スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫語は男性的 

んでは、昨日の続き。 アダルト検索一発サーチさんのブログに

それに比べて「淫語AVマニュアル」はモロ男性的。男性的過ぎですw

あまりに対照的で笑ってしまいましたが、男はエロ擬音や隠語って好きなんですよね。本能で。
なので男性が官能小説を書くと「オマンコ」やら「ぐちゅぐちゅ・・にゅるん」とか「ドピュ!」といった表現が多くなります。多くなりすぎw

って書いてくれてね。
昨日も書いたけど、この意見にはおおむね同意するのね。 確かに女性の書くエロには、あまり淫語や擬音は使われてなかったりする。
ちょっとキレイな書き方をする人が多いみたい。

だけど、だからといって女性が「淫語」や「擬音」が嫌いというわけでもないってことも補足しておきたいんだよね。

女性は大抵、淫語を嫌がる。
なかなか言いたがらないし、拒絶反応もすごい人がいる。
淫語を言わせるのはホント、苦労する。
ようやく言っても、続けて言ってくれない。
しょうがないから大抵は、強制淫語
強制だから、ボキャブラリーも少ない。その前に怒りだしたりすることもある。
うるさいって。

だけど、そのへんをなんとか乗り越えて、女性の方が言い慣れはじめると、その時の彼女たちの淫語はすごい。
もともと女の人の方が男よりも言語感覚がするどい。だからとっさに出てくる淫語は男より女の方が饒舌。
男も頭でそれなりに時間をかけて考えれば、気のきいた淫語セリフは思いつくだろうけど、その場の流れでのアドリブ淫語となるとそうはいかない。

その点、女の人の淫語はすごい。
もともと脳梁が男よりも太いっていうしね。
淫語のうまい女とは、口喧嘩じゃまず敵わない。ウソもそうだけど。

これは淫語ビデオ見ててもそう思う。
ゴールドマンの淫語はどうしてもワンパターンだけど、風見京子・杉本まりえクラスの淫語女優となると、次から次へといろんな表現が飛び出してくる。
擬音なんかも、ゴールドマンなら「グチョグチョ」って言葉ばかり多用するけど、風見さんは「グチョグチョ」から「グショグショ」「グチュグチュ」「クショクショ」といろいろ言い出す。

でも、女性は「淫語」に対して、男以上にものすごく下品なイメージがあるんじゃないかと思う。
以前紹介した金原ひとみも芥川賞をとった『蛇にピアス』の時から淫語を使っていたんだけど、彼女の「オマンコ」表現は、ちょっと卑下した感じの、でも掛け値なしの自分を表現しているように思える。 『アッシュベイビー』の最後の言葉も

悲しすぎて、私はもう涙がグダグダで、マンコも泣いて

で終わっている。

だから女性の淫語はどこか「卑下している性」と直結しているんじゃないかと思ったりしている。
それでその「淫語」をバンバン言うことは、自分の中のドロドロした性欲を解放するような気持ちになるんじゃないだろうか?
淫語好きの女性って少ないけど、一端好きになると、男より淫語に関して、どん欲になってたりするのはそのせいじゃないかと。
つたない自分の経験だけど…。

昔、なかなか膣ではいけない女性とつきあってたことがあるんだけど、彼女に淫語を言わせるようにし向けてみたら、途端によがるようになったことがあった。「淫語」ってそういう非日常の入り口みたいな作用があるんだと自分は勝手に思っている。

そもそも「淫語」って言葉なわけでしょう。
言葉って、直接、深層心理に働きかけることができるんだよね。
だから「淫語」はSEXにおいて、自己の中に潜む「淫蕩で下品な性欲に身を任せることへの恐怖」から解き放たれるツールになるんじゃないかなぁと思ったりして…。

まぁ、結論はね。
女性は本能的には男より淫語が大好きだと思うよ。
ただ、それを言うきっかけがないだけ。

コメント

私は昔女性ばかりの職場にいたんですが、
あくまで私の見解ですよ?
淫語に関して女性は、「正直なんとも思っていないが、恥ずかしいふりをしていなければ社会ではやっていけない。」と思ってる人が多いと思うのです。

なので女性の小説サイトでは、自分自身興奮する要素ではないという人が多いのではないかと考えています。

「ただいマンコ」「いただきマンコ」「暑くてマンコびちょびちょだぜ」「ちんぽ~ん♪」
こっちが照れますw淫語大好きなのは間違いないですが、なんか違うw


男性は視覚・聴覚・感覚を全て興奮に結び付けていきますが、
女性の場合、同じく全てを興奮に結び付けていきつつも、別にひとつ冷静な考えというか脳みそを持っていると考えています。
(口喧嘩で興奮してても次から次へと言葉が出てくるのはこのためかと)

女性で淫語で興奮出来る方は、脳みその切り替えや使い方が上手な人なのではないかと思ってます。

なので、頭のいい女性は淫語攻撃が効く。
ただ「それがどうした?」という女性特有の冷静な部分も併せ持ちつつ・・
・・のような気がするわけであります。

あくまで私的な見解ですからねw
もちろん人それぞれ、私はそんなことはないという人もおりますので、統計的な話で考えてみてということであります。

関係ないですが、淫語の基準も人それぞれですよね。

昔、「腋毛」「腋の下」という言葉に反応する女性がいましたw
とてつもなくいやらしく思うそうです。
「ワッキー」がブラウン管に現れるたびにハァハァしてたりしてw

>一発サーチ管理人さん。
コメントありがとうございます。

「正直なんとも思っていないが、恥ずかしいふりをしていなければ社会ではやっていけない。」

というのはわかる気がします。
私はある女性にこれとは少しニュアンスが違いますが、似たようなことを言われたことがあります。

くわしくはまた書きたいと思います。
私の実体験もサンプル的には少ないので、本当のところはどうなんだろうなっていつも思います。

またいつでも遊びに来てください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/64-cda658c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。