スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫語タイトルがついてなければ頭にくることもなかったんだろう 

  • [2008/11/24 12:25]

今年ほど松本和彦作品を買った年はない。
淫語モノをまた昔のように作ってくれるとは思ってなかったからね。
淫語も「オマンコのフタ」とか「オマンコの壁を擦って」とか松本流の定型句がいくつかあって、そういうのをこの出演女優さんに言わせてくれるんだろうと思うと安心して買える。
言葉って、常套句のようなものも大事なんだよね。
やたら耳新しい表現をすればいいってものでもない。むしろ定型句があるからこそいい。

これは松本監督だけではないんだけど、淫語をわかっている人って「こういう言葉を言わせたい」とか「ここのポイントで言ってほしい」とかあると思うんだ。
それは予め決められたシチュでの場合もあるだろうし、実際の女優さんの反応を見ながら思いつくこともあるだろう。
そういう淫語に対する強い思いのようなものがあって、はじめて淫語マニアもそこに感情移入が出来る。
そのこだわりがない演出はダメなんだ。

ところがそういうこだわりが全然感じられない作品が、それこそタイトルに「淫語」を冠せられて作られたりしている。
表1に目立つ形で「淫語」と書かれていれば、淫語AVファンは期待をするだろう。作り手もそこをターゲットにしているんだろうと当然思う。

でも実際、買ってみてみると「ここで、この言葉を言わせるぞ!」なんていう熱い思いが全然なく、むしろアングルやらシチュなどの画づらの方に細かいこだわりがあったりする。
そんなのに出会うとブチ切れちゃうんだよね。
画としてはエロいんだろうけど、こっちは言葉でエロくしてほしいわけなんだからね。

最近だとSODから出た琴乃ちゃんの「芸能人 琴乃 中出し・淫語・痴女」がそう。
淫語なんて、ご丁寧に「淫」の字だけ赤字にして目立たせているんだけど、これがまったくもって淫語に対するこだわりが薄い。
まだ女優さんが新人さんならいたし方ないかもしれない。あるいは淫語なんてあまり言わされてこなかった女優さんならゆるせもしよう。

でも、あの琴乃ちゃんだからね。

こっちは女優の口から放たれる淫語をテンパって待っているわけ。
淫語に熱いこだわりを持ってAVを見ているんだよ。マニアなら当然だよね。それなのにこちらのこだわりよりもしょぼいものしか出てこなかったから頭にくるだろう。
ユーザーの熱に対抗できないようなこだわりしかないヤツがわざわざ「淫語」なんて言葉を入れた企画を作るなよ!

確かに琴乃ちゃんは淫語が得意だとは思えない。
苦手意識の方が強いんじゃないかとすら思うけど、それでもそこそこキャリアは積んでいるからね。実際、その前に出ていた「中出し天国」なんて頑張っていたよ。
苦手でも頑張ってくれれば評価はする。

これを撮った監督は淫語のできる女優ならそつのない淫語モノを作れるんだけど、そもそもからしてそんなに淫語にこだわっているようには思えなかった。だから琴乃ちゃんみたいな女優さんの時はこんなしょっぱいものしか作れないんだ。

もうねぇ、小一時間どころか一コマ一コマ問いつめたい。なんでここで言わせないのか。逆にここでこの言葉を言わせることにどういう意図が合ったのか。
もっと言うと、なぜ細かい言葉のやりとりにこだわらず、画的な展開ばかりこだわっているのか。
おそらく5時間ぶっつづけでダメ出しし続けても足りない自信はある。

これ、先週見たんだけど、これで心が弱って風邪引いたんじゃないかと思ったぐらいだ。

[Jo]Styleさん、あなたは評価の高い作品を作ってきた人です。特に小泉キラリと撮ったいくつかの作品は嫌いじゃありません。
でもあなたが淫語に強いこだわりがあるとはとても思えない。淫語タイトルにひかれた人間を唸らせるようなモノは今のあなたには無理です。
現状、淫語に対して探求する気がないのなら、画的にエロいのが撮れる人なんだからそっちで勝負してください。

つーか、プロデューサーの方に問題があるのか。
もうオマエらのなんか買わねぇー。

くしゃみ鼻水目の充血関節の痛み悪寒 

  • [2008/11/22 10:52]

少し余裕が出来たと思ったら、風邪をひいてしまった。
夜は卵酒飲んだり、甘酒飲んだりして体を温めつつ、なるべく早く寝た。

でもそろそろなんか更新しなくちゃいけないんで、今からちょっと作るか。夕方にはできるだろう。
ホントはRioさんのMVにするつもりだったんだけど、2時間半は微妙に長く感じて集中力を切らすので2時間ものの方にするか。たった30分の違いでも負担は大きいんだよね、マニュアルの場合。

あと昨日、高坂保奈美さんの熟雌女がうちに届いておりました。
高坂さんはなんとなく輪郭が高畑淳子に似ているなぁと思った。
まだ中身見てないけど。

一緒に入っていたアウダースの販促DVD「AID+12月号」を見ていたら、Marin.さんが「癒らし。」のサンプル映像で「ヤバイ、ヤバイ」を言っていた。彼女の「ヤバイ、ヤバイ」は素での口癖なんだね。しかも「おちんちん」とかデフォーみたい。
撮影報告でのインタビューでも口にしていた。カワイイ!
「癒らし。」の撮影報告は「AID+」にしか入ってないから、「癒らし。」ファンは必ず手に入れた方が良い。
うちの市内のショップには山のように置かれていたりするんだけんども、マイナーメーカーなせいかあんまり減らないんだよなぁ。

あとサンプル見る限りでは、七瀬かすみちゃんの雌女での淫語が良さそうだ。
それとどうやら18日に相崎琴音さんの雌女も撮られたみたいだね。
今の彼女なら淫語は多そうだね。

さてボチボチ作るすっか。

遊女・ヴァスミトラー 

  • [2008/11/17 00:57]

前回、前々回のタイトルはサンスクリッド語で、「アリーンガナ」が「抱擁」と言う意味で「アーチュンバナ」が「接吻」という意味。
華厳経のスダナ(善財童子)と遊女・ヴァスミトラー(婆須密多)とのやりとりの中にでてくる。

このスダナって言うのはまぁ十代ぐらいの少年なんだろうね。ある時、文殊菩薩のところにやってきて「どうすれば菩薩の道を成就できるのか」って尋ねる。
すると文殊菩薩は功徳雲比丘っていう坊さんのところに行って話を聞いてこいって言う。
んで、この坊さんのところでありがたい法門やら菩薩の境地を教えてもらうんだけど、自分はこれしか知らないから海雲比丘って人んところに行ってもうちょっと別の話を聞いてこいってことになる。
そうやって次々紹介されては、菩薩行の実践をしている人のところで話を聞き、次の人のところに行くってことで、結局、53人の人と会ってくる。そうやってついには悟りを得るっていうそういう筋書き。

登場する人の身分は最初こそ修行僧だったりするんだけど、そのうちお后やら王女やら、船乗りに医者、法律家、香料商人、学校の先生、河原で遊ぶ子ども、さらに仙人だとか夜の女神、天の神、あとは有名無名の菩薩なども登場してくる。
つまりどんな階層の人間にも、菩薩の境地があり、教わるべきことはあるということを示唆しているんだろう。吉川英治の「我以外皆我師」ってヤツだね。

その求道の旅の中で26番目の紹介先が遊女・ヴァスミトラー。
遊女と言っても高級娼婦だろうけどね。

このヴァスミトラーは貪欲から離れることができる境地に立ってるらしくて、その境涯にいるおかげで自分にかかわる人は欲望で身を滅ぼすことが無くなるらしい。

その方法っていうのが娼婦だけあって性的魅力を使ったもの。
なんでもヴァスミトラーに会っただけで歓喜させることができて、彼女と会話をしたり、手をとったり、そして同宿し、よく目をこらし、あくびしているところを見たり、もっと観察して、ついには抱擁したり、キスしたりするとそれぞれに合った智慧が生まれ、欲から離れることができる、とまぁこんな感じかなぁ。ホントはもっと細々したことが説かれているんだけどね。

さあ問題はこれが何を意味するかなんだけど、昔からいろいろ言われていて簡単に説明するのは難しい。
ただ少なくても遊女の存在を否定していないことだけは確かだろう。なぜならこのヴァスミトラーは過去世に善根を積んでこのような境涯を得たと説かれている。
つまり過去世にそんな善根を積んだ人がなんで娼婦なんて仕事をしてるんだろうって話になるよね。現代の日本社会の感覚だとわかりづらいところもあるかもしれない。

でも、そもそも人間の欲望を間近で見ているのはこういう職種の人たちであることは間違いないだろう。人間行動に重大な影響を与えているとも考えられる性的衝動について、いろいろ学べることは多いんじゃないだろうか。
だからAVってときどき優れたドキュメントものが作られたりするんだろうね。

さて、次は集団モノにしようかと思ったんだけれど、熱い抱擁のありそうなAVにしたくなったもんで予定を変更した。こっちのレーベルもまだアップしたことがなかった。
もうちょっとで終わるんで、明日アップできるかも。

アーリンガナ(alingana) 

  • [2008/11/14 20:27]

基本的にSEXって突起しているところをねぶるか、穴に出し入れするかの2つの動作で成り立っている。
より深いパートナーとの密着感を得るために凹と凸のねぶりあいをする。
その上で人の性癖によっていろんなオプションがつく。

自分はそこに言葉のスリ合わせがほしい。
無言では人間と抱擁した気分になれない。
SEX中にも言葉による意思の疎通がしたいんだね。
よしんばたとえ体がつながってなかったとしても心ではつながりたい。
そういう触れ合いを求めているのかもしれない。

AVはSEXを描くモノだが当然のことながら触覚にうったえることは出来ない。
そのため視覚的な画として接触部分を見せ、触感を伝えることになりがちだ。
この点はフェチ映像でも同じで、足コキ好きの人間ならやはり足とチンコの接触面をどのように撮るかってことになるだろうし、尻フェチもやはりどう肉感的なところを表現するかって話になるはず。

でもこれにも限界がある。

特にキスなんかは口の中で舌がどう動いているかわかるといいんだろうけど、そんな画はどうやって撮るんだって話だ。
これがエロマンガのような二次なら断面図的なカットを入れたりすることも可能だけれど、あれなんかマンガだから描けるんで実写だとちんけなモノになってしまう。

そういう意味ではヘンリー塚本がやっているベッカンコーキスも不自然ではあるけれど、視覚的にうったえるキスとしてはありだと思う。
より密着感を出そうとすると口の中に収まって隠れがちな突起物、すなわちベロをできるだけ露出してしまった方が伝わりやすいってことだろう。

それはFUCKも同じで、正常位で男優が被さるとハメシロがどうだとか言い出すAVファンがでてきたりする。したがって正常位でキスするにしても屈曲位にして挿入場所が見えるようにするとか、側位でも男優が足をからめて股を閉じさせないようにするとかそういう工夫をしている。

昔の擬似姦ばかりのAVの頃はしっかり抱擁してエッチしているシーンも少なくなかった。
AV嬢も男の腰に足をからめて強く抱きつき、男優も上下ピストン運動だけじゃなく「のの字」「永字八法」運動もしていた。

麻美ゆま 美しい痴女の接吻と性交
自分はハメシロもいいけど、こういう(→)抱きつきFUCKの映像は好きなんだ。
実際のSEXでもこの状態で耳元に淫語を囁いたりして、淫語責めすると興奮するんですよ。
胸の体温を感じながら会話したり呼吸するのは気持ちいい。
そこでキスするからいいんだなぁ。

今はFAか熟女ジャンルしかやってくれないんだよね。
熱い抱擁AVっていうのがなかなかないのが残念だ。


渡辺監督のブログに淫語中出しソープ4のスチール写真が載っていた。

10月22日に撮影した、星優乃ちゃんです
http://www.avs-video.com/modules/wordpress/2008/11/14/497/

そういやぁ、「川瀬さやか 痴女遊戯」をこの秋あげるつもりだったんだよなぁ。
すっかり忘れていた。

これから少し取り戻そう。

アーチュンバナ(acumbana) 

  • [2008/11/14 00:05]

自分が「接吻」って言葉を最初に覚えたのはまだ小学校にあがる前で、確か「花のピュンピュン丸」でケメ子が使ってたか、それとも「いなかっぺ大将」の大ちゃんが使ってたかだと思う。
「せっぷん」っていう語感が妙に艶めかしかった。

AVの世界で「接吻」という言葉を周知したのは間違いなく二村ヒトシだろう。

でも「接吻」ていうのは字義からいうと口をつけることであって、ベロチューではないんじゃないかと思ったりもする。
「口吸い」なんて言葉もあるから、日本人は舌をからめるというより吸ってたんじゃないか。ベロベロやっている春画なんてあったっけ? 吸い合っているのは見た気がするけれど、からめているのはどうだったかなぁ。画じゃわかりにくいってこともあるけれど、今度、調べてみよう。
ついでにいうとフェラチオもあんまり見た記憶がない。逆にクンニリングスの方は昔から描かれている。

それであらためて思ったんだけれど、キス好きの人って、結局、舌の動きで興奮するのかねぇ。吸い合うところで興奮する人はいないのだろうか?
フェラも舌で舐めあげるのと咥えるのとでは興奮するポイントが微妙に違う気がする。

今日UPした麻美ゆまの「接吻と性交」なんだけど、途中、インタビューシーンでなぜか爆笑してしまった。
監督が「一番幸せなキスは?」とか「キスしたくなる唇はどんなの?」とか聞いていているんだけれど、その時に「ゆまちんはぁさぁ~」とか言って、「ゆまちん」を連発しているのがなんとなく気恥ずかしかったんだな。

麻美ゆまのブログはよく見ているんだけれど、彼女って自分の写真ばかり載せるんだよね。吉沢明歩なんかも比較的自画撮り写真を載せているけれど、それでも麻美ゆまの方が圧倒的に多い。つまり基本的にご自分のことを大好きなんじゃないかと思うんだ。それで自分の世界を作り上げて、そこの主人公を「ゆまちん」と自称するわけなんだけど、このゆまちんワールドに40過ぎのおっちゃんが巻き込まれてしまった感が妙におかしかったんだね。

自分だったら「ゆまちんはさぁ~」とか実際に口にするのはかなり抵抗がある。
だけどここで「ゆまはさぁ」なんて呼び捨てにしたら偉そうでイヤ。
かといって「ゆまさんは~」だと他人行儀だし、「ゆまちゃん」も当人が「ゆまちん」と言っているのに尊重していないようでつらい。
結局ここは相手にあわせて「ゆまちん」と呼んであげるべきなんだろう。
実際の二村さんはどう思っているのかしらないけれど、自分を投影したときに情けないことをさせられているような気分になった。それで笑いがこみ上げてきたのだろう。

でもね、冷静に考えてみると女の人に淫語を投げかけるのは好きなのに、「ゆまちん」と言うことには恥ずかしいと感じる自分の言語感覚ってなんなんだろうと思った。

あとマニュアルにも指摘した姿見でのポージングなんだけれど、これなんかも「ゆまちん」のナルシストぶりが出ているようで、それがとってもよいと思った。女の人って自分自身のことを好きな女性の方が光り輝いているように見える。女の人は自分の中にある女性性の確認でもって自信を持つようなところがあるからね。

その「自分大好き」な麻美ゆまが「がに股」で屈伸しているところはとてもエロキレイ。両足の踵はつけているのでちょうど足の形がパンタグラフのような菱形の開閉をするんだけれどこれがよいのよ。彼女はカラダのラインがむちゃくちゃ綺麗だから、全裸でのこのポージングは画になる。
まぁ着衣派には残念なクネクネダンスなんだろうけれどね。自分はマッパ好きなんでこれでO.K.

あえて今回の作品の瑕疵を探すなら男優がちょこちょこゆまちんのしゃべりを邪魔してたことかなぁ。大島丈なんてゆまちんが話し掛けている最中にキスでその口を封じやがった。
カラミ自体はいいんだけど、どうもそういうのが気に入らないんだよなぁ。
興奮しちゃっているから難しいのかもしれないけれど我を忘れたらダメだよね。
こういうのってFAプロあたりが使っている男優の方がうまいんだよなぁ。
もっともあれは台本があるから当然か?

!!

今、書いていて思い出した。
「奥様は18才」で富士真奈美が「接吻」って言葉を使ってたような気がする……。
それが自分の中で最初の出会いかなぁ。

うーーーん。

しかし、今年は更新がすくねぇーな。 

  • [2008/11/12 23:10]

ようやっと更新データが出来たのだ。
なんかやたら間があいちまったよ。
アップする作品自体は面白かったんだけどね。
なかなかどうして集中して見ている時間がなかった。

今回のは、とにかく麻美ゆまが素晴らしかった。
ただ作品自体が4時間と長いのと、時間がとれなくて何日かかけて細切れ状態で見ていったので、いつもより淫語カウントの精度が低いような気もする。しかも前回も書いたけれど、途中で寝落ちしたことも何度かあった。

まぁ時間をかけた分、いろいろ思うところもあったから、明日はマニュアルに書ききれなかったことをここでボヤいているかもしれない。

ただこの作品、最近の二村作品の中でも傑作だと思うんだけど、レビューサイトで取り上げられているところがないんだよねぇ。なんで無視されているんだろう。DMMのユーザーレビューはおおむね高評価みたいだけれど、自分の巡回しているAVレビューサイトはほぼ全滅。
これ、麻美ゆまの代表作と言っても過言でないと思うけどなぁ。
どうして? 長いから?

逆に巡回してたら、あれほどレビューしてくれないとボヤキ続けた「癒らし。」のレビューの方を見つけてしまった。

レビュー・感想 雪見紗弥 癒らし。 VOL.53

雪見紗弥の「癒らし。」は語りたくなるポイントがいっぱいある、シリーズでも秀逸な作品。
とにかく最近の「癒らし。」は芸が細かい。視聴者がわかるかわからないかのところで細かい設定で球の出し入れをしている。
でも自分はもっとやってほしいんだよね。軽いエピソードももっと作れるはずだし、シンプルな伏線も入れられるんじゃないかと。
まぁそんなところまでこだわっているファンは自分ぐらいかもしれないけれど、でも細かすぎて伝わりづらいぐらいの職人芸を見せてほしいんだよね。

ボヤキではそういう「違いのわかる細かいレビュー」みたいなのをしていきたいね。
ホントは「~の接吻と~」シリーズも「今までの作品と較べてどう変化しているか」みたいな変遷の検証をしてみたかった。
いつか機会があればやってみたい。

つーか、やると言ってやってない宿題がどんどん増えていくんですけど。

あれを騒いでるヤツらってホントに庶民なのかなぁ 

  • [2008/11/08 12:46]

基本的に自分の仕事はデスクワークが中心なんだけど、ときどきまとめて外回りにでることがある。
帰ってくるとクタクタでAVを通してみるにしても、気がついたら寝てしまい淫語カウントどころではなかったりする。もっとも今、作っているのが4時間ものっていうのもイタい。もうちょっと仕事が落ち着かないとカウントできないかもしれないなぁ。

この間、仕事先の人と「仕事が出来るってどういうことか」って話になった。
その人はある特殊な電気工事をする会社の人で、現場で采配を振るう職人さん。

最近、そこの先代の社長が亡くなり、今はその息子が引き継いでいるんだけど、これが画に描いたようなドラ息子で、ろくに働きもせず30になるまでプラプラしていた。いちおう電気工事の資格だけは持っていたのですんなり社長に納まったものの、仕事自体は一から覚えなくてはならない。

にもかかわらず、ろくな社会経験もないくせに気位だけは高いものだから、身をわきまえられない。相手が仕事内容について知らない素人だと思うと専門知識をひけらかしてご高説をたれる。相手と約束した時間は遅刻してくる。
仕事先から「今日は社長、来ないの?」と言われて、「やっぱり自分がこないと始まんないのかな」と喜んでいる。廻りからは「社長は仕事が出来ないんだから、せめて早く来て挨拶ぐらいしていけって意味なのに」とますます軽く見られてしまう。
ついには先代からの得意先とケンカして取り引きをやめてしまったりした。

「仕事が出来ればプライドが高くてもいいんだけどねぇ」
「自分らのって、時間内に仕事を終えないといけない。社長はとにかく仕事が遅い」 「とても1人ではまかせられない」

でもそれって経験不足だからでしょう?

「んん。でもそればかりでもない・・・」
「結局、現場に行ってみてどれぐらい時間がかかるか、どんな段取りをつけるか」
「そこからパッパ、指示、出していかないといけない」
「そういうのは現場行って、一目見ればわかる」
「こればかりは教えようがない」

的確な状況判断、仕事の規模からこちらの処理能力などを踏まえ、一番効率のいい段取りを描き、さらにその青図面にそうよう差配し、不測の事態にも適応する力。
それは経験もさることながらその人のセンスがものをいう。

どんな仕事にも納期というものがある。
それを守んなければ仕事は回らないし、信用も生まれない。信用経済の基本中の基本。
きっちりとした仕事を時間内に終えられる。それが趣味と仕事の違い、アマとプロを分かつ差だろう。
仕事内容がきっちりしているだけではお金はもらえない。

「社長は仕事をしなくても食うに困るわけじゃないからねぇ」

そこの一族は昔からの素封家で、有名な神社の氏子や古刹の檀家総代を代々勤めてきたような大地主。働かなくてもじゅうぶんな不動産収入がある。
だから仕事というものに対して今ひとつ切迫感が足りないのかもしれない。

そこから、「あの一族とここの一族はつながっている」とか、「今度、どこどこの家の嫁をもらうことになっている」とか、そういう話になっていった。
つまり昔からの格式高い家は格式高いどおしで血縁関係を結んでいるってことで。

いま格差社会とかみんな騒ぐけど、昔からそんなのはあったんじゃねぇーの。
いったい格差社会ってどこの階層とどこの階層を較べてんだ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。