スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どのジャンルでも言えることだろうけど 

自分はおっばいの大きさにこだわってはいない。かといって巨乳が嫌いなわけではない。あればあったで興奮するが、手のひらサイズの微乳も結構好きだ。
そもそもふくらみもさることながら乳首の形も気になる。デカ乳首も好きだし、よくよく考えてみれば陥没乳首だって悪くはない。ちょっと延びてる乳首もいい。
乳輪も大きかったりすると興奮する。色素が薄かったりするとまた興奮する。その逆の焦げ茶も嫌いではない。

これは官能ラノベ作家の大泉りかさんとTwitterで話していて、たまたまその話に発展したのだけれど、自分はおっぱいは「たたずまい」だと思う。特にこの大きさじゃなければ興奮しないってことはない。おっぱいの形として趣があればむしゃぶりつきたくなる。

でもそれって本当の意味での乳フェチではないからだとも思う。
たとえば巨乳フェチな人に向かって、「おっぱいはたたずまい」と説いてもまったくもって意味がない。彼らからすれば「まず巨乳ありき」なのだ。巨乳でなくてなんでおっぱいと言えるのか。
そこにこだわる人がいるから「巨乳」というジャンルがあり、巨乳女優は需要がある。ただデカいと言うだけで興奮するからマニアなのだ。

自分は巨乳が嫌いではないが巨乳マニアではない。
だから「ただデカけりゃいいってもんじゃない」というのはマニアじゃないから言える正論である。これは淫語でもいえる。

淫語とはチンコマンコのことだ。俗に放送禁止用語と呼ばれる、人前で憚られる性的言葉を淫語という。そういった表現を好む人は昔から少なからずいる。
ドリフターズの全員集合のコントはそういうチンマン言葉が多用されたりしていた。
加藤茶のギャグ「うんこちんちん」もそういう言葉を聞いてよろこぶ心理が人間にはもともと備わっているから子どもたちに受けたとも言える。つまりそれは「小児性欲」の一種かもしれない。
だがそれと淫語で興奮するマニアと同等であるかというと決してそうではない。

「ただ淫語をいえばいいってものではない」
これは正論である。
だが淫語マニアからすれば、その前提として「まずチンマン語ありき」なのだ。
実は「ただ淫語を言ってればいい」のが淫語マニアなのだ。

ここは複雑で、ただ言っていればいいのだけれど、やはりただ言えばいいってわけでもないのである。
端から見ているとその異同がわかりにくい。
だがマニアというのはそういうものだ。そこに明確な違いがあるのだ。

制作者の中にも「淫語が好き」という人もいるだろう。
でも単に「淫語が好き」というのと、淫語マニアは違う。
「おっぱいが好き」というのと「巨乳マニア」が違うようにそこには質的に違うものがあるのだ。
だからなんの研究もなしに作ってしまうと、自分のようなコアなファンからこき下ろされる目にあう。

最近、淫語ジャンルのビデオが増えてきた。
それはとても嬉しいことなのだけれど、どうもわかっていない人が作る場合も少なくない。

自分も淫語マニュアルをつくるとき、淫語についてかなり研究した。いろんな淫語マニアの人の意見も聞いた。いまだにわからない部分もある。いつまで経っても勉強だ。
そんな自分に言わせると安易に淫語ビデオに手を出してくるなと言いたい。

最近、マニュアルに掲載する作品はかなり偏ってきている。それは自分もイヤだと思ってる。そして他のメーカーの、他の作品もなるべく見るようにしている。
もちろん経済的にも限界はあるからすべてを網羅しているわけではない。レンタル店に行って狙っているものがなかなか借りられないこともある。
それでもお金の許す限り見ているつもりだ。

しかしヒドいのだ。舐めているとしか言いようがない。
作っている人が決して淫語を嫌いってわけじゃないのはわかる。だけどこちらとの性的興奮のメカニズムが違うとしか思えないのだ。
実はいちばん困るのは、ちょっと淫語が好き程度の人間が作っている淫語ビデオだと思うのだ。
それなら淫語のエロさをまったくわからない人が作った方がいいのが作れるのではないか。
ときどきそんなことを思いながら、なんちゃって「淫語」作品を見たりしている。

コメント

まさにたかが淫語、されど淫語

自分はうまく言葉にできないんだけれど、「なんか違う」とは言えるのだ。

あまりいい作品に出会えない時に、「自分の好きな単語入っているし…」と
ある意味気の迷い的にそういう作品がイイと思うときもあるのだが、
時間が経つと「やっぱり違うな…」と(苦笑)

レンタル→購入という流れでなので、いきなり購入よりは痛みは少ないのだが、
それでもやっぱりひどい作品には、レンタル代金分文句を言いたくなるのだ…。

ちなみに自分はおっぱいは大小ではなくてその人に合うか合わないかじゃないかとw

ただし、巨乳な人が自分の乳首を舐めたり吸ったりするのは大好物です(苦笑)
ただ、これもまさにおざなりに舐めたりするシーンを見ると激冷めするし、
逆にできそうにしないってのには怒りを覚えます。

P.S.
森ななこさんの別の淫語作品見ましたが、本人の雰囲気的には痴女より甘甘な方が似合いますね。
ただその作品でもやはり「発展途上中」な雰囲気で、挿入後は淫語ゼロな感じ。

森ななこちゃんは

がんばってるのは伝わってくるんですけど
痴女ってがんばる感じが出ちゃうと変なところに力が入って
余裕がない感じなるんですよね。痴女はどーんと構えてくれないと。
まあでも確かに発展途上ですよ。痴女の方もどっかで開眼すると思いますけどね。
なんか応援したくなる女優さんですよねぇ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/690-dcbdbd57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。