スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月中にあと4本ぐらいは更新しないといかんだろ 

乱丸の「イク時はヤベえヤベえ!」をアップする予定だったけど、よくよく数えてみたら淫語自体の数は(おちんちん3 チンポ27 おちんぽ1 おまんこ4 マンコ14 チンチン1 チンコ11 タマ1 クリ6 精子4 ザーメン3)の75回11種類と推奨するにはあと5回ほどたりねぇーなぁと思って悩んだ末、あらためて別のを見ることにした。

でもこの作品自体はスナイパーにも書いたけどよかったよ。ギャル好き。淫乱系の淫語好きの人は見てもそんなに不満にはならないと思うんだよね。

一応、淫語例もあげとこう。

ああ、おまんこきもちいい。おまんこきもちいい。

ああっああっああっ、入れて、ハァ、入れてチンポ、チンポ入れて。ハァ、アッ、チンポぉ、入れて、ハア、チンポぉ。

めっちゃマンコの味すんだけど、ああっー。ほらぁ、ここ。ここマンコの味する。ふふんっ、受ける。

いれて、チンポほしい。まだぁ。ああほしい。

ああっやっばっいーー。あっあっあっ、ああっああっ…。あっあっあっああやばい、マンコやばいマンコやばいマンコやばいマンコやばい。ちょっとぉ…、ああやばいんだけど、ああ、ああっ、あぁきもち、ああいちゃういちゃういちゃう、あっちょとまっ、あっああぁああいっちゃーう、あああいくぅーーーー!

ここまで書けばマニュアルに載っけるべきって感じもするんだけど、淫語マニュアルとしてはなんとなく中途半端かなぁと思ってしまってね。
乱丸には他にたくさん淫語を言いまくっているのもがあるからね。それを載せずにこれを載せるのはいくら更新が渋りがちとはいえよくないなと。

んでさっきようやく淫語抜きしたのが旧作なんだけど森川圭監督がS1で撮った米倉夏弥ちゃんのヤツね。
見ながら、「これよ、これ」って思っちゃった。

この調子で400番目の作品も今から淫語抜きしようと思う。
これも旧作だな。
そのあとは雌女やって中出しソープやってって感じかなぁ。

とにかく今週は更新がんばりますよ、ええ。

コメント

最近の淫語中出しソープ

今までの淫語中出しソープって感覚的に
奇数:ちんぽメイン 偶数:おちんぽメイン
って感じだったのが直近2作って最初の「ご案内しますXXさんです~お部屋に~」
というシーンで「おちんぽ」があって期待するとメインのチャプターが「ちんぽ」…orz

とがっかりしてたんですが、中でもおちんぽあったんですね…数は少ないですが。

まぁ実際におちんぽメインであったりしても、
生系の表現=「生チンポ」固定
ガマン汁表現=「チンポ汁」固定
だったのでおちんぽ派的にはちょっと微妙な作品になったかなぁ…。

自分みたいな人の嗜好を購買層と仮定するのであれば
生系=生「の」おちんぽ
汁系=「おちんぽ」汁
としてくれるだけで神作品になるんだけどなぁ…。

2chにも名無しで書き込みましたが水元ゆうなのおちんぽを久しぶりに聞けたし
まぁガマンしますけど。

遅くなりました

2ちゃんねる、家のPCだと全然書き込めないんですよ。
私と同じIPの人で悪さをしている常連がいるようで。

おちんぽはときどきたくさん言う人が出てきますね。
淫語中出しソープの場合は加藤なおさんがよく言ってましたけど、最近は麻倉憂がいちばん多かったかな。

アドリブで淫語を言わせるのが増えてきたので、そうなると事前で打ち合わせしていても忘れちゃったり、かんじゃったり、いろいろあるみたいですよ。
これはまだ確認しきれていないんですが唇をあまり動かさないしゃべり方をする人は比較的言ってるような気がしますね。

今度からそのへんも気にしながら見てみますね。

麻倉憂は淫語魔さんの記事を見てさっそくレンタルしましたw

アドリブかぁ…響きはいいけど、女優にぶん投げてるだけのような
そんな感じもしてしまいますねぇ…。

最近横山美雪のゴージャスオナニーサポートを見たところ
全編「おちんちん」となってて、今までのゴージャスって
ちんぽorおちんぽじゃなかったっけ?と。
#横山美雪が普段どの淫語を言ってるかわかりませんが。

まぁ女優にまかせたアドリブ淫語は言いなれているから
自然な演技になるという利点もあるのかなぁ…という気もしますが。

そこがねぇ

今のAVの現状だと構造的に時間をかけて演出するってことはほぼ無理に近いケースもあるんですよね。

たとえば大手のメーカーだと監督が実際に女優に会えるのは撮影当日。台本もその日に渡す。しかも1日撮りで勝負しなきゃならないなんてこともざらなんですよ。それでなにが出来るのかってことなんですけどね。

私はここ最近作り手側の人たちに近づきすぎてしまってましてね。
その辺の事情もだんだんわかってくるようになりました。
でも一ユーザーであることは変わりなくて今だってAVを買ったり借りたりして見ているわけなので、当然3000円なら3000円の対価に見合うものじゃないと腹が立ってくる。だから文句は言わせてもらう。

昔、SODに千津理香子って人がいたじゃないですか。
彼は、ってこの人、名前こそ理香子ですけど男性ユーザーで、今よりもAVがバカ高いときにたくさんAVを買い込んでいるような市井のAV研究家だったみたいなんですね。
高橋がなりさんが彼に相当入れ込んでいたみたいで、彼の企画通りに作品を作れってやる。
基本的に素人なんで現場の苦労なんかわからず無茶な企画を考えてくる。現場サイドからはブーブー言われていたみたいですけど、結果的にSODのヒット作のいくつかは彼の企画から生まれたものが少なくない。
SODの淫語ってこの1ユーザーが作ったと言っていいわけでしょ。
アロマ企画にも出没していたわけですからね。

今はもうSODには、千津理香子のようなユーザー視点はないように思いますけどね。
その余裕もないのかなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/677-df724461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。