スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫語AV史上まれに見る滑舌のよい淫語コーナーだった 

今、PHPを使ってページを作り始めたところなんだけど、まだまだ先が長いね。
こんなことならもっと早く着手すべきだった。

いずれにしろこれがうまくいけばかなり更新が楽になる。
データベース的な要素も強くなって、メーカー別やらシリーズ別のページも自動生成されるようになってくれるだろう。
いちいちリンクを貼ったりする作業もなくなるし、デザインもテンプレートみたい自由にカスタマイズできるようになるかもしれない。

どちらにしろもっと勉強しないとなぁ。


最近読み出した本。

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険

新曜社 2008-10-03
売り上げランキング : 74952
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この中で「まぼろしのサブリミナル マスメディアが作り出した神話」っていう章がある。
誰もが一度は聞いたことのある実験、ある映画館で1/3000秒だけ「ポップコーンを食べろ」「コカコーラを飲め」という画像を入れたところポップコーンやコーラの売り上げが急激に伸びたという話。
これ、実はアメリカの広告屋が言い出したことで、学者が発表したものではないんだって。
まともな論文ひとつ学会に出されたことはないらしい。すなわちでっち上げだった。

「彼らがやったことは罪深いが、一方で、科学者がそのことを批判せず、実話として語り継がれてゆくのを放置することも、同じだけ罪深いことなのではないか」と著者は訴えているわけだけど、こういうのって一度ひろまってしまうと修正するのになかなか難しいものがあるよね。
血液型占いなんかがそうだもんなぁ。テレビとかの後押しなんかあった日にゃ、もう影響は甚だしい。

実際、自分が「サブリミナル効果」っていうのを知ったのは、「刑事コロンボ」でサブリミナル効果を使ったトリックがあったからで、こんなもん子どもの頃、見ちゃったらまともに信じちゃうわな。

その同じ章のところで、エリオット・マクギニスって学者の興味深い実験が載っていた。

ある単語を被験者に瞬間的に提示して、それがなにかを答えてもらう。最初は提示時間が短すぎてわからない(最初の提示時間は10ミリ秒)。しかし、提示時間を長くしてゆくと(1回の提示につき10ミリ秒長くする)、ある時間からなにが提示されたかわかり始める。これが認知閾に相当する提示時間である。提示された単語は、penisやbicthやwhoreといった口にするのがはばかれるような単語(ここではタブー語と呼んでおく)とmusicやtradeのようなふつうの単語(中性語)である。この認知閾の測定と同時に、被験者の指に電極をつけ、指の皮膚の電気抵抗も測定する。これは、心理学ではGSR(皮膚電気反応)と呼ばれているものだが、これによってそのときの被験者の情動状態(快不快、覚醒、興奮、心の動揺)が測定できる(いわゆる「嘘発見器」と同じものだ)。
 マクギニスが得た結果は次のようなものだ。タブー語は、中性語に比べ、認知閾が高かった。中性語では認知閾の平均が0.64秒、タブー語では1.20秒だった。つまり、タブー語は、中性語の2倍長い提示時間でないと認知できなかったのだ。
 ところが、単語を認知できなかった時、GSRの値は、タブー語の場合は中性語に比べて一貫して高い値を示した。つまり、両者とも認知できていないのだから、GSRは同じになってよいはずだが、そうならずに違いがあった。このことは、タブー語は認知(意識)できていないけれども、情動反応からすれば実は見えていたということになる。

鈴木 光太郎『オオカミ少女はいなかった』新曜社 2008.10.3 55p

つまり淫語みたいな言葉はふつうの言葉にくらべ、頭ではなかなか認識しにくいが、心や体の方はなぜか頭よりも早く反応してまうってことらしい。

これはこの作者も言っているように、「聞き取ってはいるんだけど、そんなことを言って間違えたら恥ずかしいと躊躇してしまい反応が遅れている」ってこともあるだろう。
いや、むしろだからこそ淫語っていうのは興奮するわけでもあるんだなぁ。

AV見ていて、最初に女の人が淫語を発するときにこの微妙な反応が見えるときがある。
その空気が見たくて最初の淫語発言を楽しみにしているところすらあったりする。

ところがだ。そこで男優が聞き返したりするよね。
聞き返してもう一回言わせたり、羞恥をあおったりするのはいいんだけどさ。
この聞き返し方が悪いと絞め殺したくなるときがあるね。

妙に、はしゃいじゃって言葉を畳みかけたり、わざとらしく声をうわずらせたりして、女性の微妙な反応が男優のテンションで落ち着いて観察できやしない。

かといって「なんでおまえそんなに偉そうなんだよ」って態度で言葉責めするヤツも腹立つしね。

志良玉団子なんて途中まではいいんだけど、ヤツは段取りを考えてさっさと進めちゃうところがあるからダメなんだよねぇ。

ingoshiyouyo2.jpg
一番好きなのは保阪順かなぁ。
とぼけている感じがよくてさ。
すっとぼけながらすぎはら美里に淫語あおりしてみたりね。

「淫語しようよ3」での早坂晃子とのやりとりなんか最高だったよなぁ。
あの掛け合いはおもしろかった。
ああいうのまたやってくんないかなぁ。
「うぶちん」はなんか違うんだなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/497-1f897c9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。