スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントするときも気をつけなきゃね。 

しかし個人サイトはホントに減ったね。今はどこもブログだらけ。
確かに手軽ではある。テンプレも幅広く用意されているし、何よりタダでいろんな機能がついているのがいい。
アフィリエイトだって簡単に貼れる。

いっそのこと、裏マニュアルの方はブログにしたらどうかと考えた。
それでとりあえずさまざまなブログの使い勝手を見て回った。 そうしたらlivedoor Blogの利用規約にこんな禁止事項が書かれていた。

第5条 (禁止行為)

過激な性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為やブログ閲覧者に不快感を与える行為

性器露出画像、動画、あるいは性器を描写したデータ等、弊社が性器を描写した内容であると判断した内容を掲載する行為

「性器露出の画像、動画」というのはまぁ当然だとしても、「性器を描写」というのが非常に引っかかる。
「描写」とは「広辞苑」で調べると「描き写すこと。特に文芸・絵画・音楽など芸術的制作において、物の形体や事柄・感情などを客観的に表現すること」とある。
つまり文字表現も問題ということか。
露骨な淫語表記も該当するって言うなら「淫語マニュアル」はアウトだ。この「ボヤキ」の方だって怪しいかもしれない。

気になってFC2ブログの方を確認してみたが、該当する文章はなかった。
もともと禁止事項が少なく、livedoorみたいに細かく設定されていない。アダルトに該当しそうな禁止事項は「公序良俗に反する行為及び表現」のみだ。
それにくらべてlivedoorは先に見たようにかなり具体的だ。

そういやぁ前に紅音ほたるが間違って自分のマンコ画像をアップしてしまったことがあったがあれはlivedoorだった。先の「性器露出画像」という具体的な表記はその時に付け加えられたのかもしれない。
ほかにも「児童ポルノ、またはそれに類する内容、あるいは弊社が児童ポルノに類すると判断する内容を掲載する行為」などの文章も見えるが、これもlivedoorのブログで関連の事件があったのだろうか。

ついでなので、アダルトブログが多いDTIを見てみた。
するとこっちは「性器描写」こそなかったものの「児童ポルノ」についての言及もあり、さらにlivedoorにもなかった「獣姦、性的内容の極端なサド・マゾ、未成年による愛撫またはセックス、その他一般的に猥褻と考えられる内容のコンテンツを掲示、送信、助長すること。」というのがあった。

「獣姦」がダメってことは、「獣皇」のアフィリも貼れないってことかもしれない。
ひょっとしてゲロ吐いてるドグマの作品もダメなんじゃないか。
DTIは本拠地がLos Angelesだから、アメリカの感覚から言って「獣姦」「ハードSM」はダメなのかもしれない。 キリスト教文化ではその手の性行為は禁忌だからね。

ちなみに「はてな」は「倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為。ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為」はダメだそうだ。

エキサイトも意外と細かい規約だ。「自殺・自傷行為を肯定」「虐待を肯定・勧誘・助長する行為」などを禁止している中に「低俗で品位を欠く(例えば猥褻な)内容の情報等を掲載する行為」との一文がある。
「低俗」というのが引っかかるが、格調高く書けば淫語表現もいけるってことかな。

なかにはアメブロのようにアダルト自体が禁止になっているところもある。ここはアダルトサイトにリンクすらしてはいけないとあるから徹底している。

実は「ボヤキの小窓」はFC2にするかlivedoorにするか悩んだんだけど、FC2にして正解だったみたい。

livedoorを使っているAV女優や監督って多いけど、露骨な性器表現はやってはいけませんよ。そんなことしたら追い出されちゃうかもしれませんぜ。

そう思うと淫語を書きまくるのはなんか気持ちいいぞ。

ちんこまんこきんたまちんこまんこきんたまちんこまんこきんたま

あ~、楽し。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/387-3fa86669

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。