スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンドラの唄 

なんか、昨日から「ゴンドラの唄」が頭の中をしきりに流れている。

1.命短かし     恋せよ乙女
  赤きくちびる   あせぬまに
  熱き血潮の   冷えぬまに
  明日の月日は  ないものを

2.命短かし     恋せよ乙女
  いざ手をとりて  かの舟に
  いざもゆる頬を 君が頬に
  ここには誰も   来ぬものを

3.命短かし     恋せよ乙女
  黒髪の色     あせぬまに
  心のほのお   消えぬまに
  今日は再び   来ぬものを

「生きる」で志村喬がブランコに乗って歌う有名なシーンだけど、あそこは本当によかったな。
志村喬は別に滑舌がいいわけではないし、抑揚もないしゃべり方だと思うんだけど、十分、聴かせるものがある。

生きる 生きる
志村喬 (2003/03/21)
東宝

この商品の詳細を見る

やっぱ、小津には笠智衆。黒澤には志村喬でしょ。

そんじゃ、今日のデータ、つくんなきゃ。

コメント

なんてったて志村喬

アメリカ人には、MIFUNEだけど、

日本人なら、志村喬です。

「7人の侍」の主役がどっちかは、人種によってちがうんですね。

まぁ、確かに三船敏郎は黙っていても画になりますからね。
そんなにうまい役者さんではないと思いますけど、なんていたってダースベイダー卿のモデルになっちゃうぐらいの人ですから。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/140-31679adc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。