スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最オナ」終了? 

まず、訂正しなくてはならない。
この間、「淫語炸裂」とパケにありながら、炸裂してないと書いてしまったマドンナの作品。
恭子さんの「痴熟女派遣社員」というタイトルのやつ。
最後までよく見たら、終盤のカラミで淫語を言いまくってた。
決して、うまくはないけど、恭子さんが好きなら、まあ見ても良いんじゃないかと。
ものすごく下手だけどね。
ちなみに「おちんちん淫語」

この作品からは、恭子さん、普段、淫語プレイなんかしない人だということが、見てとれる。
最初に「おまんこ」を口にするシーンは、言っていない人間が仕方なく口にするような変な間があって、それはそれでなかなか面白かった。
エロくはないから、それでどうこうする感じではないけど。
ゴールドマンに調教してもらいたいと、何となく思った。

今回、UPした峰なゆかさんもそうだけど、淫語プレイって、そんなに普及しているわけではないので、言い慣れていない女優さんに、すぐに淫語を言わせようとすると、なかなかいい感じでは言ってくれなかったりする。
特に痴女モノは難しいものがある。
峰なゆかさんの場合は、たぶんちゃんと淫語の練習とかをすると、ツボをついた淫語を洩らしそうな気がする。
でも、それでも事前にある程度、淫語のレッスンはしておいてほしいな。痴女モノであるなら。
強制淫語させるなら、そんな練習はいらないけど、淫語を自分から言うのは案外、難しいものなんだと思うよ。
それは個人的な経験からも言えるんだけどね。

峰なゆかはまあ何とかなりそうな気もするけど、問題はもう1人のムーディーズの一押し女優・鈴木杏里だね。
「Pussy Queen」でFLAGMAN監督も頑張ってはいたけど、やっぱり微妙。
あのコはちょっとやそっとの練習では、なかなか慣れそうにないみたい。
彼女の普段の会話は、なかなか面白いことを言うので、言語感覚から言っても、淫語向きの女優だと思っていたんだけど、こう何度も期待を裏切られると、違うのかなぁと思ってしまう。

何がいけないんだろうね。

病気あけで最初に思った疑問は、鈴木杏里の淫語はうまくなるのだろうかということだった。
「Pussy Queen」はもう一度、じっくり見てみますよ。FLAG監督!

あと総評にも書いたけど「最オナ」はこれで終わりなんだろうか。
自分が最初に買ったシリーズものだけに、なんか寂しいよね。
変な風にマイナーチェンジして、結局、今までのファンから見放されて、売れなくなってしまったってところなんだろうな。
なんか最後の方は、わけわかんなくなっていたもんな。

まあ、またどっかであんな感じのは見られるでしょう。
吉野文鳥はもともと「オナてつ」の最初の作品を撮って、上田Tに気に入られなくてクビになり、ムーディーズで「最オナ」をはじめたと言われている。
真相のほどはわからないけど、「オナてつ」「最オナ」を撮ってきたその道の権威であることには変わりない。
またどっかで吉野流オナサポ作品が見られることを信じてますよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/131-cc4f6774

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。