スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデ倫のモザの薄さより淫語の方が卑猥らしい。 

人がいい私は、なぜか友人の子どものバレーボールチームの連絡網を作らされていたりする。
なんかここんところ、こういう用事がいっぱい紛れ込んでくる。仲間内の子どもにまで「パソコンのおじちゃん」呼ばわりされはじめた。
孤独を愛する自分としては、もう少し閑かに生活を送りたいところなんだけどね。

ところでおとといぐらいからやたら人がたくさんこのブログに訪れてくる。
アクセス解析を見ていたら、どうやら「h.m.p ビデ倫」で訪れてくるらしい。検索するとGoogleでもYahoo!でもページ1枚目にindexされている。 中には「作品名」っていうのもつけてくる人がいる。
つまり摘発された作品名は何かってことだな。

薄さを確認したいんだろうか?
どういう了見で今頃くるのかわからないけど、イジワルしないで教えてあげると、一応、言われているのは

「巨乳若奥さま ねっとり誘惑エッチ!! 竹内あい」
「萌え~ イジられるの大好き! 乙音奈々」

ってことになっている。もちろん、2つとも廃盤。

ただし、これも言われていることなので言っておくと、そんなに薄いってわけじゃない。
はっきり言ってこれよりもっと薄い作品がある。
自分はあるビデ倫のオムニバス痴女作品でスゲェー薄いのを見たことがあった。ノーパン・パンストなんかはさらに薄くてスト越しながら完璧に具が見えている。
作品名を上げると迷惑がかかるといけないから伏せるけど、あの薄さには驚愕したな。

ところがだ! 諸君!!
そんな薄くなったビデ倫作品なのに女優さんの発する「おまんこ」発言は無音消しですよ。
アナルもヘアーもOKなのに淫語音声は修正。

「モザは薄くなっても、淫語の無修正はまだまだ解禁されないのかよ」

ビデ倫メーカーの倫理基準を不思議に思った瞬間だった。

コメント

うすけし

淫語魔さん、おはようございます。
おそらくここに載ったからだと思いますよ。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_03/g2008030106_all.html
ところで、ビデ倫というのは音声を伏せてるのですか?
知りませんでした。
SODなどは思い切り言わせてますよね。
もともと刑法175条に欠陥があるので、自主規制が気に入らなければ、
警察のいいように摘発出来るようになっていますね。
曖昧なのは、本当に困ります。


江戸時代から戯作者は曖昧に泣いていましたけどね。

ビデ倫の逮捕の話は一般紙にも取り上げられていますし、NHKがさんざんやっていたので知ってはいました。
でもh.m.pの話まで遡ってとなると、どこに食いついているんだろうと不思議に思ったわけです。
廃盤になっている作品にでも興味を示したのかなぁ? と邪推したわけですね。

ビデ倫の作品は淫語音声に修正を加えているところが多いです。ただしあくまでも自主審査なので中には堂々と流しているものもあります。
面白いのはオムニバス作品で、あるコーナーではP音消しなのに、別のコーナーでは無修正だったというDVDもありました。だからビデ倫はあまり手が出せないでいたりします。

何が猥褻かの定義は曖昧であるからいい部分もあります。
もしも明文化されていたら、多分、ヘアー解禁は簡単にできなかったろうし、もちださんもきっと淫語文を売ることは無理だったと思いますね。
なんせ昔は「おまんこ」と伏せ字にしなかっただけでつぶれた出版社がありましたからね。それを明文化されていたら、緩和させるのはかなり難しかったかもしれませんよ。

 こんにちは、初コメです。

 もともとビデ倫の審査基準なんてものは無く、審査員によってOKだたりNGだったり、曖昧でしたからね。
 昔某ビデ倫メーカーにいた頃、ある作品がタイトル審査でNGになり、1年後別な作品を全く同じタイトルで申請したら、何の問題もなくOKになったこともあります。
 
 おっしゃる通り、「まんこ」と言わせることより、まんこ見えてる方が問題だろ!
 なんでこんなちぐはぐな審査がまかり通るのか?

 結局見せしめ的な要素が強いんですかね。
 駐車違反と同じ感じですね。
 他にも駐禁の車あるだろ!全部取り締まれよ!的な。

 ってか、警察はもっと他にやることあんだろ!って思いますけど。 

まずは、渡辺監督、AVグランプリのフェチ部門賞おめでとうございます。

警察の取り締まりに関しては「見せしめ」も効果的にやってくれればいいかと思います。私は家族に病人を抱えたとき、何度か救急車に乗ったことがありまして、昼間などは駐禁車両にイライラさせられたものです。そういう意味で「ここに止めるとすぐに駐禁を切られるよ」みたいなものも必要だと思っています。
ただ、今回のは意図があまりよく見えない。「なぜビデ倫メーカーが?」という不公平感は否めないです。
特にh.m.pの人が捕まってしまうのはかわいそうかなぁと思います。ビデ倫は公的権力と制作会社との緩衝材としての役目があったわけですから、こういうときはビデ倫が体を張って守ってあげないといけない。「捕まえるなら審査を通したビデ倫の我々のみにしてくれ!」ぐらいの侠気が欲しいですね。そうでないとなんのための審査団体なのかと思ってしまいます。

それにしても傘寿を迎えて捕まっちゃった芳友の会長さんは今どんな心境なんでしょうかね。

なんか結局意味ないよね

警察が単に「活動してますよ」的な摘発でしょ。
しかも警察天下りの人たちが退職した後で…。

んでどーせ「ビデ倫みたいになりたくなかったら天下りさせろ!」って、
メディ倫とかDMMとかに言い出すんでしょ…。

もともと淫語好きには

あまり意味がない話ではありますね。

いまだにh.m.pは淫語修正をしていたのでは?
KUKIはほぼ解禁。これはOK。わからないのがJHVとFA。
JHVはレーベル関係なく作品によってあったりなかったり。
FAは撮った時期によるのかなぁ。「情事 メス犬になれる妻たち/亭主の前では言えぬ淫語連発」は、最初の淫語連発の話は確かに無修正で、いつもの、男「おまんこイイか?」女「おまんこイイ!」を掛け合いで連呼。でも最後のAoi.さんと盲目按摩師の話はほぼ聞こえているけど無音消し。
なんなんだろうなぁ、あれは。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/284-1ce7407c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。