スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫語連呼のリズム 

昨日、UPした夏目ナナのオナてつの総評に「淫語連呼時の表情の演出が甘い」って書いたんだけど、そう感じたのは自分だけじゃないみたいで、主観スレで「キレイな人だけどエロくない」と書かれていた。
自分はかなり間口の広い淫語マニアだから、淫語を言っている時点で「エロくない」とまでは思わないけど、でも印象は近いものがある。

何が問題かというと表情に動きが足りないと思うんだ。
フルCGアニメーションのキャラの表情に近いものがある。

一度、ラブラブ関係にあるパートナーさんと「見つめたままエッチ」をしてみると自分の言いたいことはわかると思うんですけどね。Keita★No.1っていう監督さんは、とても研究熱心な監督さんみたいだから、是非とも試してほしいんだけど。
もしくは、30センチぐらい顔を近づけた状態で、彼女さんの甘えた話を聞いてみるとか。
その時、どんな風に顔の筋肉を動かしているか。特に目や眉の廻りと口角の部分なんかを気にしながら、彼女の話と内容と関連づけて観察すると、今回のおっちゃんの物足りなさが理解できるんじゃないかと思うんですがね。

顔の表情には意識の流れが必要なんですよ。それにあわせて顔の筋肉や声の出し方、言語感覚の鋭い人は言葉の選び方などにふくらみが出てくる。
そこに心理的な奥行きや緊張が生まれる。
そこで淫語を言うから、いやらしいんだと自分は思うんですけどね。

それとAVを正規で購入している人間が、巷間、言われているように30代40代が中心であるのなら、自分の経験と重ね合わせてAVを見ている人って多いと思うのね。
確かに夏目ナナさんはキレイだから、淫語を言わせるだけでインパクトはあるけど、自分みたいにマンコとか見慣れちゃっているようなおっさん世代になるとさ、表情とか声の出し方はやはり気になってしまうのよ。

逆に設定とかシチュはね。ぶっ飛んだ感じでもかまわない。イメクラで遊ぶのと変わらないわけだから。
でも、どんなにシュールなエロでも、表情や声だけはリアルにしてほしい。

んで、「淫語連呼」なんだけど。
今回の「オナてつ」は淫語連呼のさせ方がとっても頑張っていて、ちょっと昔のSODみたいでよかった。
よくできていたせいもあって、いろんなことが喚起させられたんだけど、特に思ったのはね、淫語連呼のリズムでベストは何か?ということ。

すぐに思いついたのは8・16ビートと3拍子。
というのも、トランスしやすいのは2拍子系のリズムだと昔、何かの雑誌で読んだことがあって、でもその一方で、芝居なんかでは「台詞の呼吸は3拍子にすると空間が拡がる」なんてことをいう巨匠もいて、淫語連呼の場合はどっちなんだろう? と思った。

もっとも芝居の方は、「リズムの3拍子」ではなく、会話の中身の3拍子でね。
「3段オチ」ってやつと同じ文脈のもんと考えていいんじゃないかな。それの無限ループバージョン。
意識の流れを3つに変化させて話を進めた方が、「受け」「応え」という2拍子より話に奥行きが出るってことなんだけど。

んで、とにかく効果的な淫語のリズムは何かと、口の中で「チンポ」と口にしてみた。

というのも、「オナてつ」では夏目ナナが、最初、ゆっくりと「おちんぽ」と連呼していたのを、だんだん早く連呼させていって、途中から「チンポ」連呼に切り替えていったのよ。
確かに、連呼で早く言わせようとすると「おちんぽ」という4文字の単語はキツイ。口が追いついていかない。
3文字にして「チン-ポ」と2音にしたほうがベストだと思った。
その辺りの演出を見てね、感心したのよ。
森川監督はどっちかというと3拍子で連呼させるんだけど、Keita★No.1監督は2拍子系にこだわったんじゃないかと思ってね。

連呼で一番早く言えるのは「マン・コ」「チン・ポ」などの3文字淫語を、16ビートの表裏で言い続けること。
これならなんとか言えそうだし、言い方次第では結構そそるモノがある。

昔、長瀬愛ちゃんが、逝くときに「イクイクイクイクイクイクっ」って16ビートで叫んで絶頂を迎えるっていうクセがあったけど、あの「イクイクイク」は自分的にはとても心地よかった。
姿麗子さんや、最近では小池絵美子さんなんかがそうかな。ときどきいるよね。
その感じで、「淫語連呼」されたらやっぱりグッときちゃうのかなぁ、と思ったのよ。
特に、今回みたいに2拍子から始まって、徐々にペースを上げ16ビートでマンコを言うのは聞いてみたい気もしたのね。

だけど問題は4文字。
「おまんこ」「おちんぽ」「キンタマ」「チンチン」はキツイよね。
そっちが聞きたいヤツは、どのリズムがベストなんだろうと思った。
それとも16ビートを体全体でリズムをとりながら「キンタマ」と連呼する?
んーどうなんだろうなぁ。
それと「おちんちん」なんかは4拍子よりズン・タッタァのリズムの方がいいんじゃないのかと思っちゃったりするとね。わけわかんなくなるのよ。

「ああ、もう! こういう時にセフレとかいたらいいのになぁ」と真剣に思ったね。
自分で言っているだけじゃ、わかんねぇーもんなぁ。

エッチはなくていいんで、どっかに愛情込みで、淫語ってくれる人はいないでしょうかねぇ!

いや、心の叫び。
でもエッチはないのに愛情込めて淫語を言ってくれる人なんかいないかぁ。
んーーーー。

んで、結局、淫語連呼のリズムで一番いいのは何かがわからずじまい。
そもそも専門外だからさ。知識もあやふやだし。
だからこれ読んでいる、音声加工に詳しい人に聞いてみたくてしょうがないんだ。
セフレもいないから実験できないし。(泣)

もっとも、リズムそのものだけではないとは思う。
女優さん自体のリズム感の問題もあるだろうからね。

あと、30代後半から40代はフォーク世代も多いから16ビートが合うかもしれん。結構、多くなかったっけ?

ちなみに、自分が大好きな古今亭志ん生の落語は、まさしく16ビートのリズムを刻むことがあるんよ。
火焔太鼓の最後の方なんか、グルーブ感がスゴいもんなぁ。

コメント

身も蓋もない話ですが

>エッチはなくていいんで、どっかに愛情込みで、淫語っ>てくれる人はいないでしょうかねぇ!
ラブラブ絶好調のある日、その時の彼女に
脚本書いて渡した馬鹿な野郎がひと言。
「バカじゃないの」片手でポイですぜ。
相手に属性が無ければ頼むだけ徒労です。
趣味はこっちだけでなく、向こうにも同様に
(しかも多様に)あるという、至極当たり前の結論なんですが。

>Dialogさん。

それをやってしまいましたかw
「急いては事をし損じる」ってヤツですね。
そういうのは、駆け引きが必要ですよね。
脈がないと思ったら、撤退する慎重さも。
私がつき合った女性で私の性癖を知っているのは半々かな。
自分の性癖を否定されたらかなり凹みますよね。

う~ん、ちょっぴり難しい・・・。

淫語魔さま

お世話になります。クモです。
今回の「淫語連呼のリズムでベストは何か?」ですが、
答えは難しいですなぁ~。

淫語については、「私の感覚的な答え」
リズムについては音楽の理論的な答えになってしまいますが、
まぁ、参考意見程度に、気軽に書いてみますね。

私の作品の台本にも「淫語連発シーン」がよく出てきますが、
大きく2種類に分かれます。
1つは、「誘惑淫語」。
もう1つが、イク前の「トランス状態早口淫語」。

「誘惑淫語」は、文字通り、男を誘惑して興奮させる時によく使います。
例:「好きなんでしょう・・・?オマンコ。オマンコ・・・オマンコ。」
みたいな感じです。
これ、まさしく淫語魔さんが書いている表現・芝居での、
「3段オチ」みたいなものです。
演技力のある声優さんになると、台本に何も書いてなくても、
1、2、3回目の「オマンコ」を、それぞれ別の言い方をしてくれますね。
一度、新人の声優さんに、サンプルを送ってもらったんですが、
3回とも棒読みのロボット・ボイス状態で、「こりゃダメだ・・・」という
こともありました。(逆に、それがいいって人もいるかも?)
だから、その声優さんに表現力があるかどうか、
「誘惑オマンコ3連発テスト」が、一番いいかも知れません(笑)。

次に「トランス状態早口淫語」なんですが、
私の作品の場合、ほとんどラストはハチャメチャで、
実は、リズム感など、あまり考えたことはなかったんですが・・・。
ただ、4文字淫語のほうが、リズム感が出やすいような気がします。
1拍につき、4文字淫語1回×4回=1小節というのが、
淫語魔さんのおっしゃる「16ビート」(=1小節が16の刻み(16分音符))
ということになります。
例:|オマンコ|オマンコ|オマンコ|オマンコ| で1小節。
(説明がヘタでスミマセン・・・。
ホントはリズムの打ち込みをした音源をアップして説明しようと思ったんですが、
なんだか音楽講座みたくなってしまうのでやめました・・・笑)

あと、気づいたんですが、4文字淫語には、何故か「ん」が多いですね。
オマンコとか、おチンポとか、キンタマとか、センズリとか。
これは、自分で連呼してみると分かると思いますが、
「ん」が入ると、リズムよく発声しやすいのです。

例えば、キンタマなら、「タンタタ、タンタタ」という
16分音符の1つ目と2つ目がスラー(繋がって)になるリズムになるので、
連続で言いやすいです。

反対に、例えば「ズリネタ」など「ん」が入らない言葉になると、
「タタタタ、タタタタ」という、16分音符すべてを刻むリズムになるので、
非常に発声しにくくて、なんだか早口言葉みたいに感じてしまいます。

ところがですよ、この「ん」が入らない「言いにくい4文字淫語」を、
連発すると、逆に「女が、何かとんでもないトランス状態に陥ってる」雰囲気が出て、
すごくよかったりもするのです。
(最後に言葉がもつれるような演出も入れたりして・笑)
なかなか、奥が深い世界でございます。。。


最後に、どうでも言い話ですが、台本を書く時、
実は私、自分で演技しながら書いてるんですよ。(笑)
想像してみて下さい、夜中に、おっさんが淫語を悶えしゃべりながら、
タイピングをしている壮絶な姿を・・・(笑)恐ろしい現場です。
今度、私の淫語音声、こっそりアップしてみようかな~。
淫語オカマ現る!!!うひひっ・・・。

というわけで、あんまりタメにならないような話ばっかりで、
どうもすみませんでした~。


やっぱりスゴいなぁ。

いやー、クモさん。ありがとうございます。
クモさんのご意見に、またまたいろいろ考えちゃいました。
でも、こういうのをいろいろ考えるのは好きなんで、もっと研究したろうと思うとります。
本来、これはメーカー側がやっていてもいいような気がするんですが、そこんところはどうなんでしょうね。
それともSugarBoyあたりは結論を出しているのかな。

いずれにしろ、連呼系は今後もリズムに関して注意していこうと思います。

しかし、この手の話はクモさんに聞くのが一番ですね。
さすが草分け!
また、いろいろご教示ください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/139-d6e83680

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。