スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束の地、約束の時。 

  • [2010/05/31 23:06]

なんか今月は全然、ボヤいてない。
Twitterをやりだしたせいというのもあるんだろうけど、まあちょっといろいろ心が騒がしいんだな。
もともと抱え込む性格ではあるのだが、最近は「淫語魔」というネット人格を介してのつながりも太くなってしまったので、ますますお盛んなわけだ。

このブログをはじめてもうすぐ4年を迎える。
あっという間の4年。実は淫語AVマニュアルって4、5年やったら終わろうと思っていたんだよね。淫語魔という分身キャラを使うのもそれぐらいが賞味期限かと思ったりした。ちょっとしたリハビリのつもりではじめたところもあって、長く続けるつもりはなかった。
だからオフでは誰とも会わずにいようと思った。その方が後腐れなく消えられる。

でもそれなりに続けると、お世話になった人も出てくる。
いずれ消えるにしろ、何人かの人に挨拶しておくのもいいかと思いはじめたのが昨年。そのきっかけを与えてくれたのはアウダースのプロデューサー。
それを皮切りにいろんな人と会っていくことになった。多少欲も出る。
渡辺琢斗監督にも会えたし、中村淳彦さんにも藩金蓮さんにも会えた。松本さん、二村さん、安田さん、雨宮さん、遠藤さん、木下さん、太賀さん、ゴールドマン、カンパニー松尾。このサイトがらみで会いたい人はほぼ会えたといっていい。
あとはFLAGMAN監督、みよし監督、東良美季さんぐらいだなぁ。これにアウダース小林社長、M田部長あたりと会えたら思い残すことはない。
それとネット仲間ということで言えば一発さんか。
一発さんは最後の最後かな。感じとしては。

さて明日はビーバップみのる監督のもうひとつの淫語作品、「RUMIKA モカ 大量淫語 激シゴキ!」ね。
自分が見たところ月野りさの淫語痴女より、こちらの方が撮影は先だったんじゃないかなぁと思った。
この作品はとにかくRUMIKAのM男に対する言葉責めがとてもいい。淫語を使ったセリフが生き生きとして心から楽しんでいる。これなら撮っているみのる監督も面白いと思ったはず。

そのRUMIKAが使っていた言葉責めのフレーズが、そのまま月野りさの作品に使われている箇所がいくつかある。
たとえば「『変態に生まれごめんなさい』って言え!」とRUMIKAがM男に命令するんだが、このときのRUMIKAのいたずら加減がとてもよくて、そのときの印象が月野りさに同じことをやらせてみようとしたんじゃないかと、見ながら思った。

よし、来月はボヤキを頑張ろう。
いつ辞めてもいいように、その準備だけはしておかないとね。
まだまだやり残していることはある。でも自分の持ち時間はそうそう残されていないだろう。
もう人生の正午を過ぎた。太陽はすでに傾きはじめている。
おまけの人生だと悠長に構えている暇はない。

音声同人サークルの爪の垢でも煎じて飲んでください 

  • [2010/05/24 00:00]

ちょっと「ぽすれん」に手を出してみた。
通販レンタルはDMMしか利用したことがないんだけど、ぽすれんにどうしても見たいものがあったので借りてみることにした。実はぽすれんもアフィリエイトを申請済みなので、面白かったらこのままマニュアルにアップしようと思う。

週末は更新しようと思っている作品の淫語抜きがなかなか終わらなかった。
その作品自体があまりにも編集が下手くそすぎるのと、カメラ兼男優の言葉づかいが頭悪すぎて、途中で一人ダメ出しが始まってブツ切りになってしまうのだ。
出演女優は複数なのだが、桐原あずさなんかを使っていて女優に文句はない。それ以外のところがひどい。これを撮った関係者一人ひとり呼び出して一つ一つ罵倒したい気分になる。

淫語AVは女優のキャスティングもさることながら最終的には製作者のセンスが大きい。
どんなに女優が良くても脇を支える連中がだめだとかえってイライラする。とくに大したスキルもないくせに、言葉なぶりだけはしたがる淫語ど素人の拙い言語感覚には、それを金を払ってまで付き合わされる身にもなれって何回も思ってしまう。

そういう意味ではゴールドマンってなんだかんだいっても言葉のセンスは光るものがある。
彼はある意味、即興詩人なのである。
いろいろ問題はないわけでもないけれど、淫語としては面白いものを撮ることができる。

ということで次回作は女優がいいんだが、撮っている方が淫語を舐め腐っていて、淫語の研究に不熱心な、その姿勢を激しく問いたい気分になるとても残念な作品ね。

ちなみに、ここのメーカーが決して力を抜いているとは言わない。撮っている方も仕事を一生懸命やっているんだろう。だが一生懸命作ろうがなんだろうが、作品として未熟なレベルでしかなければユーザーから罵倒されて当然だ。それが商品にするということだ。小さなサークルで同人映画を出品しているのとわけが違う。これはプロとしてのプライドの問題でもあるのだ。
しかもこんなんで4000円もとろうと言うのがユーザーをバカにしている。

安田さんがハンドメイドでやっている「No1 in HEAVEN」の方がよほど商品として成立している。第一、コストパフォーマンスがいい。
これから中途半端なAVメーカーは、安田さんみたいに家内制手工業に切り替えたらどうだ。

その絵のタイトルはRunaway 

  • [2010/05/19 20:15]

今日から府中市美術館でノーマン・ロックウェル展がはじまった。
国芳の次はロックウェルですか。頑張ってるねぇ。

ノーマン・ロックウェルはこんなのを描いていた人。

ノーマン・ロックウェル オールディーズ、その愛しき素顔たち
5月19日(水)~7月11日(日)
午前10時~午後5時
於 府中市美術館

まだ見てないんだけど明日行ってこようかと思っている。
良かったらまた何回も通うんだろうね。国芳展は結局8回も行ったからなぁ。

ところで淫語AVマニュアルの運営というかその姿勢についてだが、昨日あたりからもう一度原点にかえらなければと思いはじめている。
そのためには本来あるべき姿に戻らなければ。
まだ約束を果たせていない。むしろ遠ざかっているようにすら感じる。

「それよ、私は私が感じ得なかつたことのために、
罰されて、死は来たるものと思ふゆゑ。」

今日から読み始めた本。

現代霊性論
現代霊性論
posted with amazlet at 10.05.19
内田 樹 釈 徹宗
講談社
売り上げランキング: 3575

まだ最初の方だけど今のところ目新しい話はない。
知識としては知っていることばかりだし、斬新な切り口を期待したいところ。
でも内田樹は切り取ってくるテーマが面白いなぁ。
だから内容の是非はともかく人気があるんだろうな。

あとこれは、この間から読み出してなかなか時間のかかる本。

過去と思索 (1)
過去と思索 (1)
posted with amazlet at 10.05.19
アレクサンドル・ゲルツェン
筑摩書房
売り上げランキング: 346528

ゲルツェンは若い頃から一回は読まなきゃと思いつつずっと敬遠していて、今回、この年になって初挑戦。なーんだ読み出したら面白いじゃないか。
ただやっぱりゆったりとした時間がほしいなぁ。

ではしばらくネットの世界から遠ざかりやす。

そんな情報で一喜一憂をしてきたのが淫語マニアなのだ 

  • [2010/05/08 23:03]

淫語マニアなら自明のことではあるが、「マンコ」と「おまんこ」は同じではない。同様に「チンポ」と「おちんぽ」は違う。

自分は淫語AVマニュアルを作るにあたって、「マンコ」「チンポ」はカタカナ、「おまんこ」「おちんぽ」はひらがなにしている。この方針にしたのは淫語スレの常連さんたちと相談した結果だったように思う。
これにより「お」がついているかいないかで聞いた感じが違うのだということを視覚的に表現できるようになった。そうして正解だったと思っている。

しかしながらこの違いを音声から聞き取るのは意外と難しい。
特に所有格淫語の場合、淫語の直前にある「の」という助詞の子音が「お」であるため、伸ばし加減に「のぉ~」ときた場合、「アナタのぉチンポ」なのか「アナタのおちんぽ」なのか判定しづらいときがある。

ほかに「もっとぉチンポちょうだい」「クリトリスとぉマンコ」、そのほか「もぉマンコがグチョグチョ」「いきそぉ、チンポ?」などの本来なら子音が「う」で終わる言葉も引き延ばすと「お」となるので注意が必要だ。

なんでこんなことを書いたかというと、今回更新した淫語で射こう!! 里美ゆりあが貴方のオナニーお手伝い で、淫語マニュアルよりも1日前に紹介していたAVレビューブログがあった。

アイドルAVレビュー日記
http://idolavmap.blog79.fc2.com/blog-entry-1673.html

そこは自分も参考にしているサイトではあるのだが、ときどき淫語抜きが正確じゃないときがある。それでもほとんどが言い回しの問題だけだったので、あえて触れずにきた。

でも今回、「アナタのオチンポでイっちゃいそう !アナタのオチンポでイっていい~?」「チンポ気持ちぃぃ~、アナタのオチンポでイッちゃうぅぅ。あぁぁイッちゃう~」という表記があり、その該当箇所が「オチンポ」じゃなく「チンポ」だったので言及せざるえなくなった。
これを参考にして買われたらとんだ被害が生じる。
この作品、全体を通して「おちんぽ」は1回しか言っていない。

一応、該当の時間を載せておこう。
どちらも「4.全身吸い上げFUCK」のチャプター18で後背位での里美ゆりあがいうところ。

×「アナタのオチンポでイっちゃいそう !アナタのオチンポでイっていい~?」
→「アナタのチンポでイっちゃいそう。ああ、ああ、あっ、アナタのチンポでイっていい~?」
(1:20:46)

×「チンポ気持ちぃぃ~、アナタのオチンポでイッちゃうぅぅ。あぁぁイッちゃう~」
→「チンポ気持ちぃ~、ああ、ああアナタのチンポでイッちゃうっ。ああ、ああイク、ああぁイッちゃう!」
(1:20:59)

えっ!?
こんなことに目くじらを立てるオマエは「キチガイ」だって?

もちろん自分は自他ともに認める「淫語狂」。そもそもマニアとは「キチガイ」のこと。
淫語マニアにとって「おちんぽ」だと思って買ったらそれが「チンポ」だったは死活問題なのだ。損害賠償を請求をしたい気分にすらなる。

人間のやることである以上ミスはつきものだ。
自分とて数や聞き取りに間違いはあるだろう。
だが淫語台詞の抜き出しだけは慎重にしてほしいと思う。

他のレビューアの皆さん、そこだけは伏してお願いしたい。
淫語AVユーザーの切なる思いである。

今年はいろんなところに挟まってばかりいるんだよねぇ 

  • [2010/05/03 22:07]

今日は3タイトルまとめてとは思ったけど、やっぱり1日ずつ更新することにした。
意外とページを一個書くのも大変なのよね。
このあたり、プログラムをいじってブログ並みのお手軽さにしたいところだけど、これがまだできてない。
どっかでまとめて作らないといけないなぁ。携帯対応版なんかもそうだけど、今年中になんとかせねば。

それとYahoo!検索がまたもや1ページ目から消えてしまっている。
抜本的にいろいろやってみることにした。さっきまでいじっていたんだけど、自分のやり方が間違ってなければこれでいけるばす。
一方のGoogle検索は強いなぁ。ずっと1位が定位置のまま。

図書館から、リクエストしていた本が用意できたというメールが来たので行ってみたらこれだった。

高砂コンビニ奮闘記 -悪衣悪食を恥じず-
森 雅裕
成甲書房
売り上げランキング: 2777

この人の文章はとても読みやすい。ずっと読んでしまいそうになる。
小説で食っていくのは大変なんだね。こんな筆力のある人でもなかなか食っていけないんだなぁ。
でもこの人の場合、純文じゃないからなぁ。やっぱりもっと別の問題もあるんだろうなぁ。

昨日のHanaさんのブログ。

ちょっと、待った!
http://hanahana44.blog111.fc2.com/blog-entry-179.html

「真性レズビアン」、しかも「処女」で売り出した松乃涼の2作目でいまだ指マンすらなく、男性ユーザーからこのまま「処女」にこだわられてもつまらないという意見が出てきた。
そんな「早く処女を喪失してもらわないとAVでは使えない」との意見にHanaさんは違和感を感じたのだろう。
ある意味、女性だから当然だ。
というかなんか勝手だ。

さらに実際の専属先であるムーディーズや松乃涼の事務所はどういう戦略を立てているのか。そもそも、松乃涼自身はどんなつもりでAV女優になったのか。
まさに今後の展開が気になるところではある。
なんせAVちゅーのは撮影からリリースまでタイムラグがあるからね。ムーディーズだと半年ぐらいズレていてもおかしくはない。つまり撮影はいくつか済んでいるのだ。

えっ?! オマエそのへんを仲のいい監督に聞いてみろって?

いやぁ、これ以上、板挟みになるようなことは増やしたくないんで、今はあえて聞かないことにします。というか、たとえ聞いてもノーコメントを貫こうと思います。
その方がいいでしょ。
やはりユーザーはユーザーらしくしとかないとね。

褒めてんだよね、きっと。 

  • [2010/05/02 21:11]

GWはいろいろあってとにかく人と会うことが多いのです。
正確に言うとGW前からか。ということでなかなか落ち着いてAV鑑賞ができないんですけど、アウダースの雌女シリーズが溜まってきているもんで、これを一気に解決したいなぁと思って、今日は雌女2本、熟雌女1本を一気にやっつけてしまうつもり。

といってもRUMIKAさんの雌女はとっくに淫語抜きを済ませているので、実質、桜みちるさんと水城奈緒ちゃんのをやっている最中。明日は一気に3本まとめてアップしようともくろんでいる。

そうそうラッシャーみよし監督がブログを始めていたので、そのURLを。

ラッシャーみよしの困ったblog
http://komarusher.blog48.fc2.com/

これで雌女・熟雌女の撮影情報がわかってしまう。

あと、みよし監督の持っている会社で淫語モノシリーズを撮る予定らしい。
タイトルは「セックスよりすごい淫語」。たぶんまだ台本段階でタイトルも(仮)だと思うけど、面白かったら宣伝しますね。

それとドグマの淫語シリーズ「淫語痴女」だけど、今月の19日に月野りさちゃんで発売だそうだ。

DDB-128.jpg

小悪魔淫語痴女 月野りさ

それで、ドグマの公式よりもさきに予約受付をしているネットショップがいくつかあるんだけど、そこの作品紹介の文がひどい。

軽薄そうな外見だが、エロには妥協を許さないビーバップ・みのる。軽妙な喋りで素人を裸にするナンパモノから、熟女の母性本能を利用した熟女モノ、そして徹底的な責めが人気の陵辱モノと、エロの幅が広い鬼畜監督!

「軽薄そうな外見だが」って。これ書いたの、誰?

ちなみにググるとこんなことになっている。

軽薄そうな外見だが、エロには妥協を許さないビーバップ・みのる。

なんぞ、これ。

「エロの幅が広い鬼畜監督!」っていう締めもすごいよなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。