スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くしないと佐伯奈々が引退してしまう 

なんだかんだいって先延ばしにしてきたマニュアルのPHP化なんだけど、やはり年をまたぐ前に決着をつけておかないと次へのステップアップにつながらないんでようやく着手しはじめましたとさ。
基本的には機械的な反復作業で、しかも350ページもあるデータを一つひとつ吟味してリンクを張り直さなきゃいけないんで、やっぱり骨が折れるわなぁ。
早くもめげそうです。

ホントは全部データベースにぶちこんで、そこからデータ取得した方が絶対に早いんだけど、ここはあえてやってみることにする。
着実に進化していきたいもんで。

次回の更新は、成瀬心美ちゃんのPREMIUMの作品ね。
相変わらず男優の淫語の反応がなってなくて残念な作品なんだけど、結局こういうのはマニアじゃなきゃわからないってことなのかねぇ。
だいたい今のAV男優って、言葉自体が面白くないんだよね。
そんでもってレイプ作品とかになると、ガキの言葉遊び程度の意味反復で本当にその女性を言葉で切り取ってくる感じが全然ないんだよなぁ。まぁ要するにアッタマ悪いんだなぁ。
「うわぁ、いやらしいっ! こんな格好して恥ずかしくないの?」とか言っちゃうのはなんなんだろうね。
いや、お前さんの貧弱な感想なんてどうでもいいし、その言葉を発することで何を引き出そうとしているのかさっぱりわからない。
もっと気の利いたことはいえないのかな。

さてとりあえず、来週中にPHP化をすませて、ボヤキのレビューをやることにしますか。
カン松の「YOGA」やって、佐伯奈々の「癒らし。」やって、あと二村さんの「新性紀」。

それでDialogさんのコメントで思いだしたんだけど、ホントは二村さんのは「エロスの新性紀」じゃなくて「オナニズム」をやってみたいと思っていたんだ。
あれって二村ヒトシが変わろうとしてドグマを辞め、いろんなことをやり始めたうちの一つの終着点の作品だったように思うんだよね。そういう意味ではこれこそ語られなきゃいけないと思うんだけど、やっぱり二村信者からは無視されちゃってるていう。

この手のAVって抜きに特化して作られてはいない。
「監督の自己満」だとなじるユーザーもいるだろう。
でも一人ぐらいちゃんと評論してもバチがあたらないんじゃないかと思う。
結局AVには評論なんて存在してないのかもしれないね。
それらしきものはライターさん自らの経験を重ねて語るようなのばっかりだもんね。

もちろんこういう抜き目的ではない作品は、レンタルが前提であるべきだと自分は思っている。
むしろ前から思っているんだけど「セル特典」があるなら、逆に「レンタル特典」があってもいいんじゃないかと思ったりするんだ。
今までセルを重視しすぎてきたわけだけど、逆にレンタル店で借りにきてくれる人たちを優遇するような仕掛けがあるとまた違った展開が起こるんじゃないかと思うんだ。
この場合、通販レンタルはだめね。ちゃんと実店舗に来てくれた人用のレンタル特典ありのAV。

そうすれば中華の人の手にはなかなか渡らない。だからネットに流出することも少なくなってくる。
意外と面白いんじゃないかなぁ。

コメント

お詫びかたがた

あずさんの件、釈迦に説法だったみたいですね(冷汗
リンク間違いと共に深くお詫びいたします・・・。

>レズAVで評判になる女優さんって、痴女プレイにも定評のある人たちばかり
まったくその通りだ、と今さらながら気づきました。
古いところから中野千夏、西村あみ、乃亜、松野ゆい・・・
ただ、あずさんの場合は(特にLezの際)「オラオラ系」ではないことが私的には貴重です。
あからさまな「責め台詞」には、どうしても臭さが鼻につき、ヒいてしまう性癖ゆえ。

S-1 専属群について、みひろサンのLezプレイなんて、仰有るとおり確かに垂涎もんですが
その前にやっぱり麻美ゆまサンでしょうねえ・・・
1回Lez撮ってみたいなんて本人も云ってますから、なんとか実現させて欲しいと思います。
ま、早い話が「一本くらいLez撮ってもいいじゃんかよぉ!」(笑)

二村氏の「オナニズム・伊藤あずさ」 やっぱし未見では話にならないですね。
一度観てみましょう。
小生も昔からの二村信者ですが、この場合、仰有るような高級な理由じゃなく
ただ「onaモノに男は厳禁・原理主義者」という単細胞な理由のみですから・・。
光夜蝶の4作品では、あずさんの他に香織サン篇もむちゃくちゃエロかったですし、
往年のダブまんを彷彿とさせる「スペレズ 妃乃ひかり/大塚咲(M's)」
(汁系が苦手な小生でもOKでした)や、AVSのふたなりモノ(冒頭の語りかけオナが秀逸)etc
すべて二村節が復活してるのは嬉しい限りで、
むしろ最近の氏にはかつての信頼度が戻ってきてる感があります。

お邪魔いたしました。

彼女はスーパーヒロインです

麻美ゆまチンは私からすると及川奈央、小室友里を掛け合わせたような強力なAV女優さんだと思っています。
ライダー1号が及川奈央、ライダー2号が小室友里で、麻美ゆまがV3と。
んで、26のひみつ技を持っていて、それがときどき炸裂するんで見ていて飽きない。
彼女は奇跡みたいな存在なので、そりゃあレズ作品をやっても間違いなくうまいと思いますね。

「ザ・オナニズム」はオナモノとして見るんではなくて、たとえば七瀬かすみ、伊藤あずさ、若林美保というAV嬢の生態を観察するような気持ちで見られたらいいと思いますよ。
私は川上ゆうさんのも見てみたいんですけど、あんまり売れてなさそうだから、たぶんもう作られないんだろうなぁっと思ったりしています。
もうちょっといろいろ工夫したらユーザーにもこの作品の見方がわかってきて、面白く感じる人も増えるとは思うんですけどね。とっかかりがなさすぎるんですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/563-435b3edf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。