スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜ちゃんのお母さんとは1つきゃちがわないんだよね 

  • [2011/02/27 23:45]

今年の2月は本当にひどい月だったなぁ。
つぎつぎと体にガタが来てサイト熱は下がるしマニュアルの更新もできなかった。
パソコンに向かっても痔で尻の穴は痛くて落ち着かないわ、寒さで不整脈が出て動悸息切れめまいはするわで持続力がない。まあしゃないね。こんな時期もある。
ただ自分の身の回りにはいろいろなことが起こっているので、そのことについてはいくつか書かなきゃいけない。

まず先月の終わりが自分の誕生日だったんだけど、そのとき桜(元・桜一菜)ちゃんからこんなのをもらっていた。
iphone 262

今月が彼女の誕生月なもんで、そのお返しにこーんなのを送ったら喜んでくれた。
sakurainran.jpg

どう見ても、小学生レベルだね。恥ずかしいけど載せちまおう。

そうしたらなぜか桜ちゃんのお母さんが「娘の誕生日を祝ってくれてありがとう」ってこんなのくれた。(念のためモザイク処理)
なかなかセクシーやねぇ。

iphone 264

なのでこちらはなにかお返しをしなくちゃと自分の写真を送ることにした。自分1人だとパッとしないかもしれないので、ここはカリスマ男優に登場を願って、麻郎さんとのツーショット。(淫語魔だけ加工)
ingoma_husyo1.jpg

この淫語魔のリアル画像をはじめて見た桜ちゃんが

「おぉ‼Σ(・□・;)パピー(注・淫語魔のことを彼女はそう呼ぶ)若可愛いww年齢不詳なんですけど(・・;)パピーパピーパピー?w」

と驚いていた。

ちなみにこの麻郎さんとのツーショットは昨年、田房さんのイベントの時に撮られたもの。撮影してくれたのは東良美季さんのブログにたびたび登場していた「編集Tさん」。この2月に東良さんが『代々木忠 虚実皮膜』という本を上梓したわけだけど、そのときの編集担当の方。

そうだ。この場を借りてお礼を。
なかなか色男に映してくださってありがとうございました。いただいた写真は大事にします。

代々木忠 虚実皮膜  AVドキュメンタリーの映像世界
東良 美季
キネマ旬報社
売り上げランキング: 74721

『代々木忠 虚実皮膜』については感想も書かねばね。

ところで本と言えば、二村さんが『恋とセックスで幸せになる秘密』というのを今月の25日に出版した。自分としてはいろいろな思いがあるのだけれど、内容についてはあえて言及しない。
ただ1つだけ触れさせてもらうとこの本の最後のほうに[スペシャルサンクス]とあって、何人か名前が書かれてある中に「淫語魔」もあってビックリした。

iphone 263

[スペシャルサンクス]には、ほかにライターの渋井哲也さんの名前も見える。
この渋井さんが書かれた本に『若者たちはなぜ自殺するのか』というのがあって、自分は昨年この本と出会い、いたく感銘を受け、図書館で借りて読んでいたのをすぐに買い直し、ついには渋井さんにサインをねだりにいってしまった。

若者たちはなぜ自殺するのか
渋井 哲也
長崎出版
売り上げランキング: 382016

いずれこのボヤキで紹介したいと思っている。

その渋井さんと二村さんだが、2人が親密になったのは「あるAV女優の自殺」がきっかけだった。彼女の自殺については自分も少なからず衝撃を受けていて、彼女が自殺したらしいという情報を2ちゃんねるで見つけたとき、真偽を確かめることもあってそのまま中村淳彦さんに伝えた。その時点では中村さんはまだ何も知らなかった。つまり中村さんがこの話を最初に聞かされたのは淫語魔からということになる。
彼女の自殺については他にもいろいろ聞いて回ったのだが、関係者とおぼしき人が惚けていたりして、撮っているメーカーの人も死んでいないと聞かされたり、あるいは「蒸発説」が流されたりもした。まあ蒸発であってくれたらそれはそれで喜ばしいことではあるのだが。

その中村さんの『名前のない女たち』だが、映画の方がこの2月にDVD化されて販売。レンタル店でも借りられるようになった。
原作がダメな人もこの映画ならそれなりにカタルシスを得られるのではないか。ちょっと百合っぽいところもあるしね。なにより佐藤寿保監督はホンモノですよ。しっかりとした腕とセンス、そして熱き映画愛があるのは一目瞭然。とにかく見てほしいね。

名前のない女たち [DVD]
Happinet(SB)(D) (2011-02-04)
売り上げランキング: 2824

そして中村さんの『名前のない女たち 最終章』の文庫版に「あとがき」を書いて、初めて書籍にその文章が載った藩金蓮(花房観音)だが、いよいよ商業誌で小説デビューを果たした。
無双舎から出ている季刊誌『悦 VOL.4』に「団鬼六賞大賞受賞第一作」として短編が載っている。タイトルは「おばけ」。

文章はまだまだ荒削りで小説として巧いとは言えないのかもしれないが、それでも最初からずっと彼女の習作を読んできた身としてはものすごい進歩を感じる。
本当にプロの作家になったんだね。

iphone 261

だがこの話もまた別の機会に譲ろう。こちらとしては大賞受賞作の出来映えの方が気になる。それを読んでからあらためて書くことにする。

こうやって振り返ってみると、自分の中ではいろいろなものがつながって形に表れてきた「2011年の2月」ではあった。

渋谷はとびっこ女子であふれていて45はナイショの数字 

  • [2011/02/19 20:48]

ゴールドマンのイベント「濡れる話・勃つ話」第3弾に行ってきたのだ。
新宿ネイキッドロフトに着いたのは開始30分前。開場して30分も経つのにまだまだ空席が目立ち前回にくらべて客の出足が悪い。

前回と同じく前の方に席を確保して、早速、売り子のシブメグさんに挨拶に行く。
するとそこにゴールドマン師匠が!! なんかカッコイイ!

gold3-01.jpg

ゴールドマンとおしゃべりしているうちにスタート10分前になった。
席に戻ってしばらくすると安田理央さんとh.m.p専属女優の篠原杏ちゃんが登場。
今回は進行役が安田さんだけじゃなく篠原さんがアシスタントについたのだ。
といっても自分は篠原杏というAV女優さんを見たことがなくて、このときはじめてその存在を知る。この篠原杏ってコはできるねぇ。ものすごくクレバーなコですよ。顔は少し森下くるみにも似ているけれど、話し方は成瀬心美ちゃんあたりかなぁ。 よく見るとどこか企んでいる顔してますよね。

gold3-02.jpg gold3-20.jpg

んで、淫語劇、ゴールドマンと若林美保さんと、あとサングラス登場の「サセコ」ちゃん。企画女優さんだと思うんだけどなかなかうまかった。
というかわかみほさんがよかったね。何度も淫語台詞をリフレインさせるところは前回もやっていたけど笑いが出ていた。今までいちばんクオリティーが高い気がするなぁ。

gold3-03.jpg

次はバクシーシ山下監督。今回は訳あり熟女さんじゃなく、訳あり男優さんの話だった。たぶん基本的には野郎の話なのであまり色気のある話ではないはずなんだけど、今回はアシスタントの篠原杏がすごく効いていて、エロトークを織り交ぜることに成功していた。「キタさん」というその男優さんはカリデカの立派なチンコをしているんだけど、バク山さんが「唯一の欠点は早漏だ」と言うとすかさず「早漏の人は再起動が早いんじゃないですか?」と応える。そんな言葉が彼女からすぐに出てくるのでちょいちょい面白い掛け合いになっていた。恐るべし、篠原杏。

gold3-05.jpg gold3-06.jpg

その次が、その篠原杏を使っての淫語劇。
これが絶品だったねぇ。彼女はVでは淫語モノをまだやっていないということもあって、こんなに淫語を言わされたのは初めてだったみたい。途中、打ち合わせにない台詞をゴールドマンが言わせるんだけど、最初は躊躇をしつつ最終的にはえげつない淫語を恥ずかしがりながら言ってくれてそこがまたよかった。若い娘の羞恥淫語はいいですなぁ~。
終わったあと安田さんに淫語劇の感想を求められると「だってチンポしか言ってないでしょう?」と困り顔。すかさず安田さんは「そういう人だから・・・」といなしていたのがかなり笑えた。

gold3-07.jpg gold3-08.jpg gold3-09.jpg gold3-10.jpg

休憩をはさみ、ustでは放送しないシークレットコーナー。
今回は予定されていたシークレットゲストが突然インフルエンザで倒れたらしいので代わりに篠原杏ちゃんがセクシーな下着で出ることに。
話された内容はとても面白いんだけどぶっちゃけ話が多く、いろんな人の夢を壊してはいけないので前回に引き続き割愛ね。だけど写真はシークレットゲストがいないのでがんばってみた。

gold3-12.jpg gold3-13.jpg gold3-17.jpg gold3-23.jpg

ところで峰さんのブログにいっぱい写真を撮ってブログに貼れとあったので峰なゆか4態。
「峰なゆかはぜんぜん劣化してないね!!」

gold3-14.jpg gold3-16.jpg gold3-18.jpg gold3-24.jpg

最後はゴールドマンのアカペラ。
今回は尺を短くしてやっていたのがよかったのかもしれない。
でも最後はやっぱりやけくそになって「ちんーぽシゴいて20ねん! おぅおぅっ」とみんなで歌っていた。これはもうサライのようなもんだね。歌わないと終わった気がしない。

gold3-21.jpg gold3-22.jpg

イベント終了後、残ってゴールドマンとずっと話していたんだけど、淫語AVの歴史についてまたいろいろ証言を得ることができた。
淫語を言わせること自体はAV当初からあったことだけど、丸々一本ずっと淫語を言わせた作品というのはどうやらゴールドマンの撮った作品じゃないかという話になった。
この話はまたくわしく書こうかと思う。

いや、今回は今までで一番コンパクトにまとまって笑いもエロもほどよい感じでとてもよかったんだけど、残念なことに一番お客さんが少なかったんだよね。
もっと宣伝しないといけなかったかと反省させられた。次回は大々的にやりますよ。

今日の記事は完全にボヤキだなー。 

  • [2011/02/10 22:56]

いやぁなんかスランプなのだ。
2月に入ってから一行も文章が書けないのだ。
淫語マニュアルは2/1に更新しているけど、あのデータを書いていたのは1/31のことだから、やっぱり2月には何も書いていない。
でもいいかげんマニュアルも更新しなきゃいけないし、WEBスナイパーのレビューも書かなきゃいかん。そろそろ元気を出さにゃあいかんということでとりあえず文章を書いてみるのだ。
だからこのボヤキの記事が2011年2月の最初の文章なのだ。

書くネタはいっぱいあるんだけど、なんか考えるのが面倒なんだなぁ。
軽く、鬱が入ってんのかなぁ。んで毎晩、酒ばっかり飲んでいるでしょう。胃の調子をおかしくするし、便秘になるし無理矢理ウンコすれば痔にはなるし、そのうえ今回は出血までしちゃってね。肛門を損傷してしまったんだよね。
あっ、そうだ! 月の初めは風邪も引いてたんだ。

ということで書くのがおっくうになったのでこの辺にしておく。
Twitterは毎日つぶやいているので生存確認はできると思うけれど、今回のはちょっと長引く気もするんでボヤキやマニュアルを更新できなくても気にせんどいてください。
とりあえずお金をもらっている方から先にやらないといけないんで。

マニュアルの次の更新は熟雌女だろうなぁ。あとはひさびさのFAプロもやりたいんだよねぇ。
真咲さんのもやらんといかんし、あとみならいクンのもやっておきたいし、藩金蓮の話も書かなくちゃならんし、いっぱい宿題が増えてきちゃったな。
ゴールドマンのイベントも近づいているんで、そっちも書かなきゃいかんだろうしね。

いずれにしろまずはスナイパーから片付けてしまうか。
ということで今週はマニュアルを更新しないかもしれんのであしからず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。