スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『むだにびっくり』な『男しか行けない場所に女が行ってきました』 

  • [2015/02/21 20:45]

19日に田房永子さんと桃山商事の清田くんのイベントに行った。

otokoshikaikenai.jpg

田房さんに会うのはいつぶりだろう。一番最初に会ったのは2010年の2月のことだった。
その日、たまたま藩金蓮が東京にくることになって、二村ヒトシ、中村淳彦、大賀麻郎など何人かの人と飲むことになった。そこに田房さんが途中から参加したのだった。

当時、彼女は中村さんが作っていた「名前のない女たち」のAV版、「恋愛できないカラダ」の作品を見ていて、それで大賀麻郎さんに興味を持ち、友人のOL女性と2人で勝手に大賀麻郎のファンブログを立ち上げていた。2007年のことだ。
自分もその辺りから中村さんや麻郎さんと親密になっていくわけだが、彼女とようやく会った2010年は、当然まだブレイク前で、準エロ媒体で細々とマンガや文章を書いている人だった。
確か『むだにびっくり』という自主制作本を出しはじめていて、「田房永子」の名前にしたばかりの頃だったと思う。

このブログにもこんなことが書かれている。

男は「包含」で女は「並列」ってことかな
http://ingoma.blog64.fc2.com/blog-entry-661.html
田房さんの初イベント
http://ingoma.blog64.fc2.com/blog-entry-684.html

その後『母がしんどい』でブレイクしたわけだけど、とにかく昔から目の付け所が面白い人だった。
ラブピースクラブに書くようになり、彼女自身、フェミな人ってくくりをされている感があるけど、よるのひるねでのイベントでの彼女は基本、そんなに変わっていないように思えた。
もちろんあるときから「男性に対しての怒りが吹き出してきた」とは言っていたけど、それでも彼女自体が男性を憎んでいるようにも思えない。姿勢は一貫しているんだと思う。

正直、ちょっと怖い人になっていたらどうしようと思ったが、ただ1つ違うと思ったのははっきりモノを言うようになったことぐらい。
昔はもう少しオドオドしたところがあったんだけど、そこは彼女の中で何かハッキリとしたものが立ち上がってきたのかもしれない。

彼女と出会って5年が経ち、そこにいた人たちもずいぶん変わった。
中村淳彦は新書で一般の人にも読まれるライターになり、藩金蓮は花房観音となって今や文芸誌に名を連ねることの多い、売れっ子作家になっている。
麻郎さんは相変わらずだが、自分も二村さんと組んで気がつけばAVのプロデューサーである。

今年は原点回帰をしつつ、新たな展開を考えている。
そんな中で彼女のような懐かしい知人に会って話をするのは、これまた時の符号かと思った。

今、自分はもう一度「淫語魔」になろうと思っているところである。
そのためにはもう少し心の準備が必要と痛感している。
そんなときに1ブロガー、1AVユーザーだった頃の人たちと会うのは刺激になるなぁとちょっと思った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。