スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと栗本薫はおしゃべりに違いない 

  • [2008/10/23 23:01]

しかしグイン・サーガなんだけど、これやたら男の登場人物たちがしゃべりまくる。
なんでこんなにおしゃべりなんだろう。
主人公のグインっていうのは豹頭人身のヤツで、始まったばかりこそやや無口で、感情を表に出さないニヒル野郎だったはずなんだけど、これが途中からしゃべるしゃべる。獣頭なんだから吠えたり唸ったりしとけばいいのにペラペラペラペラ減らず口を叩いたりする。
しかも栗本薫は脳内で思った繰り言まで書いちゃう人だから、一度、何かを考えさせるとこれまたクドクドああでもないこうでもないと言いはじめる。それが2ページ、3ページにわたったりする。

今、10巻目に突入したところなんだけど、ほかの男性キャラもみーんなおしゃべり好きで、高倉健みたいなヤツは出てきそうにない。ずっとこんな調子で進むのかなぁ。
「男は黙ってサッポロビール」だろ。
三船敏郎が昔、そう言ってたぞ。

ところで、このグインつながりでハヤカワ文庫の棚を見ていたら、なんと『クラッシャージョウ』シリーズが置いてあるではないか。今年の秋から改めてハヤカワで刊行されてるんだね。

連帯惑星ピザンの危機 (クラッシャージョウ1) (ハヤカワ文庫 JA タ 1-11 クラッシャージョウ・シリーズ 1)連帯惑星ピザンの危機 (クラッシャージョウ1) (ハヤカワ文庫 JA タ 1-11 クラッシャージョウ・シリーズ 1)
(2008/09/25)
高千穂 遙

商品詳細を見る

それで今回、初めて知ったんだけど、第1巻はソノラマ文庫の頃になんか改訂版が出ていたらしくて自分が読んだヤツとは結末が違うんだって。こりゃあ買わなぁいかんだろうと思わず買ってしまった。

どうしよう?
このままハヤカワの計略に乗っかっていってしまうのか。

次回は雪見紗弥の雌女ね。
その次は二村作品をやって、そのあと久しぶりに集団モノでもいこうかなぁと。
たぶんそこのメーカーまだマニュアルにUPしたことがないはずなんでちょうどいいかと。

この調子だと土曜日頃かな。

一つ家に 遊女も寝たり 萩と月 

  • [2008/10/20 23:58]

やっと更新データを作ったので明日UPする。

マイミクさんとメールのやりとりをしていて、こちらが引き合いに出したある事柄について解説しているサイトを見つけようとしたんだけど、なかなかいいのが見あたらなかった。
活字媒体の方も探したんだけどこちらもパッとしない。これは原典を自分なりに訳してしまうか、説話めいたものにして要約した方がいいと思って、その原文箇所をよく読んでいたらそれにかなり時間がとられた。

どうすっかね、これ。
そのある事柄というのは、華厳経に説かれている善財童子と遊女・婆須蜜多との箇所なんだけどさ。おそらくAVサイトのブログでこんな抹香臭いことをやってんの自分だけだろう。まあでもAV女優を現代の「遊女」の一種と見立てるとなかなか示唆的な教えではあるから一度挑戦してもいいかなぁなんて思ったんだ。
遊女は聖書にも出てくるし、日本には江口の遊女と西行とのやりとりを題材にした「江口」なんて能もあって、遊女はなぜか宗教や文芸に取り上げられやすい存在でもある。

それと最近気づいたんだけど、自分はS1とアウダースしか見てないんじゃないかってぐらい今はその2つしかマニュアルにUPしてない。
それ以外、ときどきはアロマかSODをあげてるってなローテーションになりつつある。

だけどね、皆さん。
アウダースは実際にひいきにしているから載っけるのは当然だとしても、S1は最近、やたら淫語押ししてくるんだよね。DMMの淫語ジャンルを見てもらえばわかるけど、S1だらけでしょ。

それにしても全体的に増えたよなぁ。なんなんでしょうね、このリリース数。
まぁ懐具合との兼ね合いもあるから、無難なS1ばかりになってるっていうのもある。
どっか違うメーカーのヤツもUPしていかないといけないとは思うんだけど、下手に買ってはずれると腹立つからね。パケに「淫語連発」とか書いてあるのに、全然言ってなかったり無音消しだったりってメーカーがいまだにあるからなぁ。
ここらあたりが非業界人の限界だな。

そういやぁ、ここ最近、Waapとか全然見てねぇー。
淫語モノは作ってないのかね。

毎月一日、絶食してみようかな。 

  • [2008/10/18 23:53]

ご心配いただいた方もいたようですが、お腹の方はすっかり治りました。
昨日、朝、玉ねぎ粥を作って食べ、昼はどうしようか悩みましたがおそばを食べました。夜には豚キムチを食べたりしてすっかり元通り。
絶食して前と違うところがあるとすれば、ほんのちょっとだけ少食になったことでしょうか。
ご飯の量が半分でお腹いっぱいになります。
ついつい食べ過ぎてしまう方は是非「水だけの一日絶食」に挑戦してみられてはどうでしょう。

ただなぜかAVも見る気が起きなくて、昨日はいきつけのレンタル屋が100円デーだったのでDVDを借りに行ってきたんですけど、いつもの暖簾をくぐることもなく一般映画とバラエティーだけを借りて帰ってきました。
食欲と性欲は相関関係にあるんでしたっけ? なんかの本に書いてあったような気もしますが、とにかくちょっと淡泊気味になっております。

ちなみに借りてきたのは「続・三丁目の夕日」と「全然大丈夫」、それに「ゲームセンターCX」の4と5。
今日の昼間はこれを見て過ごしました。

ま、明日こそは更新データを作ろうかと思っております。

あと「グイン・サーガ」の第2部も、今日から読み始めました。
いつまで飽きずに読めるか、これはもはや戦いです。

ということで今日はこのへんで。

学生の頃はデトックスしまくってたわけだ。 

  • [2008/10/15 20:51]

昨日、夕食を食べてしばらくたったら、猛烈にお腹が痛くなった。1時間ぐらい我慢したがあまりに辛い。
これは吐いた方がいいなと思いトイレに行き、便器に顔を突っ込む。指で自分の咽喉をこすってむりやり嘔吐。少し痛みも和らぎ、このまま寝ることにした。
だが朝起きてもまだ胃腸のあたりが張っていて腫れているようだ。
胃腸休めるため、久しぶりに絶食をすることにした。

学生の頃、しばしば生活費が底をつくことがあった。
人から借金するのも実家に甘えるのも苦手だった自分は、バイト代が入るまで水だけで生活することがあった。肉体労働をしなけりゃ1、2日は普通に暮らせる。最長5日ってこともあった。

今でこそ「ファスティング」だの「断食ダイエット」だのと健康療法として人気がある。しかも合宿セミナーと称して高額な金を取られたりしている。でも自分に言わせりゃずいぶん贅沢な話だと思う。だって途中で野菜ジュースとか、玄米粥とか食べさせてもらうんでしよう。
「絶食」っていったらここは豪快に「水だけ」でいいじゃん。
やっぱり美味しいものばっかり食ってると、自分だけで欲求をコントロールできなくなるのかね。

5日やったときの話だけど、途中で幻覚症状が出てきた。あれにはビックリした。かなり気持ちよくなったりしたんだけど、さすがにヤバいと思って、当時つきあっていた彼女に連絡した。
あとあと「あれには呆れたぁ」とよく言われたっけ。

でも絶食していると精神がとぎすまされるっていうのはホントだと思う。
ハングリーになるということは「生きる力」に負荷がかかり、より本然的な力を引き出す効果があるんだろう。
ただちょっとひがみっほくなるけどね。
今書いているこの文章もなんかひがみっぽいもんなぁ。

とりあえず、明日までこのまま食べずにいようと思う。

ミッキー・ロークも復活したみたいだね。 

  • [2008/10/12 23:13]

いや、ホントは今日あたりに初音みのりのMVをあげる予定だったんだけど、いろいろやっていたら時間がなくなってしまった。それで途中まで作っていたんだけど、2ちゃんねるにきこうでんみさの「恥ずかしい淫語」の書き込みがあって、自分も反応してしまったもんで、急遽、きこうでんみさを先にUPすることにした。

今、カウントしている最中。

「グイン・サーガ」は5巻まできた。途中、「アルスラーン戦記」の新刊を読んだりしたので、1日1冊ペース。今、ちょうど佳境に入っていてもうすぐ読み終わる。
ヒロイック・ファンタジーというのは歴史スペクタル的要素があって、おっちゃんはもともと「平家物語」とか「三国志」とか好きな人だから肌が合うんだな。

そういや、自分が最初に映画館で見た映画は「ベン・ハー」だった。
初上映の頃はまだ生まれてなかったから、再上映とかしてたのかなぁ。子どもには難しい映画だった。
でも戦車シーンと最後のイエスの奇跡は覚えている。ベン・ハーのお母さんと妹がハンセン病に罹っているんだけど、キリストの復活によって病気が治るというシーン。
今は差別語ということになっている「癩病」という言葉もこの映画で知ったんだった。

キリスト教と癩病というとミッキー・ロークが主演した「フランチェスコ」というイタリア映画を思い出す。
あの聖フランシスコを、猫パンチをやってた人に演じさせて大丈夫なのかと思ったが、見ていて何度か号泣しそうになった。
人はある日突然、なんの脈絡もなく回心するんだよね。それがリアルに描けていた。

自分は祈りの感じられる作品が好きなんだな。
そして祈りは常に人の中にある。
淫語も呪文みたいなもんだしね。

そんじゃー、今から「はきゅーん」の数でも数えるか。

そして今日もAVを見る 

  • [2008/10/09 22:44]

えー、今、AVを見ている最中なんですけど、なぜか最近、このボヤキの記事を紹介してくれるブログが立て続けにあったので、御礼をしておきます。

安田理央さんのブログ(安田理央の恥ずかしいblog)からのエントリー。

カンパニー松尾は虚無の穴
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/20081005

そこからのトラバでHMJMのスチャラカ宮下さんのブログ(スチャラカ宮下の不条理日記 Ver3.0)にも。

2008-10-06 お知らせ
http://d.hatena.ne.jp/HMJM/20081006

ありがとうございました。

あとこれは前のエントリーでも書きましたが、二村ヒトシさんのmixiとブログにもご紹介をいただきました。
あらためて御礼を申し上げます。

それと昨日、藩金蓮さんにも紹介してもらった記事ですが、該当記事は藩さんのコメントで終わってコメント返しをしてないため、「淫語魔の野郎、不義理しやがって!」と思われる方もいるかもしれません。
実はこの件に関連したメールのやりとりが藩さんとはありまして、私の中では区切りがついちゃった感じになったのでこのまま放置状態となっております。

でも紹介されたことですし、一部、差し障りのありそうなところを書き換えて、あらためて自分が書いたものを載っけておきたいと思います。

ただことはもっと複雑です。
広い意味で、性産業に救われる人もいる。これは確かです。でも性に救われることでそれゆえに後ろめたい思いをする人もいる。

たとえばAVを見ている人だってAV女優を崇めている人ばかりではありません。しっかりマスはかいているのに、一端スッキリするとさっき抜いたばかりのAV女優を軽蔑していたりする。
レイプ魔は性欲を満たすためというより女性への憎悪が募って犯行を繰り返すという説もあります。そして自分の好みの女性であればあるほど敵意を募らせるのだとも。

AV嬢のお父さんもAVを見る人かもしれない。あるいは風俗に通う人かもしれない。たとえそうであったとしても自分の娘にはそういう女性になってほしくないと思う。それは親心でしょう。
自分は愛人を持っているくせに、自分の娘が愛人にされたら腹を立てる人もいる。
愛人を下に見る人は藩さんもよくご存知ですよね。

一見、矛盾しているように見えます。
まさに三界は火宅のごとしです。

あるAV女優のビデオを見て幸福になれた人がいた。でもその幸福は彼女の身を削る犠牲の上に成り立っていたのかもしれない。そのAV女優自身もそれに気づかず、他人から褒められ、誰かの役に立っていることで充足した気分になっているのかもしれない。 でも人は自分の見たいことしか見ないものです。誰かを崇拝すること、期待することが、のちのち期待された側、崇拝された側にとって地獄の道を歩ませることも大いにありえる。
勝手に期待しといてその痛みやリスクを考えようとしない残酷さを人間はもっているものです。
それは家族の中でも仕事の中でもよく起こることではないですか。
誰も悪気があって期待したり、褒めたり、崇拝したりしない。善意で、あるいは好意で気持ちを寄せる。

この問題はスッキリしないものなのです。
またスッキリしてはいけないことなのだと思います。
AVを見ている人は特にそのことを気にとめておくべきだと思います。

それかまるっきり考えず、ヘンな期待もかけない。ファンとして馴れ合わない。AVの中だけ、作品の中だけで処理する。

そのどっちかしかないと思います。

前回の記事で、「AVを見ていて、AV監督についてどういう人かいろいろイメージが浮かんでくる」と書きましたが、当然それは出演される「AV女優について」も浮かぶ場合があります。
そしてときおりジレンマに陥ります。

自分はいまだにあるAV女優の淫語作品を書けずにいます。
おそらく彼女のレビューを書くことはもうないでしょう。

関係者各位、そんなこんなでしばしお待ちを。 

  • [2008/10/07 22:50]

えー、グイン・サーガの3巻目に突入してしまいました。
結局1日1巻ペース。
というかラノベってサクサク読めちゃうもんなんだよね。すっかり忘れておった。
しかもアルスラーン戦記の最新刊も出たので、どっぷりヒロイック・ファンタジーにつかりきる秋となっちょります。

まぁ、そうはいっても更新しないといけないんで、今週中には初音みのりMVをUPするつもり。
さらにうまくいけば雪見紗弥雌女をなんとかUPしたいな。
雪見紗弥ちゃんはカワイイ。
このコもどこか透明感のある人で、もっと人気が出てもいいでしょう。
おっちゃん、ギャルも好きだけど、こういう黒髪の美少女も好きなのよ。
ロリも熟女もいけるので、要は出されたものはなんでも食うタイプなんだな。

作品のジャンルも陵辱とかもいけなくはないはずなんだけど、ただどうもAVのレイプものとかは自分の感性とかけ離れているみたいで合わないんだよな。
寝取られなんかも活字やマンガで読むぶんにはコーフンするんだけどね。
その手のものは実写では無理なのかもしれない。
それともまだ見つけられてないだけか。

それとどうやらSODで昔の作品をダウンロード販売しはじめたみたいなので、旧作もUPしていけるかもしれない。できることなら「淫語しようよ」とかこちらからすると思い入れのある作品も淫語マニュアルに加えたいものね。
Waapなんかも「痴女優」あたりは全部ダウンロードできるようにしてほしいよね。

アルスラーン戦記も別の意味でいつ読み終えられることやら 

  • [2008/10/06 00:07]

いよいよ今日から『グイン・サーガ』を読み始めた。
いまのところ面白い。

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)
(1983/01)
栗本 薫

商品詳細を見る

ネットでいろいろ見た範囲では6巻からさらに面白くなり、16巻までは間違いなく面白く、40巻ぐらいまではなんとかクオリティがたもたれているが、50巻あたりからだんだん惰性となり、60巻以降はもはやストーリーも薄く、あとは意地になって読みすすめるものらしい。(多分、人によって分岐点になる巻数の違いはあるだろう)

それで前回書いた淫語魔少年が「読むなら物語が完結してから」と思った理由だけど、あとがきを読んだら思い出した。

ちょうどこの作品に興味を持ったとき、第1巻目『豹頭の仮面』の記述の中で、癩病を患ったとされるキャラクターを登場させ、そのことで全国ハンセン氏病患者協議会(全患協)から猛抗議を受けたことがあった。
結果、訂正文をつけることとなり、最終的には一部を書き換える改訂版を出版することで作者なりの決着をつけてみせた。

まさにこの本に興味を持ったときに起こった出来事だったので、淫語魔少年としては出端をくじかれる格好となった。
それで読むなら完結してからにしようと思ったんだった。
まぁ、ほかにも読むものはいくらでもあったしね。

その改訂版のあとがきにこんなことが書いてあった。

「常識」というなんてサベツしないといっといてサベツじゃないか、と云って来た人、キミはジョークというものがわからんのかね。そしてまた差別というのは冗談ごとじゃないのですよ。世の中のことを何でもビックリハウス的に考える、というのは、時として罪なのです。「差別」ということばの重い意味について、半年あまりずしんとうけとめて来た人間にとって、少女マンガを知っているか知らないかでサベツした、などという云い方は冗談ではうけとれませんでした。そして、「差別」をうけている側にとってのいたみはもっと、我々の想像もできぬほど深いのです。できれば皆さんも、これを機会にそうしたことを考えて下さい。そして、自分の文章と小説とに深い誇りと情熱とをもっている人間が(そのためにいつも校正さんと押し問答になる)なぜ、あえて自らの文章を改訂したのか、ということも考えてください。

栗本薫 グイン・サーガ①『豹頭の仮面』ハヤカワ文庫 1983.1.31改訂版 284p

今ひとつ経緯がわからなくて、あとでネットで調べてみようと思うんだけど、いずれにしろ全くもってこちらに非があるにせよ、他人の抗議に押される形で自分の書いたものに手を入れなくてならないことは、作家にとってなんとも情けなく辛いことだったはず。
でも不特定多数の人に自分の書いたものを公開している以上、作家はそれだけの責任を負っているということだ。栗本薫の態度は立派というべきなんだろう。

ところで、問題はいつ読み終わるかなんだよね。
高校生ぐらいの時は1日に1.2冊なんて楽勝だったけど、今はそんなに時間はとれない。できて週3ペースなんじゃないかと。
今月出るらしい新刊を含め123巻を単純に3で割ったとして41週。
これって人間の子どもが受精してから生まれ、なおおつりがくるような長さじゃないか。

まぁとにかく賽は投げられたということで、無事全巻読み終えることができますでしょうか。

あの街道沿いにレンタル屋なんてあったっけ? 

  • [2008/10/04 00:11]

今日何か書こうと思ったんだけど、夕方東良さんの日記を読んだら書きたい気持ちが萎んでしまった。
先に何かを書かれちゃったような気分になった。

10月 2日(木)生きる権利はある

あの妙な連帯感ってなんだろうね。
狭い棚の間をすれ違うときの身の処し方。軽い会釈などしつつ、身を翻したり、通行の邪魔になる鞄をうまく寄せたり。
レンタル店のAVコーナーに集まる人たちはなぜか行儀がいい。
ときどきギャースカ騒ぎながら物色している若造たちもいるけど、そういう手合いも冷たい無視で対応する。
そして黙々と今日の獲物を選んでいる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。