気を取られてそのままになっている。それと持田「癒らし。」も半分ぐらい作って放置状態。

実は持田茜ちゃんを見てたら、昔のことを思い出してしまって、それで少しその時のことを書いてみたりした。そしたらちょっとした私小説っぽいものになって、しかも最初書こうとした話とは全然別の話になってしまった。

書いていくうちに気づくことってあるんだよね。過去の「ある出来事」と「ある出来事」が結びついて、別の側面を見せてくれるというようなことが。
しかもそのことは強く意識されることがなかっただけで、自分の中ではとっくに了解事項だったりする。
だから意識を言語化するということは大事なわけなんだな。
ときに恐ろしい扉を開けてしまうこともあるけれど。

いずれにしろ、帰ってきてからデータ作るッス。
予定作は桃瀬えみるちゃんのヤツっス。

あっ、そうだ。このブログ、IE6で見てみたらコメント欄の書き込みが改行あけできないみたいなんだけどなんでだろう? Firefoxだと問題ないのに。
それもあとで直しておかんといかんな。

月は東に日は西に 

  • [2008/01/17 12:50]

なんとなくアクセス解析を見ていたら、何人か「淫語魔」で検索してきた人がいた。
このハンドルーネームで検索されること自体はときどきあるんだけど、1日にこう何人も検索されてるってことは、このハンネがどこかで晒されているのかもしれない。アウダーススレの書き込みのせいかな?

ま、それはいいんだけど、淫語魔でググると2ちゃんの西原亜希スレに、どうやら自分とは別の淫語魔さんが出現しているらしい。
別にこの「淫語魔」で商標登録とかしてるわけじゃないからいいんだけど、ちょっとヘンな気分ではあるな。

んで、この西原亜希さんなんだけど、自分はこの女優さんを知らなくて、最初、AV女優さんかと錯覚してしまった。
名前が「東原亜希」さんのパクりに見えてしまうんだよね。たまたまかち合っちゃったんだろうけど、今となっては東原さんの方が全国区。JJモデルだし、格闘技や競馬番組で男性にも知名度が高い。しかも井上康生と結婚しちゃったしね。
そうなるとどうもAV女優っぽい名前に見えちゃうんだな。そういうの多いからさ。

前にレンタル屋でAVを物色していたら、AVコーナーに女性客3人が徒党を組んで入ってきたことがある。
女性だってAVは見たいのだろう。かといって女性1人がAVコーナーで物色するのは相当、度胸が必要だ。だから3人でわいわい騒ぎながらテンションあげて入ってきたのはわからなくもない。

だけど基本的に場違いであることは致し方ないところ。
その時も黙々と品定めしていた男性客が、彼女たちが行く棚行く棚ササっーといなくなっていく。

自分はあんまりそういうのは気にならない人だから、彼女たちが近づいてきても平然と、ドリチケのゴールドマンとカンパニー松尾なんかが撮っている3部構成の作品を選んだりしてた。
これがまた下の方にあるんでさ。淫語魔クンはウンチングスタイル、やや前傾姿勢で今夜の獲物を探していたわけ。

すると、その女性のうちのひとりが「えっー若槻千春だってぇー」と叫びだした。
「エッ、この人、AV出身だったのぉ~!!」みたいな会話が続き、上の方でああだこうだと大騒ぎになりだした。
よっぽど「それは若槻千春。あなたたちの言っているのは若槻千夏の方でしょ!」と言ってやりたくなったんだけど、ちょうどその時、「童貞狩り」にしようか「巨乳秘書」にしようか悩んでパッケージを見比べていたときだったもんで、言うタイミングを逸してしまった。

もっともタイミングあっても言わなかったかな。
せっかく彼女たちの3人パワーで異空間をつくりながら、この、男だけが集う独特のスペースに割り込んできたんだ。そこへわけのわからんおっちゃんに声をかけられたら、身にまとった鉄壁のオーラが崩れてしまうかもしれない。
これがおばちゃんだったら言えたかもしれないけど、20代半ばぐらいの女性だったもんで言う方も気後れする。

だいたいウンチングスタイルで下から見上げて指摘することでもないだろうしね。


今日の蒼井そらちゃんのブログ。
蒼井そら★今日のSOLA模様「熱くなったので。」 http://blog.livedoor.jp/aoi_sola/archives/51241473.html

「そらさんは自分に子供ができたときに自分の子供に自分のAVを胸を張って見せられますか?…仕事といえども知らない男の人と母親が交じっている姿が全国に流れてることを正当化する言葉が見つかりません。…そらさんならどう説明しますか?」という質問に対する回答。

てゆうか見せないと思います。
でも、隠そうとも思わないですけどね。
で、正当化するつもりもありません。
だから、胸も張らないと思いますよ。
かと言って、後ろめたさや後悔もないと思います。

こういう問題の解決って
私の周りの環境に深く関わってくるわけですよ。
そういうことになると、
他人(表向きでしか知らない人)には知らない真実がそこにはあるでしょ。
特にこの世界では、テレビとか、週刊誌とかで面白おかしく言われても、
真実は当人しか分からないんですよ。
何か言ったって、言い訳になるわけだしね。

友達とか、家族とか、愛とか、絆とか、情とか、
例えば苦労とか、苦悩、苦痛、不安や不満、
表に出ない情報が人の周りには沢山あるんですよ。
だから、私が人とどういう関わり方をしてるかだと思うし
この状況だと、話し合いまでの、子どもとの関わり方だと思います。

他人が私の将来の「if(もしも)」を考えてたとしても、私はそれに答えを出しません。

それはこういう環境の中で多くの苦労や苦痛、苦悩を通ってみないと
分からないことだと思うから。

人は「if」AV女優としての自分を簡単に頭で作りあげることはできますが
例えば私の6年という歳月の中で生まれた人間関係まで
想像できると思いません。

一言で表せられない想いがそこにはあるんですよ。
だから、誇りを持って仕事をしてるし、ナメられたくないと思うんです。
ただ単純にSEXすることに誇りを持っているわけじゃありません。

私はちゃんと答えを持ってます。
それは言葉だけではありません。
そして、正解かどうかは自分で感じることだと思ってます。(⌒-⌒)

彼女の答えで納得しない人も多いかもしれないけど、単純な正論で割り切れるほど人間関係は簡単ではないということだろう。
そうじゃないと一部の人間の正義でもって人間に型をはめ込むようなネジの論理がまかり通ることになる。

単純すぎる正義は複雑すぎる悪徳に身を置くより人間疎外という面でたちが悪い。もっとも人間の善性を信じない虚無主義者は論外ではあるが。

蒼井そらって苦労してんだろうな。

ホントは「うわごと」って言いたかったんでしょ? 

  • [2008/01/15 21:25]

連休中に頑張ったから、今週は久しぶりに3回更新ができるのであった。

今日UPした寧々さんの雌女。マニュアルにも書いたんだけど、最近の雌女は本編以外のところでかなりおもしろくなってきている。
特に去年から始まった「理想のオチンチンコーナー」(という名称でいいのか?)は、毎回出演される女優さんに理想のおちんちんの絵を描いてもらうわけなんだけど本編よりも淫語量が多かったりするんだよね。しかもここでしか聞けない単語やフレーズがあったりして、淫語だけを追いかけるならここもカウントしないといけない。

実は毎回、カウントするかしないかで悩むんだけど、ただ基本は猥談に近い会話。エロっていうのとちと違う。むしろ単純に見ていておもしろい。エロいバラエティー番組を見ているようで、自分なんか毎回ニヤニヤしながら見ている。

PSD_305-8.jpg
ちなみにこのコーナーでの寧々さんの淫語発言は(ちんこ3 ちんちん1 ゆるゆるオメコ6 キツキツおまんこ2 おめこタン2 キラーマンコ1 ぷっくりチンコ3 プリちん10)だった。寧々さんの貴重なオメコ発言はあるにはあるけど、これでゴニョゴニョできるヤツはなかなかいないだろう。

PSD_305-1.jpgPSD_305-0.jpg
ここはどの女優さんも本当に楽しそうにしゃべっていて、今回もこんな(左側)大口開けて笑っている寧々さんに会えたりする。
右は寧々さんのお好きなチンコの形。陰毛もじゃもじゃのぷっくりチンコで仮性包茎気味がお好きらしい。プリチンとか言っていたけど、形がイカめしに似ている。

それと、これはまた別のコーナーだけど、「プライベートで淫語を言うのか?」という質問を投げかけられて、寧々さんはこんなふうに答えていた。

うーん、ねぇ。言わないですねー。
言わないですよ、普通。
でももし好きな人に、「おまんこって言えよ」って言われたら、ゆっちゃいますね、たぶん。
言葉責めはすっごい好きです! すっごい好きです! 辱められるのとかも大好きですね。
ええなんかこう、ホントにその人のことしか好きじゃないのにぃ、「お前は誰でもいいんだろ」みたいな、「誰でもいいって言え」みたいな感じだとか、ああああ、はぁ~(深いため息)イイですねぇ。

大体、女の人が淫語を言い始めるのって男の方にまずそういう性癖があるんだよね。そんで好きな男だからしょうがなく言い始めちゃう、みたいな。
そのうち言うことで盛り上がっていったりする。相性のいいチンコの形と同じで、いつのまにか発情スイッチが取り付けられていたりするんですわ。
これについてはまた書こうと思うけどね。

あと、意外に思ったのは寧々さんの淫語オナニー。
今、オナニー・パラノイアで見てみたい筆頭は山城美姫ちゃんだったんだけど、寧々さんも本格的なオナニービデオが見てみたい。
ノーマルKIMさん、これを見てたらヨロです。

ちなみに雌女のオフショットでご飯を食べているところが好きなファンはこの私です。
昔から女の人がご飯を食べているところってエロいと思う。だから食事処とかに行くとよく観察していたりします。

なんだぁー?! こうやって書いてみるとかなりの変態じゃないか、自分。
まっ、今さら、いいけど。

オレンジ色のA4封筒でやってきた。 

  • [2008/01/13 12:37]

うーん。昔は1日休みがあれば、3.4本ぐらいはデータが作れたのに、なかなか進まんなぁ。昔と違ってコーナーごとに淫語データを採っているからっていうのもあるんだろうけど、物理的なことによりも休みの日なのに1日中、PCの前に座っているっていうのも精神的に気乗りしないんだなぁ。
特に冬はすぐ目が疲れてしまってね。ヒアルロン酸をぶち込んで、窓の外を眺めたりしてるんだけど、昼はいいけど夜は暗いから困るなぁ。寒いし。

とりあえず今は、寧々雌女と間宮熟雌女と桜井優子童貞狩りあたりを作っている。
あとできれば桃瀬えみるちゃんのヤツも作っておきたいなぁ。

それと最近の椿事なんだけどさ。あの骨髄バンクからドナー候補に選ばれちゃったよ。
まだ最終面接までいってないからわからないけど、ひょっとしたら春先、骨髄を抜かれに入院するかもしれない。
ただ本決まりになったとしても患者さんの都合次第で延期になったり取りやめになることもあるらしい。
もし入院することになったらしばらくの間、淫語AVマニュアルはお休みするかもしれない。

ドナーに選ばれたのは、今回が初めてなんだよね。
骨髄バンクに登録したのは随分前で、その時とモチベーションも違っていたりして、不安がないわけでもないんだけど、まぁこれで1人、命が助かるなら躊躇する理由もないだろう。
ブログの方は携帯からでも更新できるから、話が具体的になったらここでボヤくかな。

さてさて、またヘッドホンしながら鉛筆ナメナメ、エロDVDを見るかいな。

いいよ、もう買わないだけだから。 

  • [2008/01/09 19:57]

昨日できなかった「エロスの宇宙」を午前中にUPしようと思ったんだけど、肝心のデータがみつからない。というより、作ったはずのHTMLデータが空の状態で入っていた。
「えー、じゃあ、今日の夜、書き直しかよ」と落胆して午前中は仕事をした。

3時ぐらい。昨日、設定した友人のメールのバックアップを同じUSBメモリに入れていたものだから削除しようと思って何気なく中身を確認したら、なんとそこに見覚えのあるHTMLファイルが。
そう、ヘンなところに保存してしまってたんだな。無闇に人のメールの中身を覗いてはいけないってことでしょうかね。

そんで早速、夕方に「エロスの宇宙」を無事UPできましたとさ。

MIRD_030A-0.jpg
さてその「エロスの宇宙」なんだけどDisc.01のチャプターに気になるタイトルがある。
この「淫語イカセ寸止め」っていうやつ。マニュアルにも一応、このまま(?)つきで掲載しておいたが、実際、ここで言っている淫語の数は大したことない。
妃乃ひかりは(おちんちん4 キンタマ1 おまんこ1)で、はるか悠は(ちんちん1)。
24分のコーナーに2人合わせてたった7回。3分に1回も言っていないということになる。

MIRD_030A-1.jpg
どこが「淫語イカセ寸止め」なのか。ほかのコーナーの方がよっぽど言っているではないか。
思いっきり邪推して言わせてもらえば、寸止めだけでは字数が足りなさそうだから「淫語」という言葉を足したか、またもや「淫語」の定義に無頓着で不勉強なスタッフが適当につけたんじゃないかと思う。

「エロスの宇宙」の場合は他のコーナーで淫語がいっぱいあるからいいが、そうじゃない作品の場合、そこにこういういい加減な表記があれば、宣伝する人間もこの作品は淫語要素があるんだなぁと考え、DMMあたりのジャンル分けで「淫語」に振り分けられてしまうことになる。
それを信じたユーザーは、それらの情報を真に受けて購入し、結果、大して淫語発言がないことに落胆することになる。

あの「最高のオナニーのために」の中にある「淫語少女」コーナーがそうだった。
「淫語少女」とあるのに全然淫語を言っていない鈴木杏里だとか上野美咲とか、わくわくしながらうちに帰ってきて、いざ鑑賞ってなったら、淫語を言わない時間が2時間も続くあのむなしさ。
そんなものを見せられて裏切られ、相当に頭にきて、それでもしばらくは信じてみた。
でも結局、一向に改善するそぶりがないので「最オナ」新規購入をやめた。

それから1年以上たっても、どうやらムーディーズはまだダメらしい。

これは果たして淫語だけのことなんだろうか?

ほかのジャンルでも迷惑をかけているんじゃないだろうか。

要するにこのメーカーは、AVファンをバカにしてるんだろう。
エロAVごときにそんな目くじらを立てることもないってタカをくくっているのかもしれない。

またしばらくこのメーカーの作品は見ないことにする。
今度、新作を購入するとしたらエロスシリーズの次回作だろうな。
青木玲ちゃんのが見られないのは残念だけどしょうがない。

これは翔田ショックだということで。 

  • [2008/01/08 12:01]

「エロスの宇宙」、昨日、頑張ってデータを作ったのに、肝心のファイル入りメモリを持ってくるの、忘れてしまった。
アップできません。
寝る時間を削って作ったのになんたるポカ。

今日は友だちのうちに行ってPCの設定をしてあげないといけないんで、更新は明日の朝とかにします。

それとこのボヤキでは久しぶりに持田さんの「癒らし。」をレビューするつもり。
AVグランプリの出品作ね。

今日はさっきもちょっと仕事でミスったし、午前中はなんかついてない。
やはり寝ないといかん。
もうおっちゃん、徹夜明けで仕事ができるほど若くないッス。(涙目)

いや、違うな。
昨日の翔田千里さんの引退表明でショックを受けたんだ。
決して自分が年喰ったからじゃない。
そう思うことにしよう。

そうそう、この間プロフィール見てたら翔田千里さんって南智子さんと年が一緒なんだよね。
いや、だからなんだってこともないんだけど。

よし! 昼飯はカツ丼だぁ!!

あなたは覗かれている。 

  • [2008/01/05 10:46]

最近、休みの時期に入るとパソコンを直してばかりいる。
昨日も友だちのノートPCが立ち上がらないというのでそれを直していた。
最初、「ネットはつながるけどメールができない」と言ってたので、メールの設定あたりだろうとタカをくくっていたら、メーラーを起動すると固まってブルー画面になりやがる。
どうやらウィルスにやられているみたい。

「アンタ、こりゃぁ、犯されてまんがな…」

彼は東京にいついたムッツリエロ大阪人。どうせエロサイトかなんか行ってもらってきたんだろう。でも奥さんがいる手前、あんまりそういうことは言えなかった。
人前でも平気で喧嘩をおっぱじめちゃう夫婦なので下手な軽口は剣呑なのだ。

その日も、そいつのうちで直していたんだけど、「プロバイダの契約書はどこよ?」と何気なく聞いたら、そっから「どこに仕舞った」「仕舞わない」ってなって「普段からちゃんと整理していないといけない」とか「私には一切さわらせていないじゃないの」みたいな言い合いになりだした。
「ハイハイ、それ以上行くと喧嘩になるからやめようね」と言ってとめたりしたんだけど、よくこんなんで夫婦生活が送れるもんだ。
喧嘩するほど仲が良いってことなんだろうけど。

今までの経験上、このままここでデータのバックアップをすると、この夫婦に何か一波乱起こりそうな気がして、こっから先はPCを持ち帰って直すことにした。
それがおとといの夜の話。

昨日の夜、ノートPCからデータを吸い上げるためにHDDをはずす。自分のPCにつなげてみると案の定、Norton先生が怒り出した。
複合汚染状態。どうせクリーンインストールするから、感染していないデータだけ引っこ抜いてあとはもとに戻してリカバリした。出荷時の状態がXPの1なもんで、windowsのアップデートに時間がかかる。
データを元に戻して、今はすっきりくっきりイイ感じに動いている。
この状態でリカバリCDでも作ってやろうかと思ったりもしたが、「なんでそこまで自分が?」って気もするんでこれで復旧作業終了。
あとはヤツんちに行ってネット接続とメール設定をしないといけない。
それとちゃんとアンチウィルスソフトを買わせないとね。

ちなみにヤツは50ぐらいの熟女が好きらしいことがわかった。
PCをいじっていると持ち主の性癖がモロバレになる。
前に一度、ある知り合いのHDDを修復してやったら、男の裸やチンコばかりの画像が出てきた。
「そっか、キミはそういう性癖を持っていたのか」と画面につぶやいて、奥さんも子どももいるその知人のことを思った。

人にPCを直してもらうときはデータが覗かれてしまうことを覚悟しておきましょう。

そんじゃ、データ作りに入るかね。
関係者各位、しばしのご猶予を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。