スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の感受性ぐらい 

本当は、今日の昼にRicoさんの雌女をUPする予定だったんだけど、昨日、作品データを作っていたら、どうしてもあるセリフのことが頭にひっかかってしまい、淫語のカウントがおざなりになってしまった。

2パート目に、いつもの戦隊モノのコスプレバージョンがあって、その冒頭でRicoさんがこんなことを言う。

「ほらぁ、よく見てください。おまんこはちゃんとヒロインでしょ」

これが、いかにも男の人が考えた言葉って感じがして、違和感をおぼえたんだ。
それでオフショットを見てみたら、やはり、監督のラッシャーみよしがセリフをつけていたんだけど、どうもその場の思いつきでつけたみたいなんだよね。

男って、言葉の扱いが女性より抽象的な名辞を使いやすい。
「ヒロイン」という言葉は、女性が思いつくにしては、具体的なイメージが伴っていない感じがする。

女性ってもっと画になりやすい言葉を使うと思うんだよね。
男より、視覚効果がある擬音とかの使い方がうまい。
言い方にしても、もう少し婉曲な物言いを好むと思うし。
あと、助詞の使い方とかね。
自分は、高校生ぐらいの頃、茨木のり子が好きで良く読んでいたんだけど、男じゃ、ああいう詩は逆立ちしても書けないよね。

だから、この言葉ちょっと違うなぁ、と思った。

「んじゃ、どういう言葉がベストなんだろうか」

「そもそも女性と男性の言葉の違いはどう違うのか」

んなこと、考えていたら、意識が飛んじゃって、カウントできなくなった次第。

まぁ、そういうことで、そんなとこら辺もきっちりやってほしいです。
ラッシャーみよしのおっちゃんは一応、ライターなんだから。
もっと言葉にこだわってもらわないとね。

何度も書いてきているけど、雌女シリーズは撮り方こそ技術はものすごく高いけど、言葉に関してはまだまだですぜ。
それなりの大人が聞いていて、十分、満足できる域には達してはいない。
女優さんのアドリブ次第ではあるんだけどさ。
でも、もっとなんとか出来ないものかなぁ、とは思っている。

まぁね、他のメーカーの作品なんか、もっと悲惨なのがあるからね。
だいたい、AV業界自体、言葉に関してがさつなんだよね。そう感じてしまうのは、自分だけだろうか。
基本が出来ていないというか。

Ricoさんの「雌女」は明日以降。
んで、その次はKMPの作品を考えている。
その前に、ここで大沢佑香さんの「癒らし。」を書くとは思うけど。

そういえば、Ricoさんとの黒ヒゲ対決は柴犬さんの最後の雄姿だったんでしょうか?
負けてたけど。

コメント

初めまして

全然全くそのとおりです。女と男の言葉は違います。ただ
ラッシャーさんが言いたかったのはその女優さんのまんこがピンクだったから、つい、モモレンジャーよろしくになっちゃったんでしょう。すんません、初めてのコメントでこんなあほな事で(汗)

はじめまして

中村さんのブログではニアミスをしていますけど、私のようなマニアックなブログにコメントをいただけるなんて嬉しい限りです。

私は、つかもとさんとの太賀さんのカラミを見て、SEXの仕方が自分と非常によく似ているなぁと思いました。
私の中でSEXって、「惚れた者同士の愛情表現」だと思っていて、SEX中に、「(自分が)好き?」と何度も聞いてみたりしますし、挿入したままの状態で他愛のない話、たとえばちょっとエッチな思い出話などをするのが好きだったりします。
SEXをしながら、「好きな彼女の存在」をもっと感じていたいんでしょうね。
言葉のやりとりは私の中でとても大事な部分なんですよ。
そういう自分からすると、今のAVって「私にとっての普通のSEX」がないんです。
どうも極端なんですよね。

私は「淫語の呪縛」のせいでAVを見始めてしまいましたけど、そのヘンな自分の性癖がなければ、多分AVは見なかったでしょうね。
そういう意味で、「太賀麻郎」のカラミはちょっと衝撃的でした。
あっ、こういう人もいたんだって。

これからもちょくちょくお越しください。
気が向いたら、コメントしていただけるとうれしいです。

言葉ではうそをつけるけれど、身体は正直。だから身体がそうなっている時には本音が出ると思います。だから感じている時にこそその人の本音に近いものが聞けると思うんです。恋愛~2は編集の為かなり残念な結果になっちゃいましたが、(もう少しの時間とちゃんとした打ち合わせによる編集の的確な細かい指示を中村くんが中野さんにだせていれば・・・俺がそれやれば良かったって後悔しています)遊姫が俺とSEXしていて、もうめちゃくちゃにして欲しいと言うんですが、「どうゆう事?」と問うと、「なんだかわからないんだけど、あさおさんにならどうされてもイイ!あさおさん!好きなように私をめちゃくちゃにして!」って言ってるんですが、要するに身体をこれ以上密着することはできない。一つになりたいんだけど、一つになれない歯がゆさ。それが口をついて言葉になる。それがいわゆる魂の叫びだと思います。俺はそれを好きな人から聞きたいだけなんです(笑)

すいませんもう少し(汗)

あと、SEXは言葉が大事って、俺のファンブログやってくれてる娘達もしきりに言ってました(笑)今夜も手放し運転も覗いてあげてください。よかったらコメントしてあげてくれるとうれしいです。

そのサイトは見てますよ。

ちゃんとチェックしています。
RSSリーダーにも登録しているので、更新されればすぐわかるようにしてあります。

太賀さんの話を書くのもいいんですけど、ブログなんだから、もう少し、ご自分たちのことも書いていけばいいのに、と思っていたりします。
「太賀麻郎」を好きになるコたちは、どういうコたちなのか。
そっちの方が私には興味がある。
それに、サイト運営って大変ですからねぇ。
自由気ままに書いていかないと行き詰まるような気がしますね。

そうなんですよねぇ。俺にもどういう子達かわかりませんもん。彼女達の事俺も少しは聞いてみたんですけど自分達の事はあまり語りたくないのかな?ズブの素人で自称サブカルの人達ってそういうもんなんですかねぇ。

私も、私のサイト運営のことは周囲の人間には内緒にしているので、あまりにも直接的なことは避けて書いたりしていますけど、それでも書きようはありますよね。

どんなモノを見て育ったのか、どういうものに興味があるのか。
どういう恋愛をしてきたのか、ファザコンなのか、動物は好きか、犬派か猫派か。
普段、自分のことをなんと呼んでいるか。
恋人にはなんて呼ばれたいか。
初恋はいつか。どういう男の子だったか。
兄弟はいるのか。お父さんとはいつまでお風呂に入っていたか。
女であることに違和感を感じたことはないか。

まぁ、ちょっと考えただけで、いろいろ思いつきますね。

太賀さんが聞いてもなかなか聞き出せないってことは、相当ガードが堅いんですかね。
知られたくない秘密があるのかな。

実は「矢印」の形したシッポが生えているとか?

そんな~(汗)俺のファンは悪魔~?はたまた俺に歯がないのに虫歯菌?

悪魔は、もとは天使なんですよw
「堕天使」って言うでしょ。
従順であることが馬鹿らしくなり、自由を求めだすと、天使は悪魔になるんです。

まぁ、ドキンちゃんってパターンもあるか、アンパンマンの。

まんこが濡れて力がでない~。バイバイきんたま

流れで言うと、太賀さんはバイキンマンというより、食パンマンの方なんですけどね。
そういえば顔も、どことなく…。

というか、いい歳したおっさんがアンパンマンの話っていうのもねぇ。
○TL

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/184-05045beb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。