スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑賞しながら頭の中を「夜の女王のアリア」が流れ続けた。 

  • [2009/04/30 22:24]

昨日から青木玲の「叱られ淫語。」をじっくり鑑賞しているところなんだけど、気になるところがいっぱいありすぎてどうしようか悩んでしまった。
これがアウダースならダメ出ししまくっていろいろ書いて送るところではあるんだけど、ムーディーズにそこまでする義理はないしね。
第一、FLAGMAN監督ではなくて青木監督でしょ。
どうでもいいやって気になるよね。

それでも前3作を改めて見たりしてみた。
それから自分が以前書いたレビューもあらためて読み直した。

すると書き直したいところがでてくる。
小川流果のヤツなんて2ちゃんねるの淫語スレの引用なんかしている。
このころはまだ淫語スレのまとめサイトを意識していたから、こんなことになっていたけど今は完全に関係ないから直しておくべきかなぁと思っている。

それとやっぱりシリーズ別のタグは絶対、必要だよなぁ。
至急、なんとかしなくちゃいけないぞ。

だがおっちゃん、GWは東京を離れて遠隔地に住む友人を訪ねて回るつもりなんで、じっくり考えている時間はないんだな。やるにしてもGWが終わってからかもなぁ。

しかし、なんでFLAGMANに撮らせないかね。
青木達也ってなーんもわかってないんだもん。ここまでヒドいとは思わなかったよ。

でも青木玲は青木玲だった。
彼女の淫語はまだ死んでないことは確認できた。
どなたか頼むから、彼女の特性を生かすような台詞や表情の詰まった作品を作ってください。

いっそのこと真剣に青木玲用のシナリオを書いてアウダースに送ろうかしらん…。

ということで明日のアップ分は青木玲だから載せることにした。
じゃなければ歯牙にもかけない。いつもなら完璧に無視。
そんなシロモノです。

よくもこのシリーズに、こんな泥を塗れるもんだと。

ところで3ヶ月近く2ちゃんはアク禁だったりする 

  • [2009/04/28 23:57]

VOICE☆FACTORYのもちださんに言われるまで全然気づかなかったんだけど、トップのナビリンクがIE6だとプルダウンしてくれてないんだね。
どっちにしろここはPHPに書き換えようかと悩んでいたところではあるんだけど、でもCSSだけでもできるはずなんで、とりあえず明日がんばってみますよ。


去年のGWはどこもいけなかったから、今年は出かけたいと。
だからGW中は更新しないかもしれない。AV見て淫語カウントなんてしてる場合じゃないから。
だから明日はできりゃ、2本分はストックしときたいところ。
ただ、何にしようかまだ考えてないんだよね。
週末、体調崩したきっかけになっているんじゃないかと思った青木玲の「叱られ淫語。」でも作るかなぁ。
ひょっとしたらこれでもう二度とムーディーズの最新作を更新することはないかもしれないしね。AV見て、ここまでガッカリしたことはない。
叱られ淫語。を流し見たあと、すぐにアウダースの「ベスト オブ 青木玲」を口直しに見てみた。やっぱりかわいかった。

そうだよ。青木玲は青木玲。
じっくり見直したら意外といいと思うかもしれない。
それでもダメだったら、叱られ淫語。のあと、すぐにアウダースのベスト版の方もアップしますよ。
ベスト版だから淫語をいっていないコーナーもあるけど、青木玲はかわいいからいいでしょ。


ああそうそう、今月、鈴木杏里で雌女、村上里沙で熟雌女を撮ったらしいよ。
鈴木杏里はある意味、見物だなぁ。

グインはブディストらしい。 

  • [2009/04/25 23:58]

えっーと、本来なら今日できてたはずの更新データなんですがね。昨日、胃の調子がやたらよかったもんで、ついついスナック菓子&チョコレートをマツモトキヨシで衝動買いしてしまいまして、チョコレートといえばコーヒーってことで、5日ほど断っていたコーヒーをがぶ飲みしてしまったら、たちまち胃に違和感がやってきました。自分のダメさ加減に愛想尽かしていたわけですよ。草なぎ君がなんだか他人事に思えなくてね。胃がチクチク痛むんで今日はずっと安静にしておりました。胃の調子が悪いとそれだけでダウナー気味になって、気持ち悪い思考がよぎったりするんですな。
清水由貴子の自殺も意外とそんなことが原因だったりするかもしれんと、自分のこの不条理な気分から忖度したりしておりました。

んで、とにかく安静ということで、一日、読書してたんですがね。
今日、一日で4冊も読んじゃいましたよ。
といってもグインサーガなんですけどね。

去年の10月から11月にかけて16巻ほど読んでね。物語的に区切りついたんでしばらく間があいたんだけど、胃潰瘍になって仕事以外はうちでおとなしくしていようと、また今週から読み始めたんですな。
基本的にそんな難しい話じゃないから、マンガ感覚でさくさく読めるわけですよ、これ。
1冊、正味2時間弱ぐらいですかね。

しかし、相変わらず、喋りまくってますな。
黒太子のスカールっていうのがいるんですけど、この人は無口ってことになってるんですよ、いちおう「太子は口数が少ない」ってなことが書いてある。
ところがそんなことを書いているそばから、またべらべら喋りやがる。
栗本薫っていうのはしゃべらずにはいられない性格なんかね。

あと会話の書き分けができていないから、どの台詞が誰の台詞か混乱することがある。口調も男と女の違いがなかったりする。あるいは今までお上品な話し方をしていたキャラが、話がだいぶ進むと、教養のかけらもない下卑た言い方になっていたりする。
話し方どころか「あきらかに、こいつ性格がかわってんだろう」みたいなこともある。

いちばん違和感を感じたのは、登場人物が危機に見舞われたときに、「くわばら、くわばら」とか「なむさん!」とか言ったりするのね。
普段「ヤーンの名において」とか、ちょっとペルシャっぽい神々の名前を口にする割には「くわばらくわばら」みたいなジャポネスクなまじないを口にされてもねぇ。
「なむさん!」にいたっては、「南無三宝」の略なわけで、「あんた仏法僧を篤く敬ってどうすんの」と。ファンタジーの世界が台無しでこざいますがな。

んなことをツッコミながら、とりあえず一区切りつくまで読み進めようかと思うちょります。

明日は、早々、アップしますんで、それでは。

イチローと同じと思うとちょっと気分がいいかも。 

  • [2009/04/21 22:59]

おっちゃん、結局というか案の定というかみごとに胃潰瘍になっておりまして、現在投薬治療中でございます。お酒やコーヒーは飲んじゃダメと言われました。
(´・ω・`)ショボーンです。

ところでアウダースの熟雌女がDMMの週間ランキング11位になっておりました。
DMMでの商売を復活させてから初めての快挙なんじゃないんでしょうかね。
見ていると元・白石さゆりさんが20以内に3つもランクインしているんで、彼女のパワーがすごいってことなんだろう。

次回は北条麻妃さんの熟雌女にしますかね。
まだちゃんとみてないからわからないけど、結構、淫語を言っていたような気がする。
熟雌女は更新し損ねているのがほかにもいっぱいあるんで、もしも北条さんのが大したことなければ違うのにするか。

そうだ、オナパラもやらないといけないんだよな。
こっちは溜まる一方だ。

それと松本亜璃沙さんが先週からブログを再スタートしたみたいだね。

亜璃沙のHeart Caffe~AV女優休業中~
http://ameblo.jp/arisa-0710/

mixiでつけている日記とは今のところ内容が違うみたい。

む~かしの名前ぇ~で出て~い~ま~す~♪ 

  • [2009/04/18 09:26]

なんか胃の調子がおかしいんです。
どうやらストレスでやられているようなんです。
なかなかゲップが出ないんで、炭酸飲料を飲んでます。
避けようのないことがストレスの原因になっているんで、今は踏ん張るしかないかなっと。
1人でカラオケでも行ってひたすら歌い続けてみるかな。


mixiで渡辺琢斗監督とお話ししたんだけど、北島玲さんはいずれ中出しソープで撮りたいと思ってるそうだ。まだ監督の願望でしかないのかもしれないんだけど、AVSは基本的に渡辺監督の撮りたい女優さんを撮らせる方針みたいだから、まああるんだろうね。
それと知らなかったんだけど、愛乃彩音さんって、今は事務所をやめてフリーで仕事をしとるんだって。名前を「松下ゆうか」に戻してがんばっているらしい。
フリーって昔は珍しくなかったらしいけど、今はそう多くないよね。それとも熟女系の女優さんは意外と多いのかな。

あと菊池監督の「妖艶熟女の快楽淫語責め」はシリーズ化していて次は「元・白石さゆり」の北条麻妃さんだそうで。
彼女、ムーディーズの最オナ、アウダースの熟雌女ときて、なかなか淫語づいてる。
淫語はキャリアがものをいうし、立て続けにやってくれれば自然とうまくなるだろうから良い作品になるかもね。


北島玲さんはどうやら2000年頃、V&Rで淫語モノに出ていたんだね。
昨日の夜、調べて発掘してきたんだけど、監督はインジャン古河監督。
もちろん北島玲とは別名義で出ている。「北島玲」はS1デビューってことになってるからね。

その作品はアマゾンで安く売っているんで買おうかどうしようか迷ってんだけど、ただどう考えても淫語の修正はあると思うんだよね、ビデ倫だから。

あ、ちなみに顔は諸般の事情で別人のように違ってるみたいなんで、名前はあえて書かないようにしておく。当然、パケ見ただけじゃわからないと思う。

それとこの作品のタイトルもそうなんだけど、2000年ぐらいはまだ「淫語」という言葉に確定してなくて、「痴語」だとか「卑猥語」だとか言う場合もあった。
この当時のビデオ・ザ・ワールドなんか読むと、「淫語」よりも「痴語」の方が使われている。


今日、更新作業しようと思ったんだけど、また用事が入ってしまったので明日にするわ。
そろそろ雌女をやろうと思って、つぼみちゃんか浅倉彩音さんにしようかとも思ったんだけど、ここは愛乃彩音さんにしておきますかね。
淫語量も結構あったし、種類もいっぱい言ってて、熟雌女の中では一番、淫語が豊富だったかもしれないしね。


誰とは言わんがとある監督のブログに

>唐招提寺、法隆寺などの荘厳たる写真を眺めては、、、

>遥か平安の時代に思いを馳せ、、、

>吉野の山並みも、、、時は流れど今は桜か、、、

>と一人思ふ。

いや、唐招提寺は奈良・天平時代だし、法隆寺にいたっては飛鳥時代。
関西人だよね、この監督。
関西の文化を語るのにこんなテキトーなことでいいのんか。

いったい何がねらい? 

  • [2009/04/14 21:38]

なーんか体調がすぐれないんですけど、昨日、夜中まで淫語娘の淫語カウントをしてたせいでしょうかね。
さすがに1タイトルで1000回以上のものになると「正の字」書くのが大変で、そのうち意識が朦朧としてくる。こりゃインド人もびっくりの新手の苦行なんじゃないかと思った。

今回アップした北島玲さんは、ブログで淫語を言いまくってるような人で、淫語テキストが好物な人は覗くと幸せになれるかもしれない。

北島玲オフィシャルブログ - rei kitajima
http://www.e-blogs.jp/blog/rei/

このブログ、見ているとときどき喰われちまうんじゃないかという錯覚を覚える。
肉食系女優さんですね。
でもどこか演技をコントロールしているところもあって、彼女は単なる淫乱女優ではない。

たとえばこの作品でも

いつでもおっぴろげるから。こうやっておっぴろげるから。
あなたの、あなたのおまんこぉ……

と言ってから一瞬、変な間があった。
言葉の流れから言って「あなたのチンコをここに入れて」という感じのことをいいたかったんだと思うけど、口が滑って「あなたのおまんこ」と言ってしまったように見えた。
実際、この手の間違いはよく痴女ビデオで起こることだ。

どうするんだろうと思って見ていたら、言葉を飲み込んだような間のあと

…あなたのおまんこ女にしてぇ。

と言葉をつなげた。

「ナーイスフォロー!」とおっちゃんは思ったね。
と同時にこの北島玲という女優。ものすごく頭のいい人で、的確な状況判断や機転の利く人なんだと思った。

痴女はやはり頭がよくないとできない。
しかも彼女、それがさも間違ってなかった台詞だということを強調したかったのか、その10秒後に「あなたのおまんこ、おまんこ女になりたーい」と今度は不自然な間を開けることなく言葉をなぞっていた。

彼女の淫乱ぶりは、自分を何かに憑依させて演じているようにも見える。そういう意味では舞台女優のそれに近い。
こういう人がFAやながえあたりのドラマものに出てくると面白いと思うんだが、ただ個性が強く出過ぎて、逆に使いづらいかもしれない。
二村さんあたりだと面白いか。

それと彼女、kira☆kiraの「温泉GALS☆潮吹き大乱交」という作品で村上里沙と3Pをしているのだが、M男男優(確か卍朗)に「オマンコじゃなくて、おまんちょと言いなさい」と「おまんちょ」淫語に変えてしまったことがあった。
村上里沙は最初こそ「おまんこ」と言っていたのだが、すぐに「おまんちょ」と切り替えてしまって、オマンコ好きのおっちゃんは「えーーーー!!」って感じになった。
まだそのころ、村上里沙はあまり女性器の淫語を言ってなかった時だったんで、恨めしい気持ちになったもんだった。
ブログでも「おまんちょ率」が高いので、彼女自体が好きな淫語なのかもしれない。

意外とインテリなんじゃないかなぁ。
さっきみたらこんな本も出しているようだ。

3000人斬り美女の昇天セックス作法 (ベスト新書 226)3000人斬り美女の昇天セックス作法 (ベスト新書 226)
(2009/04/09)
北島 玲

商品詳細を見る

そういやぁ、ゆまちんも新書本出していたなぁ。

女のコが本当にしてほしいセックス (ベスト新書)女のコが本当にしてほしいセックス (ベスト新書)
(2009/03/26)
麻美 ゆま

商品詳細を見る

表紙が同じなんで、今改めて検索したら穂花も出していた。
なんだ?! このラインナップ。

まぁいずれも頭が良さそうなメンツではあるが。

みんながみんな「おねマス」なわけじゃない。 

  • [2009/04/10 21:57]

ああ、できれば明日アップして久々の週3の更新にしたかったのだが、明日は急に外出しなきゃいけない予定が入って作れないのであった。
今夜は、ちょっとした宿題を今日中に片付けたいので、更新用の作品を見ている時間がない。確実に来週だな。

今日、これ買ってきた。

名前のない女たち最終章 セックスと自殺のあいだで
中村 淳彦
宝島社
売り上げランキング: 49238
おすすめ度の平均: 4.5
5 壮絶です
4 名前のない女
5 泣きました

さっきちょこっと読んだんだけど、「目次」見たら読後の感想なんてとても書けそうに思えない。
とりあえずAmazonに目次が載ってなかったので、ラインナップだけ列記しておくわ。

  • まえがき
  • 消えることのない血の怨念 山崎アジコ
  • ゴミ屋敷に生きる女 夕張めろん
  • 壊れないオモチャになりたい ぴぃ
  • あたし、けっこう終わってるから 島谷聖羅
  • 足立区の美人局とダラしない女 名波ゆら
  • 厚塗りの化粧した女がやってきた 北崎未来
  • 一生カラダを売り続けなければならない 高橋ゆりか
  • ロリコンパーティーで輪姦されてパパから十万円もらった 福橋由芽
  • 肉便器と呼ばれた女 山形チェリー
  • 取り残される不安、孤独な焦り 美咲沙耶
  • 一日十発セックスしたら学校なんて行く気にならない 大沢佑香
  • 生と死、境界線を生きる女たち 桃色まあち、桜一菜
  • エピローグ
  • あとがき
「まえがき」からして、いつも以上に色調が暗い。

 二十数年前、産声をあげたアダルトビデオはあらゆる隙間に挑戦して、遂に芸能人のみをキャスティングするメーカーまで現れて、表現的には最終地点まで到達してしまった。書店売りは淘汰されてコンビニ流通で首の皮が繋がっていたエロ本は、もはや終焉が秒読みとなっている。どんなメディアも頂点を掴んでしまった後は、下降と悪化の一途を辿るのみである。お客はどんどん離れて市場は急激に狭まり、すべての関係者が限界まで定価を下げて生き残りを図るデフレ状態となり、苦しみながら生きていた。

中村淳彦『名前のない女たち最終章』宝島社2009.4.24発行 1p

そして中村は「メディアは人間の足を引っ張ることはあるが、決して人を救うことはできないと悟ってしまって、この『名前のない女たち』は苦痛でしかなくなっていた」と自分の心境を吐露する。

 現在、芸能人までが登場するようになったアダルトメディアの中で、企画AV女優はもはや無価値に等しい存在になっている。よほど美しいか性的に成熟してない限り、自分の生活を支えるだけの貢献をすることさえも困難である。アダルトビデオの仕事がお金になるというのは完全に過去の産物であり、フラッシュバックした幻覚であり、女の最終手段ももはやメディアに売ることはできない。最終手段を売ることを決意したにもかかわらず、その現実を知らないまま蠢いている企画女優は底なし沼の世界になっていた。
 ピリオドのその先へ――自分自身の限界を超えたボクは、本当の絶望を見ることになった。

中村淳彦『名前のない女たち最終章』宝島社2009.4.24発行 3p

相変わらず中村淳彦の文章は健在だ。
この人の特徴は読者に「そんなことはないだろう」「それは言い過ぎだろう」という気分にさせていく。そういう読者の反駁心を使って話に引き込もうとするのだ。
それがこの人の文才であり、それがまた人によって生理的な嫌悪感を引き起こし、業界内部にいらぬ敵を作るわけでもある。

でもこれは昔からある文章技術の1つである。
たまたま店頭で「まえがき」を読んでしまった読者は、たとえ買わないにしても、「こんなことを書きやがるヤツは女優の何を知って言いやがるんだろう」と店先で斜め読みぐらいはするかもしれない。
この芸はそうそう余人の真似できるものではない。まぁ、真似したくもないが。

いずれにしろ、これが最後というのはかなり残念でもある。
ただ終わる理由が「オレンジ通信」の廃刊からくるものなわけで、そういう意味では『名前のない女たち』は時代を馳せたエロ雑誌の死亡とともに終わったのだ。

もっと集中できる時間が欲しい 

  • [2009/04/08 23:30]

おお、なんか調子がいいぞ。
明日の更新分ができたぞ。
いい感じだ。今週は3タイトルいけるかもしれない。

それでマニュアルのweb構造の話なんだけど、データを作っているときにやはりシリーズ別でまとまっていると参照しやすいなぁと思って、そこをなんとかせにゃいかんと今、思案中。
シリーズ別のほかにも、メーカー別、監督別ぐらいまでは参照することになるだろうから、ブログみたいにタグを付ける感じにするかだよなぁ。

女優なんかも本当はWikipediaなみにやりたいなぁとは思ってるんだよね。
一応公式プロフィールとか載せてね。「プロフィールには東京出身ってあるけど、言葉のイントネーションからして違うんじゃねぇーの」的なコメントを書いたりしてさ。
声のトーンや淫語属性はもちろん、頻発する口癖や、あえぎ声の特徴、そのときの表情なんかも大事やねぇ。

どうするかねぇ。
悩ましいねぇ。

検討事項 

  • [2009/04/03 20:00]

基地ページ
3カラムにしたのはいいんだけど、右側のスペースは何にするんだろうね。
何も考えず作ってしまった。
普通なら広告とかなんだろうけど。

「これ何?」のページ
ここはいい加減、内容を書き換えないといけないとは思うんだけど、まだリニューアル中だからすべて終わってから書き直そう。

引っかかっているのは、「淫語ビデオの起源」
初めて淫語ジャンルを作って売ったのは松本和彦の「一期一会」で確定としても、「淫語」と名付けられる前から淫語ビデオが無かったわけではない。
痴語、卑猥語に特化していたということならアロマ企画の「エロ小説朗読」シリーズが90年前半に出ていた。
これを拡げて一言でも淫語が聞けるビデオとなると、その初出は「ザ・オナニー」までいってしまうはず。
ただこのときはまだ映倫じゃないかと思うので、淫語が無音消しになっていても不思議じゃない。おちんちんはともかく、チンポマンコは修正されていたような気がする。
そうなるとマンコ等を無修正で言っていたビデオの初出はどれなのかって話でもある。
これを裏まで入れたらどうなるのよってことで、このあたりの探求は続くのであった。

「女優別」のページ
これがもう抜本的にやらねばならないんだけど、気合い入れてかからないとズルズルいきそう。
ただこれに関連して、シリーズ別、メーカー別、監督別をやりたいんだが、そこまでやるとなると動的なページにしていかないと更新が面倒になっていくなぁ。

作品データ
動的ページってことになると、ここも考えないといけない。
とりあえずグローバルナビの箇所からつくっていきますかね。

裏マニュアル
こっちはとにかくテキストだけ下書きにストックして、アップするときにリンクを貼り貼りしていく感じなんだろうな。
とりあえず5作品ほどストックしたけど、気分次第でやっているから偏ってしまう。そしておっちゃん、うさきょんの淫語がかなり好きだったことに今さらながら気づかされた。

あと、このボヤキのテンプレもいい加減、変えたい。
思いっきりハデにしたろうかと。

ちょっとだけ人間くさく感じた。 

  • [2009/04/01 23:58]

今日になって気づいたんだが、IE6で淫語マニュアルを見ると作品データのページが型崩れを起こしていた。最近はFirefox3とIE7でしか確認してないから、全然わからなかった。
しかし早速、CSSを確認したがバグが見つからない。
「W3CのCSS検査サービス」で文法チェックしたが満点をもらい、「W3Cのアイコン貼ってもいいよ」といわれちゃったぐらいだ。

「はてどうしたものか?」と思ってページを捲っていったら、3月に入ってからのものだけ崩れている。そのほかは今まで通りおかしくない。

そこで思い当たる。
確か新しいデザインを検討しているときにCGIの関係から、HTMLの文字コードをShift_JISからutf-8にかえたのだった。どうやらこれがいけなかったらしい。

早速、Shift_JISに戻す。
アップロードして、IE6で見てみると案の定レイアウト崩れがなくなった。

今回の場合、スタイルシートをShift_JIS、HTML文書をutf-8にしたからいけなかったようだ。
そこで、スタイルシートとHTMLをutf-8でエンコードしてアップする。

んん、こっちも型くずれしていない。

つまりIE6対策として、「CSSとHTMLの文字コードは同じにしないといけない」と一瞬、思いかけた。

だが待てと。

「CSSの方で文字コードの宣言をすれば問題ないんじゃないか」

自分はHTML文書こそ、最初に文字コードの宣言をやっていたが、CSSの方は宣言してこなかった。でもCSSにだって「@charset "文字コード";」という宣言タグがある。

もう一度CSSをShift_JISに戻して、ド頭に@charset "Shift_JIS";と記述、そのままアップ。

ああ、やっぱりそういうことでしたか。

「俺は何で書かれている」って宣言しておくことは大事なんだ。
IE5.5やIE6は分からず屋だから、他のブラウザなら問題ないようなことでも、平気で誤解したまま表示してしまいやがる。

確かに融通は利かない。
だが間違ってるわけでもない。
むしろそういうもんなのかもしれない。

人間社会だって、ちょっと言葉を惜しんだだけで大きな誤解を招くことは、よくあることじゃないか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。