スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮台にかぶれた時期もある。 

家のパソコンのATOKの調子がよくない。

自分は最初に買ったワープロ、東芝ルポを愛用していた頃から、カナ入力で文章を書いていて、一応ローマ字入力もできなくはないんだけど、今でも長めの文章を書くときはカナ入力で書いている。

ついでにいえば自分は最初に買ったPC、NECのPC98の頃から一太郎を使っていて、時代がWindowsになってもずっとATOKを利用してきた。
こちらもいちおう、WordやIMEで文書作成は可能。というよりそうじゃないと不都合だったりする。
たとえば直し前提の文書を人とやりとりするときはWord、他人のパソコンを利用するときはIMEのローマ字入力をしている。
たぶんATOKでカナ入力をしている人間は、このパソコン社会では自然と両刀使いになるんじゃないだろうか。

そのATOKなのだがカナ設定にしてあったものが、突然ローマ字入力になっていたりする。
タチが悪いのはATOKパレットでは「カナ」と表示されているのになぜかローマ字で打ち込まれる。パレットの「カナ」をクリックすると「英小」「英大」「カナ」とサブメニューが開くのだが「英小」のところに印が。

とくにブラウザを開いているときに起こるようで、HTMLのプレビューを見ながらだとやたら起こるのでかなりイラつく。

ということで原因究明および対策で、マニュアルにアップするのに時間がかかっている。
なんせクリーンインストールするまでは同じ環境でも問題なかったわけで、なんかバッチでも当てなきゃならんのか、いろいろ調査思案中。

あと藩さんのこの記事の読んでいたら、チョコボール向井のこの講演の記事とかを思い出したよ。

 何が恐いかと言うと、血液から感染してくる病気。これがAV界とは言わず皆さんの一般的な性生活においても恐いとされているものですね。血液、粘膜から。簡単に言えばナマでやらなきゃ平気ってことなんですけどね。コンドームきちっとつけてやってればめったに粘液同士の感染っていうのはないです。けどたまに、もものあたり、局部のあたりに傷があったりするとそこで血液がまざりあっちゃうってことがあるんですよ。それで恐いのが血液感染。エイズなんかはそういうところからきますね。

 あとわたしがちょっとなりかけた肝炎と言う病気ですね。それも肝臓の病気ではあるんだけど実際は下半身の病気なんですよ。なぜかと言うとうつるのは下半身からしかないんです。そのために肝臓の機能が低下してですね、まあそういう知識のある方も実際いらっしゃるとは思うのですが、まあプロレスラーでいうとジャンボ鶴田さんなんかそれで死んじゃいましたけどね。肝臓病ってのは本当に恐い。自分の肝機能が全然効かなくなっちゃって、目が黄色になって、力が抜けて、終いには出した精子まで黄色かったですからね、そのときは。ホントに恐ろしい病気ですよ。食欲もなくなるし。

 そうなったのが男優になって7年目のときで、そのときはこれで男優も終わりかなとも思ったし、人生まで終わりかなと思いましたからね。でも奇跡的に慢性じゃなくて急性の肝炎だったんですぐに治りましたね。しかも普通の人だったら1、2ヶ月かかるところを2週間で。なぜか分からないけど病原菌が体の中から消えたんですよ。『あれ?もうなくなりましたよ!!』って言われて、退院できたんですよ。だから神様がいるとしたら『もうちょっとAV男優チョコボール向井というのをやりなさい。』ということなのかなと思いましたね。それで命からがら助かったって感じでしたね。もしもあのまま肝臓が治らなかったら、急性じゃなくて慢性だったら、皆さんの前にこうしていることもなかっただろうし、7年目のときにチョコボール向井という人間はAV界から消えてたと思いますね。だからみなさん大きい病気だけは気をつけて下さい。

 でもね、ゴムをしてれば大体平気ですよ。男性の話ですけど、ゴムは根元まできっちりとつけて下さい。よく半ナマ感覚がいいとかって半分しかつけない人がいるんですけど、あれが一番危ないから。あれはつけてるっていってもつけてないのと同じですから。(笑)根元からそういう菌とかが入ってくるといけないので、きちんとつけて下さい。2枚重ねにするって手もあるんですけど、重ねると感覚が鈍ってどうもよくないと言う人もいますからね。でも今のコンドームは優秀だからちゃんとつけてれば平気だと思います。

一時期、AV業界からコンドーム着用をやたら発信していたことがあったような気がする。
自分は社会人になってAVをほとんど見てなかったんだけれど、そういうメッセージみたいなものは雑誌やテレビなどのメディアを通して受け取っていた。むしろかなり意図的だなぁと思ったこともあった。

自分が学生の頃、AVでの顔射はすでにあって自分もたくさん見てきたけど、実際の彼女に顔射しようと思ったことはなかった。もちろん子供ができてもいいと思わない限りはゴムを着けてたし、発射もゴム射がデフォー。都合によっては手コキ射、口内射だったと思う。

つまりこういうのって人間性の問題だと思うのね。
性に無知というより、あえていうなら「現実と虚構の区別がつかない人」とか「他者とコミュニケーションが取れない人」がいるってことだと思うし、それはもっと奥深い複合的な問題だと思う。

ところで、このあとの宮台の発言もなかなかおもしろい。
とくに次のくだりとか。

【宮台】普通なんです。ということは、もう形ではSMを構成できない時代なんですよ。SMっていうのを、「非日常を超える」「タブーを越える」ことだとすると、タブーっていうのが一体どこにあるのか、よくわからなくなった、少なくとも外形には見出されなくなった。そこで、番組で言ったんですけど、今やタブーは外形ではなく心の中にこそあると思うんですよ。ぼくはそのタブーの2つの源泉として「愛」と「トラウマ」を挙げたんですね。

この人の、こういうセンスがいいなぁ。

自分は今の視覚的なAVのSMが「本来のSM」ならSMは好きではない。
でも心を言葉であやつることもSMなら、そういうSMは好き。
そしてそれもSMなんだと教えてもらったのは、実際にSMプレイをしている人たちのサイトを見るようになってから。

あと会場質問もなかなかおもしろい。
宮台真司はやっぱりおもしろい!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/404-c0d97252

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。