スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田さんは褒めてたけど、そんなうまい監督だったかなぁ 

次の更新データはFAプロ。
自分がFAを見だしたのは昨年あたりからで、もちろん淫語解禁になってからなわけだけど、このヘンリー塚本の描くエロスって、ある程度年齢がいっていないとわかんないんじゃないかなぁとよく思う。

んで、大坪ケムタさんがオラバウトで書いていたこの記事なんだけど、

これからは熟女+濃い企画/1
http://allabout.co.jp/entertainment/adultvideo/closeup/CU20091130A/

この1、2年でやっと一般レベルにまで認知された感ある熟女AV。そろそろ「ブーム」という時期を過ぎて、本格的な安定期に入ってきた気がします。そうなると、ただフツーの熟女AVでは目立てなくなってきます。よっぽどルックスがいいか、企画が面白いか、その両方か…。そういう空気を察知してか、これまでのような義母だの継母だの、といったベタ熟女作品から一歩先に進んだ熟女+企画作品が最近目立ちます。

これって単純に今AVを買っているのは40代-50代って話なんじゃないのかと思った。
この世代からすると、今の熟女優さんって年齢的にちょうど釣り合いの取れた人たちなわけで、実は「熟女のブームから安定期に入った」というよりは、AVを買っているのは、(一部のニッチなジャンルを除いて)中高年だけになってしまったということではないだろうか。

「義母だの継母だの、といったベタ熟女作品」は「近親相姦モノ」という特殊なジャンルなのであって、今、熟女ものがそればかりじゃなくなっているのは、自分と年相応の女優の一般的なAV作品を見たいってことにすぎないと思う。
実際、「熟女優」っていったってみんな自分より年下だからねぇ。

川上ゆうちゃんとかが熟女なんですよ。
風間ゆみねぇーさんは森下くるみと年変わんないんですよ。
というより森下くるみ自体は立派な熟女なわけなんで。

それでFAプロの話に戻るんだけどね。
中高年のエロ感覚と若い世代のエロ感覚って世代的に溝があったりしないのかなぁって思ったんだよね。
今、AVを作っている人たちって監督からプロデューサーから、みんな自分なんかより年下だったりするわけ。

自分がムーディーズを敬遠しだしたのはエロの質が落ちたからだって思っていたんだけど、そうじゃなくて自分のエロ感覚が年食っているからなんじゃないか、自分が見だした頃よりムーディーズの作り手が大幅に若返っているんじゃないのかと思いだしたんだ。これはエスワンでも感じ始めているんだけれど、雑というよりもガキっぽすぎて正視に耐えないときがあるんだよね。

若手の制作者がどんなに自らエロいと思っていても、それが実際の購買層のニーズに合わなければ売れなくなっていくだろう。その年齢になってみなければわからない感覚っていうのはどうしてもある。

だから若い作り手は「年食ったユーザーの感覚」に合わせてAVを作っていかなくてはならなくなってくる。それはまだ彼らにはわかりようのない感覚なのだから常に手探り状態になりがちだ。
あるいはエロ的に老成した作家を見つけてくるようになるだろう。

一方のユーザーの方となると、P2Pや無料動画でタダ見している若い連中は四、五十代のおっさんたちの古くさいエロ趣味につきあわされ続けることとなる。
ロリは規制されて女子校生ものは地下に潜るか、かつての衆道のように廃れていく。
時が経っても購買している層はそのまま年を取る。
若い人は「エロはタダで見るものだ」という意識が常態化し、もはや買おうともしない。

こうして20年後、AVに「超熟ブーム」がやってくる。

コメント

FAプロそしてトラウマ

時期を逸してのコメントお許し下さい。

先日、レンタル店のAVコーナーにいたら、腰の曲がった老婆が
独りで熱心に熟女モノAVを選んでいる光景に出くわしました。
なにか見てはいけないものを見てしまった心持ちになり、
その場から立ち去ってしまいましたが、研究のため(何の?)
もうちょっと様子をうかがってればよかったかなあ、とも。

それはそうと、自分は性に目覚めたときから年増好みだったので、
年がいっても初期衝動はずっとついてまわってます。なので、
年上の熟女がボウヤを可愛がってあげるいわゆるベタなパターンは
ずーっとアリなんです。そうなると問題はむしろ男優さんのほうで、
ひょっとすると自分がコーフンしてるのはむしろまーくんに
対してなんじゃないかと思うことも(笑)
話を戻すと、ベタとはいいつつ、そのベタがちゃんと撮れている、
という作品に出会うことが少なくなってるのも事実。

なにか偏見持ちつつ幾つか見たFAプロの熟女作品は、
意外にも琴線にふれるものがありました。ただ、あの
独特のパッケージ、単純に情報をサッと読み取れないのです。
よほど集中して時間とらないと棚から1本1本出して
眺める気になれない。自分は30代なかばですが、
それより上の方にとってはしっくりくるデザインなのか
というと、それはそれでちょっと疑問符も。

風間ゆみさん、肉付くもよく責め上手で、熟女痴女優として
大人気ですよね。かくいうワタシもファンでした。

ところが・・・前の職場の女上司からしつこいイジメを受け、
病気退職に追い込まれてイロイロ変わりました。
その女上司というのが、顔は黒崎扇菜さんと村上里沙さんを
足したようで、体つきと声が風間ゆみさんソックリっていう。
それゆえ、いずれも痴女優として本来ガッチリハマれるはずの
お三方の作品が、どれも見られない体になってしまったんです。

そこまでアレじゃなくても、嫌な別れ方をした元カノに
面影が似てるのでこの女優はイヤだ、っていう経験ある方は
結構いらっしゃるのではないかと。

個人的なハナシ&脱線気味の長文あいすみません。

>ひょっとすると自分がコーフンしてるのはむしろまーくんに
>対してなんじゃないかと思うことも(笑)

まーくんファンって意外といるんじゃないですかね。そういう書き込みをよく見ますよ。
吉村卓じゃないとダメって人もいますし、男優でチョイスする人は少なくないと思いますね。

でもまーくんて誰が最初にいがぐり頭にしたんでしょう。それまでは普通の髪型をしたM男優さんだったはずなんですけど、あれで需要がではじめたって感じですよね。
ひょっとしてこれも二村さんが最初かなぁ。

FAプロのパッケージは私も最初の頃、苦手でした。でもそのうち慣れてくるとこれが楽しくなってくるんですよ。昔の自販機エロ本のノリなんですよね。しかも安い300円ぐらいのやつの。

トラウマに関してはその逆もありますよ。
大して美人ではないのに自分の好きだった女性に面影が似ていてその女優さんを追いかけるみたいな。でも自分ぐらいしかファンがいないぐらいあまり人気がなかったりする。それで単体にはなかなかならずに、いつのまにか消えちゃったりしてね。
若いときと違ってこの年になってくると、そういった思い出や経験がエロに彩りを添えるんですよね。

それにしてもそのAVを物色していたおかあさんは何の目的だったのでしょうかね。単純に見たかったのか、それとも寝たきりのおじいさんのためにAVを探していたとか?
「老人の性」の問題はもっと語られるべきですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/562-90e56a8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。