スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯年は卯は萌え出ずるの意 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今日、桜ちゃん(元・桜一菜)から手書きの年賀状が届いていてホクホク顔の淫語魔です。なんか90分ぐらいかけて仕上げたそうでおっちゃん感激っす。
ということで自慢っす。

sakura1.jpg

一昨年ぐらいからリアルな生活とは別に純粋にこのサイトを通じて人と会うようになり、昨年はそれが加速して交流の輪がかなり広がった。

考えてみればこのサイトを始めた頃はすべてに絶望していたようなところがあって引きこもりがちであった。それがサイトをやったおかげで完全に恢復したようなところがある。そういう意味では何かをはじめてみるというのは決して無駄なことではないようだ。スジを通し真剣に取り組めばこんな自分でも注目してくれる人がいる。

今ではまったく思いもかけなかった展開になっているのだけれど、せっかくなので今年はもうちょっと何か還元できることがしたいなぁと思ったりしている。
何をどう還元するのかはまだわからないんだけど、でもたとえば藩金蓮に桜ちゃんをつなげたのは自分だしね。なんかそんなようなことなのかもしれない。

それと昨年は確かにいろんな人と交流させてもらえて楽しいことは楽しかったんだけど、マニュアルやボヤキが疎かになっているような気もしなくもなかった。
結局、いろんな人に会えたのは淫語マニュアルを更新し続け、さらにボヤキで書いている記事が一部の業界の人たちに受け入れられたからで、そこの質が下がってしまっては本末転倒だろう。

実際ここ最近どうもAVの見方が散漫になっているような気がしてならない。
昔はもっと隅々までAVを見ていて、細かいところに言及していたから制作側の人たちに驚かれたわけで、そういう感じがなくなっているのはよろしくない。指摘する点が大雑把というか、そもそもあまり指摘しなくなってきているような気すらする。

5年近くもレビューサイトをやっていると「いかに手間を省いて効率よく運営するか」みたいなことを考えるようになる。
たとえばレビューをやり出した頃は紙にメモ書きしながら作品を見ていて、そのメモをもとにして書いたりしていた。ところがここのところ効率化を考えて、PCのテキスト文書に直接メモ書きしていくようにした。これだとそこに書いた台詞をそのままコピペすればいいわけで、紙からいちいち書き写すよりも時間が短縮できる。
でもこれを先月の後半ぐらいからもう一度手書きでメモるようにしてみた。

2度手間にはなるがメモ書きからPCに書き込むときにもう一度咀嚼する時間が生まれる。このときにあらためて気づくことが出てくるようだ。
そこで気になればもう一度、その箇所を見て確かめる。この行程まで入れると3度手間だ。
でもだからいいのだろう。

ということで明日の更新はそんなやり方で時間を取られながらもできた西野翔ちゃんの作品。
ちなみに彼女はムーディーズの専属女優なんだけど、明日、更新するのはムーディーズではない。でも淫語は今までの西野翔の作品の中で一番言っていると思う。

そういやぁ、これを撮った監督さんとも一度話したことがあるな。
かっこいい兄ちゃんでしたよ。

ボヤキの方もとりあえず真咲南朋さんの作品をレビューしようと今日いろいろ借りてきた。当人に聞いたらこのあたりの作品でやってくれというので、その自薦のヤツを今週は見てみようと思う。Hanaさんのレビューで確認したらHanaさんは高評価をつけていた。

もっともなんともさんが推した理由は別にあるんだ。
それも書こうとは思うけど、それにしても、ホントこの夫婦は仲がいいよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/689-f76d863d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。