スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でもホントお似合いのカップルですよ。 

昨日は真咲南朋さんのウェディングパーティーがあってお呼ばれした。

実は直前に祝辞をやってくれと頼まれたのだが、昨日は緊張を解きほぐすためにと酒をがぶ飲みしてしまい、祝辞を読む頃には相当出来上がってしまった。
一応なんどもリハーサルしてきたのだが、肝心の本番は途中で何をしゃべっているのかわからなくなってしまって、完全にセリフが飛ぶ。

シドロモドロ。
右往左往。
立ち往生。
醜態を晒したような気がしなくもないが、酔っ払ったせいもあって祝辞が終わっても自己嫌悪に陥らずそのまま酒を煽り続けた。

そうこうしているうちに「いんごまさん。2等です」とか言われて再び前の方に呼び出され、Wiiを手渡された。
なんかの景品が当たったらしい。だがもうこのあたりは完全に記憶が断片化している。

しばらくたって神崎レオナさんを紹介される。
だが何をしゃべったのかあまり覚えていない。彼女からものすごくプライベートな話を聞かされたような気もするんだが、あれは本当に彼女から聞いたことだったのだろうか? それとも別の人のうわさ話か。
ただやたらキレイなお嬢さんだったことは覚えている。
今思うと個人的に聞きたいことはいっぱいあったのだが惜しいことをしたかもしれない。でもゴールドマンのときもそうだが、あこがれの人と出会ったときは酔ってなくてもそんなにべらべらとしゃべれないものだ。たぶんチャンスはまたあるはずなんで、そのときあらためて聞くことにしよう。

もう一人、加藤ツバキさんとも話した。だが今あらためて記憶を呼び覚ますと「加藤さんって熟女ものばかり出てますよね。なんでなんでしょうね? こんなお若いのに」みたいな、当人としたらどう答えていいのかわからないような質問をしてしまっていたような気がする。このあたりは人事不省につき記憶が定かでないのだ。
もしもものすごく失礼なことを言っていたらごめんなさい。

そしてこのパーティーではついに尊敬するラッシャーみよしさんとお会いすることができた。
いやー、これがとても楽しかった。

最初こそアウダースの雌女・熟雌女の裏話などを聞かせてもらったていたのだが、途中からドストエフスキーの話で盛り上がりだす。
2次会のカラオケでは周囲が大音量で歌をがなりまくるなか、お互いの耳元に口をつけるようにして、ドストエフスキー文学における性愛を熱く語りあうのだった。

楽しい。ちょー楽しい。
おかげで完全に酒毒に犯されていたはずの脳ミソが覚醒しはじめましたよ。

ラッシャーみよしさんは「ドストエフスキーはものすごいド変態ですよ!」と力説する。
世間の学者たちはドストエフスキーの変態的な性愛についてまとも向きあおうとしてないとも言う。

そうなんだよね。世間の学者さんたちは世の中に存在する性的嗜好についてちゃんと語れる人が少ないんだよね。AVを見てもっと人間の性愛の奥深さを研究したほうがいい。

ああ、楽しい。
「この二人、こんなところでドストエフスキーなんかを語ってるよ」と周囲から中傷されてもかまわず話を続ける。
いかにドストエフスキーは普遍性をもった変態か。
そしてどれだけ偉大な作家か。

みよしさんのエロに対する眼差しも自分と重なるところがあって共感しまくり。
エロの探求者はこうじゃなきゃな。

みよしさんとならずっと話していられそう。
またそのうち会いに行くんだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/641-068cfc0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。