スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策11 

気がついたら、昨日でサイト運営が4ヶ月目に突入してた。
4ヶ月目の今週は、訪問者(ユニーク)の数が日曜日からずっと、1000/日を越えている。
毎日、1000人以上、訪問してくれているなんてなんとも、不思議な気分だ。最初の頃は100/日超えたら、大騒ぎしてたからなぁ。隔世の感だ。

ところで、久しぶりの「SEO対策」の話なんだけど、前回、書いたとおり、"description"から「チンポ」とか「マンコ」とかなくしてみたら、Yahoo!検索では100から80ぐらいにあがった。
にらんだとおり、直接的な表現は避けた方がいいということがここからわかった。

そのあとやってみたことで、相互リンクのアクセスランキングを削った。
これで1ページ上がった。
もっとも、このせいで、ここから流れていたサイトさんのアクセスが減っているようなので、今、どうしようか悩んでいるところではあるんだけど。
特に「淫声」さんのところには、3つもリンクを貼ってくれているのでね。すみません。すぐに貼ります。

そして今週、以前、1位を取っていたときに、やってなかったことをやめてみた。
強調タグである<em></em>を削ってみた。
そしたら、なんと5ページ上がった。
「淫語 av」にいたっては1位・2位・3位に淫語AVマニュアルの関連ページがきている。

強調タグっていうのは、要は「太字にする」効果があるタグで、強調するってことはそのワードがそのページにおいて重要視されているって、SEOでは受け取られる。
それで大抵のSEO対策の本なんかには、強調タグを使った方が上位にランクされやすいと解説されている。
だが3ページ目ですよ。
50位以上もランクアップしたってことは、これがスパム扱いされていた原因ということになるよね。

もちろんYahoo!限定の話で、これによりGoogleの方が気になるところだけど、とりあえず、Yahoo!では強調タグの使い方は気をつけた方がいいということだけはわかった。
実際、Yahoo!を見てると、「淫語」でのワード検索で、ほとんどテキストのみのページが、上位にあったりして、巷間、いわれている「SEO対策」は、ことYahoo!に関しては疑ってみた方がいいようだ。

でもおかしいんだよね。
そもそも、強調タグ使ったのはYahoo!のジオの会員メールで書いてきたことなのよ。
そこにSEO対策のことが触れてあって、使った方がいいとか解説されていて、前から知ってはいたんだけど、それをきっかけにはじめてみたわけで…

まっ、SEO対策は、完璧にGoogle対策とYahoo!対策に分けて考えていかないといけない、ってことだ。
解説本には、「とりあえずGoogleに焦点を合わせてSEO対策をしろ!」って書いている本があるから、みなさん気をつけてね。

そうそう、今度はね、トップページを「HTML→XHTML」にしてみたらどうなるかやってみようと思う。
XHTMLはSEOに影響があるのだろうか?
SEOはおもしれえーな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/61-43fbb774

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。