スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロロン いんご魔くん 

おおやっと、Yahoo!検索で1ページ目に表示されるようになった。
Googleの方は「淫語」で検索すると1位をキープし続けていたのだが、Yahoo!は昨年からずっと嫌われ続けていてずっとこさ悩んでた。
でも前はYahoo!もずっと1位をとっていたわけで、なにが問題なんだろうとことあるごとにSEO対策らしきことをいろいろやってきたんだけどずっとYSTは圏外。
はっきりいってあきらめてましたよ。ええ。

でも先週、更新をするときにまだクリーンインストールしてから環境設定が整ってなかったので、あらためて手順を一つ一つ確認しながらをやっていったら、「前はこれをやってたんだよなぁ」と思った設定があることに気づいた。でもすごく些細なことなのでまさかと思いながらも一応やってみたところ、きましたきました、1ページ目にちゃんと帰ってきましたぜ。

えー?! そんなことなのぉー

と、思わずさっき自室で叫んでしまいまった。

まぁまだ本当のところはよくはわからないから様子見だけど、今日はまた更新をしたので、それでどうなるかだよね。

昨日はHanaさんとあることで何回かやりとりをしていて、非常にタメになった。
かわいいですね、Hanaさんは。でも森下くるくると年がそんなにかわんないのか?!
かわいいって言っちゃ失礼だね。

自分は上野千鶴子の「おまんこがいっぱい」というエッセイを読んでから、「女性と男性ではエロは非対称」ということにこだわっていて、「それはどのあたりが非対称なのか」、またそうだとしたら「それはいかなる理由によるのか」ということをちょくちょく考えるんだけど、そういう意味ではレズビアンの人がAVを見てどういう反応をするのかというのは興味のあるところなんだね。

でもHanaさんと自分とでは大きな違いは見いだせなくてさ。
むしろ彼女の男性ユーザーに対する不満などは、自分も同じような思いを持つことがある。
もちろん自分は男として男性ユーザーの意見をまったく理解できないわけでもない。

女の人に「淫語のエロス」を説明するとき、単純に「おまんこ」「チンポ」だけではそのエロは伝わらない。やはりどういうシチュで、どういう流れの中の台詞なのかという話をしないとわかってもらえない。
自分は淫語そのものも好きではあるし、それが脈絡無く出てきても興奮できるわけだけど、どうせ言葉を扱うならやはり1つの文脈の中で効果的に使われてる方が興奮するわけで、自分が淫語AVに求めているのはそういうこともおおいにあるのだ。
淫語の文脈の部分は女性的エロス、単語としての記号のところは男性的エロスで、「言葉のエロス」を扱っていくとそこがクロスオーバーするんじゃないかと思ったりもする。

Hanaさんはこんなことを書いてよこした。

同性愛者とAV女優さんは、少し、近いんじゃないのかなって、共感する部分がある。

その文章からしばらく目が離せなかった。
それは自分も同じ。自分が一番つらかったとき、AVを見て過ごしたのはそういうことだったのかもしれない。
確かに自分を重ね合わせる部分がなければ、ここまでAVにのめり込んではないよな。
だからだ。あるAV女優が死んだとき、あんなに切なく思えたのは。

なんとなく「えん魔くんの唄」が聞きたくなった。
この頃すでに中山千夏は「おまんこ」と言いまくっていたわけか。

コメント

くるみさんは、初めてファンになった女優さん・・・

女なのに、AV観るって、なんなんすかね? ( ̄(エ) ̄)ノ

AVを観てるとき、男の人になった気持ちで見てるつもりはないし、レビュー書くときも、男性ユーザーのために、男目線で書く気もさらさらなくって・・・。なのに、男の人が言うみたいに、「モザイク濃すぎや~、もっと、サービスしろ~~」とか、毎日、嘆いている。(笑)
でも、AVから一歩離れて日記を書くときの自分は、きっと、フツーのレズビアンで、女(っぽい)私なのかな・・・? 
ネットだと、よく、ボーイッシュなタチって勘違いされるんですけど、実物は、ぜーんぜん違って、フツーに、スカートも履くし、えっちも、どっちかって言ったらネコだし。e-465(笑)
レズビアンで、男女関係で言うところの男の人と同じ役回りをすることもあるから、エロのときは、男性寄りの脳になっちゃっているのかな~とか、でも、友人たちは、そんなことないしな~とか、いろいろ考えます。 ( ̄(エ) ̄)

これって、なんなんすかね・・・?e-351(笑)

前に、オナニーの話をいんごまさんにさせてもらって。
私は、AV見て、オナニーをしない人なんだけど、でも、男性の人は、「ここで抜いた」とかってよく使う。レズ好きの人でも、よく言われるんですけど、私は、しない。これって、AVの間違った見方(使い方)をしているんじゃないかな~、って、ときどき不安になるって・・・。

一般のフツーの男女ものAVを好む男性は、自分を男優さんに置き換えてみる人が多いそうですね?
だから、男優さんが、あまり画面に映り込まないように撮られているって。レズ好きの男性は、どうなんだろうって思うところだけど、そこは、いろいろで・・・。自分が女になったつもりで、同じように女優さんに・・・って見る人もいれば、自分の入る余地のない女同士のセックスを眺めているのがお好きな人も多いみたいだし。単に、女同士が、激しく絡み合うのや、綺麗な女同士が絡みあうのにエロスを感じるというビジュアル重視の人もいたりして・・・。
これ、レズビアンの人にも、いろいろみたいで、片方の女優さんを自分と置き換えて見る人もいますし、女の子の場合は、タチネコの感情移入がコロコロ変わるとも言うー。そういえば、女の子は、私みたいに、AV見てオナニーしないと思ってたんだけど、聞いてみたら、ちゃんとするって。(笑)

AVで、オナニーしたいってときって、興奮する映像とき?
それで、自分の身体を使って、観ながら、自分が、されているみたいに(しているみたいに?)シコシコするんですよね?
私の場合、魅入っちゃって、そんな気にもならないけどな~。ちょうどいいところで、観ながら体を弄るなんて、余計に無理。いっぺんに同じことが出来ないわ~・・・。・・・自分、不器用なレズビアンですからe-320(笑)

そういえば、レズAVには、「貝あわせ」って言う、オマンコとオマンコを擦り付けるプレイがあって、私が、AVブログ始めたときに、一番最初に男性の方に聞かれたのが、この「貝あわせって、気持ちいいんですか?」ってやつでした。これ、今でも、たまに聞かれます。
でも、実際に、したことある友人が少なくて、これって、エロ漫画や、官能小説の世界で始まったモノなんじゃないのかな~って。私も、何度も聞かれるから、本当に気持ちいいものなのかと、彼女とチャレンジしたくらい・・・。( ̄∇ ̄;)
レズ好きユーザーの人で、「貝あわせこそ、レズプレイ!」みたいに言う人も多いんですけど、私たちからしたら、「貝あわせは、AVの中のレズプレイ」って感じなんですよね~。(・・∂)

知らないことを知りたい欲求が、興奮と結びつくって言うのもあるのでしょうか?

ちなみに、私の、めったにしないオナニーだけど、したくなるときは、強烈なインパクトの今でも忘れられないドエスだったモトカノさんか、小説を使うことが多いかな~。( ̄▽ ̄)ゞ
AVよりも漫画よりも小説。もちろん、それは、レズですけど。
私の場合、「オマンコ」とか単語にそれほどの興味はないけど、言葉責めは大好きv-238
そのドエスなモトカノが、羞恥プレイや言葉責めの巧みな人で、こんなんになっちゃった。だから、いんごまさんが言うこともすごーく分かるんです。たとえば、最中に「“オマンコ”を触って」って言わないと触ってくれない。これ、何度となくさせられていたんですけど・・・。でも、その単語を言うのに、拒否感がある。恥かしくて言えないし、言うのを期待して待ってるのを見るのも嫌で、素直に言うのは悔しいし、恥かしいし、でもして欲しいしで、グチャグチャになる。(笑)
そんな私の性格をすべて見越して、彼女は、ものすごーく上手に、私をノせて言わせるんです。それは、言葉だったり、視線だったり、体温だったり、ポーズだったり、たまに・・・小道具だったり?
その頃は、なんて意地悪な女なんだろうな~とか思いながらも、でも、言わされてすごーく興奮している自分もいたりして。自分が、“オマンコ”を言うことじゃなくて、単語を言わされるまでの、そのやりとりに興奮しちゃう。だから、AVの監督が言わせる絡み中の台詞みたいなものが好きじゃないです。それは、言わされた言葉で、生きた会話じゃないから・・・?
いんごまさんが、よく言われる言葉ですねw

なんで、二人でしているセックスに第三者が混じるのかが分からない。
ある程度の流れの演出は、大事だと思うけど、始まっちゃったら、演者に任せるものじゃないのかな~って。
いんごまさんも絶賛の私も大ファンの桐原あずささんは、たくさん、レズものに出ているんですけど、同じ作品には見えない。相手の女の子次第で、カメレオンのようにいろいろ変わるんです。それが、すごく面白い。

いんごまさんと、お話させてもらうと、私も、共感できる部分がたくさんあります。
男の性も、女の性もそんなに変わらないんじゃないのかなって思ったりして。

AVは、映画やドラマにはない、人間ぽさが感じられて、裸になるせいなのかな~。そこに惹かれる。スカウトされて入る人もいれば、自分から志願してくる人もいて、その中にも、お金がどーしても必要でな人もいれば、気軽な感じに入ってきて、爆発的に売れちゃったみたいな人もいるだろうし・・・。
最近は、年下の女優さんが増えてきてしまっているんですけど、でも、どんな女の子でも、いろいろ、恋愛経験してきて、人生経験して、いま、カメラの前に立っている。「可愛い」とか「綺麗」とか「おっぱい大きい」とか、個々に魅力な部分はあるけど、みんな脱いですることは、一緒で・・・。でも、同じには見えない。レズものみたいな特殊なジャンルになると、より、それは思います。結局は、女の子が好きで、いろんな女の子のことを知りたいから見てるのかな~~。

その個性を消してまで、自分の想像の女を作ろうとする監督(男の人)が苦手で、いつも、ブーブー文句言っちゃう。(笑)

私が、ファンになる人は、みんな、それぞれ、自分の世界を持っている人で、エロと言う仕事でも、真剣にやっている、そういうところをリスペクトしています。リスペクトしている人に、共感するとかって、失礼ですかね?(´・ω・`:)

なんか、呼ばれたような気がしたので、こっちに来ちゃった。いつもながら、淫語とぜんぜん関係ない話を長々とすみませーんv-436

今日は急用が入って

なんともさんのイベントに行けなかったです。残念。
現地にはレズバトル最高さんが来ていたみたいですよ。

私も官能小説でオナニーしていた口なんで、もともとエロのテキストで興奮できる体質です。音声だけでもおかずになります。

今のAVってそういう話の流れがあまり重要視されてこなかったんですよ。
言葉のやりとりは語られなくはないんですけど、そこを意識的に追求している人は今のAV業界には本当に少ないと思います。

今は「貝あわせ」が象徴しているように「見た目のエロス」なんですよ。
顔射とか潮吹きとか画的に「破裂」している動きか、手コキやパイズリのように「擦りあわせ」ているもので興奮する方向になっているんですね。
最近のドグマなんて「ゲロ」と「スカ」ですからね。どんだけ破裂してるんだと。
自分も男性ですので、そういうエロはある程度は好きなんですよ。
でもそれのみでの作りだとおかしいと思ってしまう。

私は、女の人と心を通わせあうには「言葉」しかないと思うんです。
実際、言葉の選択や、同じ言葉でも順序やタイミングで誤解させたり、気持ちを萎えさせたりすることがあるし、逆にそれで女性の心をうまくすくい上げられる人もいるわけです。
言葉は流れですから。意識の流れとかタイミングとかは大事ですよね。物事には順序ってものがあると思うんですよ。

そういうところでHanaさんとは似ているのかなぁと思ったりするんですね。

でもHanaさんはビアンさんである前に、やっぱり一人の個性をもった人格なんですよね。決してビアンを代表しているわけでもないし、AVを見る女性を代表しているわけでもない。
「Hanaさん」としての独自の観点でAVを見ている。それを毎回読んでいろいろ思う。

あとたとえば桐原あずささんの話をするときって、要はAV女優としての話ではなくて一人の女性の魅力について語っちゃいますよね。そこが面白いんだろうなぁと思います。
基本的に女の人のことを語るって面白いんですよ。

そういう意味で「女性の魅力を一番表現しているのはAVだ」ってなれば、AVは今よりももっと面白く、もっと豊かになるんじゃないかって思います。
そしてそのときはきっと今以上に女性がAVを見るのが当たり前の時代がやってくるのではないか。

今だって男性だからってみんながみんなAVを見ているわけじゃないです。
今のAVは本当に、偏り過ぎなんですよ。
それはずーっと思っています。

だから一般ユーザーのブロガーがもっと増えれば、ちゃんとしたメッセージがメーカー側に送れるんじゃないかなぁって思いますよ。
「レズAVなのになんで男が出てくるんだぁ」とか「ぺニバンはいらんだろう!」とかね。浸透しているようでまだまだですよね。

それだって「フタナリ」みたいなちゃんとした文脈があればまだ納得できるかもしれませんが、そういうところに見境がないから反感を買うんですよね。

がんばりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/625-6f44cb0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。