スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新のペースをあげてみる。 

なんかここ最近、淫語マニュアルのアクセス数が減っている。
理由は、サーバー障害のせいで一番アクセスが稼ぎ時の深夜に、ダウンしていたってこと。
これは間違いないことなんだけど、1つ気になっているのは、ここ最近、更新が週末の1回のみとなってしまっているってこと。
ちょっと平日のアクセスがひどすぎる感じがする。特に週明け。

更新に関しては、確かにプライベートでいろいろあって渋りがちではあるんだけど、最近このブログの方にばかり力が入っちゃってることも原因の1つだね。
やっぱり本サイトの方は、最低でも週2にはしておかないとダメだよなぁ。

ということで、昔の頃にもどって少々、作品的に問題があってもアップするようにします。

んで、レアルの新レーベル、痴女専門の「M」の作品を上げてみました。
続けて、あと2つぐらい、アップしてみるつもり。

このMだけど、どうやら痴女のとらえ方が先祖返りしてしまっているんだよね。
昔の「女ハ男ヲ目デ犯ス」とスタンスが近い。前に二村監督が言っていた「チンポを前にしたパフォーマンス」風の痴女になってしまっているのね。
痴女作品が売れなくなってきていると言われている中、どうなんだろうね、これ。

二村作品や雌女とかを見慣れてしまった自分から言わせると、なんか薄っぺらい感じがしてしまうんだなぁ。
これだと企画的にもすぐに行き詰まりそうだし、早晩こけそうな気がする。まぁ、煮詰め方しだいだとは思うけど。
女優さんのパフォーマンス的には昔よりもよくなっているしね。

問題は、こういうの好きな人はいるだろうけど、それを見てた人たちが、まだAVを見続けているかどうかってところかもしれない。
結構、微妙のような…。

コメント

ふー買わずに正解。助かりました。
オチンチン淫語じゃあねえ。チンポ1ってのが泣ける(笑)
レーベルは関係ないですね。やはり監督次第ですね。

これがねぇ

今回撮った、田口監督は「おちんちん女優」の如月カレンに「チンポ・オチンポ」を言わせていたので、監督の好みで「おちんちん仕様」になったとは思えないんですよね。
推測ですが、比較的自由にやらしてくれるPもいれば、いろいろ口を出してくるPもいるってことなのでは。
田口監督は社員監督だから、その辺の立場の問題もあるかもしれませんね。

これは、やっているメーカーもあるんですけど、女優さんだけでなく、プロデューサーとか男優とかの名前をパケに明記してほしいですね。
ちゃんと情報公開をしろ! ってよく思います。

最近私は、監督よりもそこのプロデューサーに文句を言いたくなることがあるんですよ。

なるほど、Pの存在ですか。
そう考えると、あれほどチンポにこだわっていた(ように見えた)某監督が突然オチンチン好みに変身し、不思議な思いでいましたが納得がいきます。


その逆もあるんですけどね

私はプロデューサーの存在ってのも凄く大事だと思うんですよ。
ここ1、2年、二村作品がつまんなくなりだしたのは、二村ヒトシにおいて、高橋がなりの存在が意外と大きかったからじゃないかなぁ、と思ってみたり。
まぁ、最近の二村作品をつまんないと思っているのは自分だけかもしれませんけどね。

それにしてもチンポ作品は減っているような気がします。
私は「おまんこ」が聞ければいい人間ですけど、淫語作品のバリエーションが偏るのは、あまりいい傾向だとは思えませんね。

がなり…

荒れるかもしれないが、AV OPENのがなり作品を見る限り
「この人はもうAVを撮ってはいけない」人だと思った。

田口監督は偉大なんだなぁ。
私の中では如月カレンは「おちんぽ女優」のカテゴリーだったw

しかし淫語作品を選択するのに
・プロデューサー
・監督
・女優
・男優
どれだけ情報を集めないといけないんだ?

なぜメーカーは
・女優が作品の中で実際に言っている台詞を
 パッケージに表示する
たったこれだけのことができないのだろう?

そりゃ作品とパッケージは別ラインってことはあるだろうが、
消費者からすればどっちかだけ買っている意識なんてないし、
一つの作品を買っているわけだからなんとかしてほしいね。

がなりに監督はヤバいでしょ。

自分はあの作品を見る気すらしないんですよね。
あの人は、作らずに文句だけ言ってればいいんですよ。
あの参加作は作ることに意義があったのかもしれないけど、良い竿師が良い監督になるとは限らないし、いい監督が、いいプロデューサーになるわけでもない。

がなりはSODを作り、TJや二村や菅原ちえを育てた。
時々、文句をつける。制約を課す。無茶苦茶なことを言う。
それがいいんでしょ。
まぁ、今さらなんだって感もなきにしもあらずだけど。

如月カレンは今でこそ、「お」つきの淫語女優だったけど「責め痴女」の頃は言えなかったでしょう。
彼女は、ホント素晴らしい女優さんになった。

パケに関しては、これが肉屋だったら犯罪だろ! と言いたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/204-028bdd7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。