スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯のデザインも苺にするかなぁ 

おっちゃんは、たった今、とても間抜けなことに気づきましたよ。
この「ボヤキの小窓」の携帯版。2月だというのにいまだサンタクロースがソリに乗って夜空を駆けめぐっておりましたよ。
これ、いつこのテンプレにしたんだっけなぁ。
ひょっとして去年の12月ですらないかもしれん。

でももう遅いので、明日にします、携帯版のデザイン。

更新予定のRioさんの新作。とりあえず淫語抜きはしたので、明日には更新できると思う。
これ3時間ものなんだよね。本来なら火曜日の今日、更新するところなんだけど1時間も増えるとやっぱりキツいね。
内容については宇佐美監督が新しいことをしようとしているのはわかるんだけど、さてどんなもんなんでしょうかねぇ。オナサポ主観が好きな人はこれで満足してるのだろうか。

それと、今回更新するアイポケ作品を買うときに、ムーディーズの新作の方も手にとってみた。もうムーディーズは中古でしか買わないと決めている淫語魔のおっちゃんとしては、それでも気になる作品が2つリリースされている。

まず「西野翔の最オナ」。
翔ちゃんはねぇ、いつも本番になると淫語が出てこなくなる傾向があって、今までの吉野文鳥演出のままだと、今回も本番中の淫語はほとんど聞かれないと予想。
もしもカラミになってからの淫語が格段のうまさで飛び出せていたなら、いろいろ工夫しただろう吉野監督を見直す。このボヤキで思いっきり褒め称える。
でももしもそうじゃなく、本番の淫語がなかったらこのボヤキでこれでもかぁってぐらいディスってやろう。

西野翔ちゃんは悪くないからね。
悪かったとしたら監督とプロデューサーのせい。
よかったら監督とプロデューサーのおかげ。
その二択。

問題は、森川監督の「叱られ淫語。」。
小林あやかという女優さんは未見なんだけど森川監督で淫語がはずれるというのは考えにくい。
あるとすれば「叱られ淫語。」シリーズとしてどうなのかってところ。
というかなんでFLAGMANにやらせないんだろう?
なんか意地になっているんですか?

いずれにしろどちらも中古で1500円ぐらいにならなければ手を出す気はない。
森川監督の方は買ってみてもいいかなぁと心揺れたんだけど、でもムーディーズにはこういう甘い判断で何度も煮え湯を飲まされてきたからなぁ。
また買ってはずれたときの自己嫌悪っていったらね。もう立ち直れなくなるのよ。
つーか、なんで買う側が落ち込む構図になっているんだよ。
ホント、勘弁してほしいぞ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/591-3172e183

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。