スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本和彦なう! 

  • [2010/10/21 22:33]

ここのところ体調を崩し気味だったのでマニュアルをさぼりがちだったけど、ようやく明日は更新できそう。

iPhoneに変えてメアド変更の連絡をしていない人たちがまだたくさんいる。
要するに最近あまり交流のなかった人たちってことなんだけど、さっき松本和彦さんにメールしたらいきなり本人から電話がかかってきた。

あいかわらずイタズラ好きのあんちゃんって感じで、前々から常に何かをたくらんでそうな人だったが会わないうちにやっぱりいろいろ企んでいた。
今回は2年がかりだったみたいだけど、この話はどこまでしていいのかな?

あれは今年の1月末、確か自分の誕生日のときだった。東中野のバレンタインってバーに二村さんに呼び出されて行った。
その日は昼間、SODで新年会みたいなことをやっていて、二村さんはその帰りだったと思う。
二村さんに会うといきなり「松本和彦は出家をしたらしい」と言い出した。
SODの集まりでその噂が流れていたらしい。

世の無常は眼前に満ちている。仏道に入るきっかけなどいくらでもあろう。
いろんなことをやってきた松本和彦も齢40を過ぎて心改める出来事があったのかもしれない。元ヤクザの人が聖職に就くことは決して珍しいことでもない。

「意外と根は純粋な人だったのかもしれない」
そんなことを思ったものだ。

今日、その話をあらためて当人にぶつけてみると、これがあなた驚天動地、いかにも松本和彦らしい返事がかえってきた。

話を聞きながら「ああやっぱり松本和彦はすごいなぁ」と感心した。
人間これぐらいたくましく生きなければ。

なにを話してくれたかは秘密かもしれないんでやめておく。
連絡つく人は直に松本さんに聞くといい。すげぇー面白いから。

その松本さんが今、力を入れているのが「men's NOW」
松本さんがほとんど企画を取り仕切っている。人を集めたのも松本さんらしい。

men's NOW
http://www.mens-now.jp/index.php

淫語関連で行くと、伊駒一平のエロマンガが見られるんだけれど、音声付きなので声優さんの淫語が聞けるという嬉しいコンテンツがある。

独女・涼子さんの童貞喰い
http://www.mens-now.jp/?comic2

淫語好きの同志諸君、松本さんのことだからそのうち淫語もいろいろやってくれるに違いない。
しかもずっとタダ。その上、執筆陣も豪華。いいメンツばかりだ。
特におすすめは峰なゆかのインタビュー。これはいろんな意味で面白い。

松本和彦は、やっぱり松本和彦だなぁ。

ガスよ、オマエもか 

  • [2010/10/19 21:06]

朝からクシャンクシャンやってて、また花粉症かなぁと思ったんだけど、どうも体がだるくなってきたのでこりゃ風邪じゃないかと仕事を早めに切り上げてうちに帰ってきて布団に入っていたんだけど、ボヤキに更新の言い訳を書くつもりだったのでこれだけのために今、パソコンを立ち上げた。

今日、実はマニュアルに更新しようと思っていた作品があるんだけど、淫語カウントしたら結果的にものすごく足りなかった。
上原花の「淫語で痴女る117K」ってタイトルでシネマユニット・ガスの作品なんだけど、120分中、淫語は52回。内訳は(おちんちん21 チンポ2 おまんこ9 マンコ1 チンチン5 チンコ5 お尻の穴1 精子3 ガマン汁4 カリ1)ってところ。

最初の方はまだあったんだけど、作品が進むにつれてどんどん言わなくなっていって、最後のコーナーは40分ぐらいあるのに全部で10回。しかもカラミ中の淫語は極端に少ない。
これじゃダメだなぁ。
よくこんなんで淫語をメインタイトルに入れたね。淫語モノとはとても言えないレベル。

ということでさらしておきます。
監督は金子次郎さんね。
たぶん女優さんに問題があると思うけれど、そんなことはユーザーには関係ない。
「淫語は量じゃないだろ。そのときの雰囲気などもあるだろう」と逃げることもできるけど、この作品はそういう言い訳ができないほどのパフォーマンス。

買う(レンタルする)側からすれば、制作者がどんだけ苦労しているかなんてどうでもいい。こっちは商品を購入している。そのお金であなたたちは作品を作っている。
文句を言われて当然。

とにかく淫語モノとしてみた場合、この作品はダメ。マジでタイトルから「淫語」をはずしてほしい。
同士諸君も間違って買ったらかわいそうなので、このあたりにはじゅーぶん注意するように。

今回から「マニュアルにアップし損ねた作品」っていうカテを作ることにした。

いろんなAVライターに影響をあたえた一冊 

  • [2010/10/18 23:59]

えっーと発売日と同時に買いに行った東良美季著『AV黄金列伝』の話をしようかと思ったんだけどボヤボヤしている間にやりたかったことを安田理央さんにやられてしまった。

[本][AV]「AV黄金列伝~ワタシは、どうして、あの場所に、いたんだろう。」
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/20101018

なにがやりたかったかというと、『アダルトビデオジェネレーション』と収録している人の差異を書こうと思っていたのね。

「アダルトビデオジェネレーション」からは、加藤鷹、辻丸耕平、卯月妙子、風吹あんな、カンパニー松尾、高槻彰、中野貴雄、斉藤修、平野勝之、シンプル SANO、バクシーシ山下、井口昇、平口広美、豊田薫が外されて、太賀麻郎、笠木忍、南佳也、森下くるみ、林由美香が加えられたということになりますね。

東良さんがカン松やバク山さんを語らないはずがないので、おそらくそのあたりの人たちは別の形で文庫化する気なのだろう。

新しく掲載されている魅力的な男優、女優さんたちもいるから『アダルトビデオジェネレーション』を持っている人でも買った方がいいとは思うけれど、実はよく読んでみると残った人たちのインタビュー部分も加筆されていたりする。

淫語AV史にとっても貴重な証言が載っているヘンリー塚本監督のインタビューの一部を比べてみよう。前者は『アダルトビデオジェネレーション』、後者は『AV黄金列伝』ね。

「斜めの罫線の入った便せんをデザインしたのもその頃なんです。右上がり十二度の角度だととても書きやすいんですね。洋裁の仕事のかたわらそれを印刷所に発注して、出来た商品を売り歩いたんです。全国の問屋を歩きました。北海道から九州までね。東京では伊東屋さんと東急ハンズが置いてくれました。苦労? そう、しましたね。恥もかきましたよ、何せ文房具のことなんか何もわからない素人ですからね。仕事が終わってから、いつも夜中まで女房と話し合っていました。『何かもっといい、やりがいのある商売は無いだろうか』『もっと今の時代に合った、新しい商売は無いだろうか』と」

東良美季『アダルトビデオジェネレーション』メディアワークス 1999.11.20 430P

「斜めの罫線の入った便せんをデザインしたのもその頃なんです。右上がり12度の角度だととても書き易いんですね。洋裁の仕事の傍らそれを印刷所に発注して、出来た商品を売り歩いたんです。全国の問屋を歩きました。北海道から九州までね。東京では伊東屋さんと東急ハンズが置いてくれました。苦労? そう、しましたね。恥もかきましたよ、何せ文房具のことなんか何もわからない素人ですからね」
「ええ、そうです。洋裁はもうだめでした。もう時代遅れの商売だったんですね、全然、話にならない。結局のところ言わば下請け仕事です。これで良いのだろうかといつも思ってました。俺の人生は、一生下請けでいいのだろうかってね。それに10年洋裁の世界に居て、その業界のつまらなさというのでしょうか、狭さをつくづく感じていました。たとえば洋裁仲間の集まりに出ても、出る話といったら『工賃が上がらない……』そればかりです。映画の話なんて通じる人は誰もいないんです。仕事が終わってから、いつも夜中まで女房と話し合っていました。『何かもっといい、やりがいのある商売はないだろうか』『もっと今の時代に合った、新しい商売はないだろうか』と」

東良美季『AV黄金列伝』文庫ぎんが堂2010.10.11 150P

赤くしたのが付け足された箇所。
あと、よぉーく見ると漢数字が英数字になっていたり、いろいろ文字の変化がある。
ついでにいうと『アダルトビデオジェネレーション』の方は誤字・脱字がとにかく目立った。正直、自分はお粗末な体裁だとすら思っていた。
でも今回はそういう意味では気になるところはなかった。

東良 美季
イースト・プレス
売り上げランキング: 20104

まあとにかく読んでみてよ。
この本は「読み物」として抜群に面白いから。

なぜかあの頃の不良はニュートラファッションだったんだよなぁ 

  • [2010/10/13 22:08]

はてなでTwitterのまとめブログを作った。
題して「つぶやきの小窓」
http://d.hatena.ne.jp/ingo_ma/

そろそろボヤキもデザインをいじるかのぉ。

あと雨宮さんに大きなお世話をしたせいで、はじめて「淫語魔さん」なんて呼ばれてしまった。うへへっ。

ま、考えようによっては埴谷の『死霊』って『カラマーゾフの兄弟』のパロディともいえなくもないので、『カラマーゾフ』から『死霊』と読み進めるのはそんなにおかしいわけでもないんだよなぁ。
『水滸伝』読んで『八犬伝』を読むとか、『ブッデンブローク家の人々』を読んで『楡家の人々』を読むとかそんな感じかもしれん。


先週の日曜は2人の別々の友人とそれぞれ過ごしたんだけど、いつまでもずっと話していられる友人っていうのはいいね。どちらも性格が自分と同じってわけではないんだけど、波長があうのかなぁ、すごくリラックスした時間を過ごせたんだよね。

そのうちの1人、30年来の友人なんだけど、そいつは中学時代、なんかグレてたんだよね。頭を島大輔みたいなちりちりアフロにして、エナメルのとがった白い靴にドカンを穿いて。確か眉毛もなかったよなぁ。
わざとやぶにらみしながらちんたら歩いていた。

「なぁ、今さら聞くのもなんだけど、どうしてあんな格好しはじめたの?」

「知らん! 時代のせいだろ(笑)」

「でもやっば、カッコイイって思ってたんでしょ?」

「気が狂ってるよなぁ」

「スズメバチとかがいかにも危険な格好をして周り威嚇するのと同じなのかな」

「どうなんだろうなぁ。そういう面もあるかもなぁ」

そういえば彼のあの格好のおかげで、不良に絡まれたときに救ってもらったことがあったっけ。

紅き唇 あせぬ間に 

  • [2010/10/06 23:20]

今日、更新する予定だった作品さぁ。
1コーナー抜いてないことが判明して、作品的にも微妙だからもういいやってことでこれは無しにするわ。

ということで、次回はFAプロの淫語総集編もの。
量が多すぎるので四苦八苦。ただし1コーナーだけすでに淫語マニュアルで紹介しているので、それは省くことができる。
それでも多いな。がんばって作りますよ。

そうそう、桜さんとメールのやりとりをしてしまいましたよ。
かわいいねぇ、この子。
自分の同級生で20才で出来婚したヤツがいるんだけど、その娘さんと年が同じなんだよね。自分にこれぐらいの娘がいてもおかしくないんだわ。

その桜さんが早くも「名前のない女たち」の映画を見たそうで、その感想をブログに書いていた。

名前のない女たちを見た。
名前のない女たち 殴られたよ突き刺さったよw
!!

ブログをアドバイスしたのはナカムラさんだったように聞いてるんだけど、彼女はリズムのいい文章を書くよね。
ときにとっちらかっちゃってなんだかわかんないときもあるんだけど、そこもまたいいんだよなぁ。当人はしんどくてそれどころじゃないんだけどさ。

24でしょ。まだまだいくらでもやり直しがきく年ですよ。

藩金蓮なんか40を前にしてだからね。

ところでこの母乳って薬かなんかで出るの? 

  • [2010/10/05 23:29]

気づけばWEBスナイパーに淫語魔が書いたレビューが載ってますねぇ。

特選AVレビュー『なつ2 無垢ナ女子高生限定ソープランド(無垢)』
http://sniper.jp/008sniper/0082avinfo/av2_3.php

この「なつ2 無垢ナ女子高生限定ソープランド」は、要はオーロラプロジェクトっぽい作りの作品で、強制淫語もそこそこあってなかなかよかったです。
もともと自分は昔のオーロラ作品は見てましたからね。
長瀬愛ちゃんの「ゆうか」とか、雛乃つばめちゃんの「撮ったぜ!!」とか、あと「美乳女子校生 えり」だったかなぁ。嫌いではないんですよね、このテイスト。
葵刀樹監督はちょいちょい淫語を言わせるんだよねー。
たくさん言わせるんじゃなく2.3カ所ぐらいしかないので、聞き逃すと終わりなんだけどさぁ。

それより肝心の淫語AVマニュアルの方だけど、先週、更新してからPCをクリーンインストールしたもんで、環境がなかなか整わなかったんですよね。
いちからソフトを入れ直さなきゃいけなかったり、入れたら入れたでカスタマイズし直さなきゃいけなかったり、まあいろいろあるわけです。

それでさっき一週間ぶりに作品データを作っていたんだけど、どうも思ったほど淫語を言ってないヤツを引いちゃってどうしようかなぁと思ってしまった。
でもその女優の初物だし別の作品にしてると更新が長引くんで今回は載せることにしました。

実はまだ今月はAVを全然買ってなくて新作がそれぐらいしかないってのもある。
なので明日のヤツをアップしたら、今度は立て続けに旧作を2本ばかりやろうかと思っている。
その2つは量もたくさんあるんでいいでしょう。

あとですねぇ。
ここ2年近くなるべく無視してようと思ってきたムーディーズなんですけど、来月の新作のコレはどうなのよ。

癒しの母乳お姉さん 青木玲
midd697pl.jpg

青木玲ちゃんで、FLAGMAN監督ですわな。
内容的にはマドンナの方なんではないかと思ったりもするんだが、あえてムーディーズなんですよね。
なんか淫語魔包囲網の作品だよなぁ。

うーーーーーーむ。
どっーすっかなぁー。

つまるところ宣伝なんだけどね 

  • [2010/10/02 22:37]

前にTwitterでもつぶやいたんだけどさ。またもや「山崎アジコ」で検索をかけてくる人が増えた。
ここ2週間で100件弱。
やっぱり『名前のない女たち』効果なんだろうね。

まず映画があって、原作の最終章が文庫化してプチブレイク。
んで「誰なんだ、この人は?」とくるんだろうけど、そこに出てくる女優さんたちは必ずしもその名前で活躍していた人たちばかりではない。
そもそも「名前のない女たち」なんだからさ。
当たり前だと思わない?

本の中には「企画モノ」から「単体モノ」にグレードアップした「企画単体女優」の人もいる。
「名波ゆら」なんかがそうなわけだが、こういう子たちはWikipediaにもその名があるぐらいだから、すでに「名前のない女」たちではないのかもしれない。
彼女たちは女優時代にブログを持ち、自ら発信もしている。

ほかにも、もともと専属単体デビュー出身のコもいる。
桜一菜や美咲沙耶なんかがそうで、メーカー専属を解かれやや企画色の強い作品に移行しだしたりする。ときに「企画落ち」なんて言われ方もすることがある。

「山崎アジコ」の場合、企画あるいはインディーズでの活動のみで、名前を看板にしての単体作品はなかったように思う。
今でもDMMの動画で視聴可能な女優さんではあるが、「巨乳」だったり「剃毛」だったり「ザーメン」だったりを売りにした、まさに企画女優「名前のない女たち」の1人として登場している。

もっとも引退してからのことを考えると下手に「名前」が通るより、「名前のない」ままの方がいいともいえる。

桜さんなんてとっくにAVをやめているのに、いまだにDMMでブログが公開され顔をさらされている。
こういうのを見るとDMMは鬼畜かと思う

(追記 現在は削除された。2011/03/20)

もっとも彼女は今もほかでブログをやっていて、そこではいろいろ苦闘をしつつも新しい生活をはじめている。
あまり有名になられるのもどうかと思うが、今のところブログ上では隠していないのでいちおうリンクしておくか。

とあるメンヘラの行く末…桜の場合。
http://sakuraxxxlog.blog70.fc2.com/

ここにも書いてあるけど、映画『名前のない女たち』がこの10月から関西でも上映する。
そして大阪のテアトル梅田、初日に桜さんはしじみ(元 持田茜)ちゃんとトークショーをすることになっている。

映画『名前のない女たち』ちょっとお知らせ。
http://sakuraxxxlog.blog70.fc2.com/blog-entry-1661.html

ちょっと見たい気もするね。

藩金蓮はこの日テアトル梅田に行くらしい。
いいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。