スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり昨日の話を書いておかないとね。 

考えてみると昨日はずっとお酒につきあわされていた。

まず前日の23時40分ぐらいに、地元の先輩から電話がかかってきて、近所のスナックにいるから出てこいと言われる。
いったん寝る体勢に入っていたのだが、昔からお世話になっていた先輩の言うことは邪険に出来ない。さっさと着替えて家を抜け出す。
目指すは住宅街にポツンとある小さな店。自分が子どもの頃からあるスナック。

着いた時はすでに0時を回っていた。
店の扉を開くとママさん自慢の大きな一枚板のカウンター。
そこに先輩と自分の知らない年配の客2人。
今年62才になるママさんに「あら、久しぶり。今年になって初めてじゃない」と軽い厭味を言われる。ママさんも酔っぱらっているようだ。

年配客の一人から「特上の馬刺し」とやらをごちそうして貰う。
「オレ、38。…20年前は」というジョークがお気に入りで、何回も連発する。
そして「若いの、喰ってるか」と40過ぎの自分に向かって若者扱いをして悦に入る。

先輩やママが歌えと言うので松山千春やアリスの曲をセレクトして歌った。
「自分の歌いたい最近の曲を歌いなさいよ!」とママには言われるが、客の知らない曲を歌って静まりかえるのもいやなものだ。それに懐メロは嫌いじゃない。
「大空と大地の中で」を何年かぶりに歌った。

「明日は仕事がないんでしょう? ゆっくりしていきなさい」とママさんに何度も言われる。
そしていつものようにママさんの苦労話をうんうんとうなずきながら聞く。
「ママさんはよく頑張ったよね~」とか言ってたら、珍しいこともある。急にママさんが泣き出したのだ。
考えてみればここまで酔っぱらっているママさんを見るのははじめて。
「ごめんね。ごめんね」と言うから「ううん、ママさんの昔話を聞くのは好きだからさぁ、もっとしゃべってよ」

それはホント。ギャンブルと女にだらしのない男との結婚生活や借金を全部肩代わりしたのちようやく離婚したこと。別れてからもその元旦那の女が裁判で訴えてきて金をむしり取ろうとした話。地元のヤクザのイロにならないかと言われて啖呵を切った話。もう何度聞いたことだろう。
「それでも私は人をだますことだけはしなかった。こういう仕事をしているけど、それだけは誇りなんだ」
最後に必ずその決まり文句を言うママさんの表情を見るのが自分は好きだ。

3時近くになりようやく店を出る。腰がふらふらになった先輩を支えて扉に手をかけると「今年、私は恋人を作るから」とママさんの声。
妙なことを言うもんだと振り返ると、恥ずかしそうに微笑んでいた。62にしては艶っぽかった。

昨日は朝から親戚の法事。
質の悪い叔父にしこたま酒を飲まされそうになったが、昼から仕事だと言ってそうそうに抜け出してきた。
軽い酩酊状態ではあったが、新宿に着く頃には酔いも醒めていた。

新宿のスナックで例の取材。
バーテンは地獄少年クンだが、そこには実録のみならいクンがいた。
二人がいてくれて助かった。ホームで試合しているような気分になり、最初からべらべら話した。
特に関西の「おめこ」淫語事情の話は、関西出身の地獄少年クンのフォローも効いて説得力が増した。ありがとうね。

対談相手は女性でビールを召し上がりながら話していたが、自分は警戒してウーロン茶だけにしておいた。
このあと彼女にたくさん淫語を言ってもらう試みがあったので、下手に酒を飲んでしまうと自分が興奮して対談どころではなくなってしまうような気がしたのだ。
この話はまた掲載が決まったらあらためてボヤキで書こうと思う。
とにかく彼女の生淫語音声はやばかった。

淫語マニアの前で生淫語を言うのは、おっぱいフェチの前で生乳を見せるようなものだ。
でもこういう感覚ってなかなか気づいてもらえない。
淫語魔、半落ち状態だったな。

100208_2015~01
その人からバレンタインのチョコレートをもらった。
久しぶりにうれしかった。
「ブログに載せてもいいですか?」って言ったら「いい」って言う。
それを聞いていた実録のみならいクンがかなり悔しがって「それをしたらF5アタックですよ。連打連打でサーバーごと落とします!」と犯罪予告をされた。

そんなことされたらかなわんから、みならいクンの新作でも宣伝しておくです。

淫尻授業 鈴木ありす
淫尻授業 鈴木ありす
まだ見てないからわからないけど、多分、淫語はないと思う。
鈴木ありすはオーロラで強制淫語を言わされているので、淫語が聞きたい人はそっち見た方がいい。

でもね、みならいクンは今回の対談の場にいたおかけで、「キンタマ・タマキン系淫語」の希少価値をじゅうぶん理解してくれたみたい。「今度の作品では言わせてみます」と言っていた。
キンタマ淫語ファンは期待に玉袋を膨らませつつ待つべし。
つーか誰を撮るのよ?

対談は2時から始まり5時には終わった。約3時間。
ようやく酒を入れ始める。

それからが長い。
なんだかんだ飲み歩いて、終電近くまで新宿にいた。
でも、すごく楽しかった。
人間、寒くなったら酔っぱらわないとね。
ただでさえ鬱っぽくなるんだからさ。この時期、ホッとする仲間と飲んで吐き出せるものは吐き出してしまうのが一番よ。

コメント

先日はおつかれさまです。

かわいいかわいいありすちゃんを紹介していただき、ありがとうございます。

いまぼくのMacのF5をみると「音量アップ」に割り振られていました。
押したら押しただけ音でかくなります……全然サーバーなんて落とせる状態ではありませんでした。

次は松坂沙耶(http://blog.livedoor.jp/matsuzaka_saya/)さんです。
きんたまきんたま言わせたいですが、得意な感じではなさそうです……

松坂沙耶は未見だけど

微妙な感じだったら無理に言わせることもないよぉ。
でもこんな感じの子が無邪気に言ってくれたらうれしいけど。

って、オーロラのサンプル見てたら淫語は言えそうな子だね。
ちょっと買ってみようかなぁ。って実録、買わんかいっ!

背面騎乗位のときの腰からお尻にかけてのしなり具合とそこから尻タブの広がり方がいいねぇ。その辺のラインが欲情をそそる。
声も悪くないなぁ。
初期の早乙女みなきを彷彿とさせるゾ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/595-c44e320e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。