スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと「淫語魔」を立て分けなきゃ 

淫語マニュアルの方をやっと更新できた。
今月は今日がはじめてなんだね。もう11日もたっちゃってますよ。まずいなこりゃ。

滞ってしまったのは先週体調を崩した上に風邪を引いてしまったのが一番でかいのだけれど、今日、更新した志保がサポート アナタのオナニータイムもネックにはなっていた。

志保さんに関しては、以前より表情がやわらかくなって今の方が断然いいと思う。
昔は能面のような顔を見せるときがあってちょっと病んでる感すらあった。
それが今は「腹が据わっている」というか、AV女優としての覚悟みたいなものを感じる。清々しい印象を受けるんだよねぇ。
だから引っかかったのは、志保さんじゃなくて作品の方ね。

このシリーズ、以前は120分モノだったのに、最近は180分が当たり前になってしまった。
値段も一緒ってことなら長いのはお得感もあっていいんだろうけど、コーナーごとを見ていると間延びしていてややまとまりに欠けている気がする。
ただでさえ主観作品は構図が似たり寄ったりになるわけで、そこを宇佐美監督はいろんな小道具を使ってワンパターンにならないように構成してくるわけなんだけど、今回のはいまひとつキレがないように思った。

マニュアルでも書いたけれど、たとえばニオイをテーマにしたコーナーなら徹底的にニオイということにこだわった展開にすべきと思うんだけど、それがコーナーの時間が長いせいか、途中で「ニオイ」のことがどっかに行ってしまう。そして他のコーナーと同じような展開を見せてしまう。

でも基本的にAVってやることが決まっていて、フェラするかセックスするか、指マンするかクンニするか、電マ使うかローション使うか、みたいなことになっている。コーナーが長引けば長引くほどその基本型に収斂されることになるから結果的に似たようなモノになっちゃう。

だからこそオナサポ系の作品ってコスプレ色を強くしたりしてシチュでの差別化を図るんだけど、今回はコーナー間につながりを持たせていたので、そういう形での色分けがしにくかったんじゃないかと思った。

もっともこんなことは宇佐美監督ならじゅうぶんわかっていることだろう。ものすごく優秀で勉強熱心な監督さんだから、きっとまたいろいろ工夫してクリアしていってくれるに違いない。
問題はそこではない。それを紹介している淫語マニュアルの方だ。

淫語AVマニュアルもいろいろ変遷があって、記述する内容も徐々に変わっていっているんだけど、今は淫語のカウントとともにプレイ内容も書き添えるようにしてある。
これはどんなプレイの流れで淫語を言っているかわかった方が親切だろうということで始めたんだけど、今回プレイ内容を書いていて、「これって淫語AVユーザーにとって、そんなに必要な情報なのかなぁ」って思ってしまったんだよね。

むしろ特徴的なプレイがあれば本文の中で言及すればいいわけで、ここは無くしてもっと簡素化した方がすっきり見やすくなるんじゃないかと思った。
実際、他のAVレビューサイトでも内容を詳しく書いている人がいるわけだけど、自分はあまりくわしい内容のところまで読んではいない。
それよりどんな台詞があるのかばかり注意してる。

つまり一般のレビューサイトなら内容を詳しく書くことで、あとは訪問者が自分なりに必要な情報を抜き出せばいいわけで、それはそれでありだろうと思う。
けど、淫語AVマニュアルは基本的に淫語好きの人がくるサイトだからそんな気遣いはいらない。そもそも一般ユーザーはそんなに来てないでしょ。

もうすぐマニュアルも紹介作品が400に到達するんだけど、あらためて自分のサイトのコンセプトを確認しているところ。
もっとマニアックになってもいいなぁって思い始めている。

一般のAVレビューはボヤキに書けばいいし、最近はWEBスナイパーでも書かせてもらって、そこでは本当にすばらしい経験をさせてもらっているからね。
それもデカいんだよな。マニュアルとの距離ということで。

まぁそんなことを考えているわけなんです。
いろいろ見直さないとね、淫語マニュアルも。

コメント

AVの長さ

そういや今AVの時間の長さ、すっげー長いの多いですよね。
昔は45分とかせいぜい60分程度。
80minとかケースの裏見て「おーお得w」とか思ってたものです。

この現在の状況って、DVDに移行したというのもあるでしょうけど、「周りも長いからこっちも長く」でこうなっちゃったんでしょうか?
プロレスでいうところ、パイルドライバーで試合が決まってたのが、周りがどんどん過激な技を繰り出すようになって、引くに引けない状況になってしまったみたいな(笑)

それとも動画サイトなどからとの差別化なんでしょうか?
あちらはまだ60分前後が主流ですし。
最近は80分近くの動画がカリ○アンにも上がってますけれども・・。

モザ有りの露出AVなら500分とかもありました。
いやもう、AVも2時間越えるときついですね(^^;
ましてや500分て(笑)

その辺のところ、淫語魔さんなら何か知ってるのではとコメント残してみました。

媒体によるかも

むかしは単純にVHSでしたから60分とかは当たり前でしたよね。
今でもドラマものAVでは80分はふつうにあります。

私は8時間の作品をレビューしたことがありますよ。
もちろん淫語の数を数えるんで早回しはできない。
あれはさすがに何やってんだろうと自分でも思いましたね。

長くなっているのは詰め込むとお得感があるからでしょうね。
上野のアメ横方式みたいなものでしょう。
実際、よろこんでいるユーザーもいるみたいですよ。
私はあきらかに錯覚だと思っていますが。

もんだいはこれからDVDでの販売が縮小傾向にあるってことでしょう。
特に無修正モノはどんどんダウンロードが主体になっています。
そうなると詰め込みではなく、サーバーや回線などの物理環境での適正の長さってことになるんではないでしょうか。
さらにPCで見ると言うことであれば長時間見るというより、民法のテレビのように短いコンテンツをたくさん作っていくようになっていくと思います。

表のビデオもいずれはWEB配信を前提のコンテンツにしていくでしょう。
今、エロビデオではあまりお金をユーザーから吸い上げられないので広告を取るところもでてくる。そうなるとますます短くして切り売りするような気がしますね。
すでにそういう動きをしているところもあるようです。

あとは3DとかブルーレイとかHDとか、どういうふうに動いていくかですよね。
でもAVショップやレンタル店はますます厳しくなっていくだろうな。

早送りなしで8時間(笑)
編集したりモザ入れする方も、完成したら泣きながら花束とか贈呈してそうな長さです。

レンタル店は厳しいみたいですねぇ。
前に勤めていたんですが、今は客足自体もですけどレンタル自体の単価も下がって、ヒーヒーいってました。

前にブログで書きましたけど時間を長くするよりも、選択ボタンで選んでデートとかエッチとかできるようなのがあると嬉しいんですけどねぇ。
ダウンロード形式じゃ味わえないような、選択型エロFLASHのリアル版のように。
会話の流れによっては露出プレイに進んだり、SM系に進んだり、はたまた純愛を貫いてみたり、彼女が目覚めて淫語連発で顔面騎乗してきたりと。

それなら延べで8時間だとしても十分納得できるんですけど。
レンタルじゃなく、買って手元に置いておきたくもなりますし。

そういや3Dはどうも目がきつくてダメでした(汗)
あれってみんな楽しめてる・・んでしょうねぇ・・うーん。

>選択ボタンで選んでデートとかエッチとかできるようなのがあると嬉しいんですけどねぇ。

そういうビデオはいちおうあったんですよ

桃太郎出版から出ていた「if」シリーズがそうだったかなぁ。
あとほかにもあった気がするんですけど、記憶が定かでなくて。

いまAVを買っているようなユーザーって意外と保守的なんですよね。
エロゲーではさんざんやっている手法なんですけど、実写の方ではそういうのはいらないみたいだなぁ。

いずれにしても仲介業みたいな仕事はどんどん減っていって、コンテンツをもっているところが直接ユーザーに売るってことになっていくんでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/675-512a04da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。