スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごっくんはNGでもお掃除フェラはOKだったりするらしい 

今週は久しぶりに3タイトル更新したいのだ。
3つともアウダースなのだ。理由は更新をし終わってからあらためて書くのだ。

来週、いよいよ現場なのだ。
自分のやることはとりあえず台本を書くことなんだけど、できれば女優さんに合わせて淫語台詞を書いていきたい。そこで宣材の写真とプロフィールをもらった。でもそれを読んでも素人の自分には直ちにわからないことがある。
たとえばNG項目があるんだけど、そこに「3大」と書かれてある。「なんじゃ、3大って」ってことで担当の人に聞くと「SM、アナル、スカトロ」のことを3大というらしい。

なるほど、なるほど。
でもこれもよく聞くとグレーゾーンがある。
たとえばアナルだけど、アナル姦はダメなのは当たり前だとして、女優によってはアナル指入れもダメだったりする。

「アナル舐めはどう?」
「それも女優によってまちまちです」

こういうのは撮影当日に問題化するとまずいんで早めに事務所に問い合わることが肝要らしい。
つまりはプレイ内容は台詞よりも早く決めて事務所に送付しておく。こういう事前の準備が必要なんだね。

なるへそ。
まずプレイ内容の確認。台詞は最低でも前日ぐらいまで。下手すると当日の朝なんてこともありえる。
ただしこれも一概に悪いとも言えない。
前日ぐらいに台本を渡すと真面目な女優さんはそこから台詞を覚えるのに必死になって当日までに激しく消耗してしまう人もいるようだ。それなら当日渡して、ワンカット、ワンフレーズで進行させた方がいい場合もある。

でもさすがに演出する側は台詞が入っていないとね。それともプレイ内容だけあればあとは臨機応変に台詞がわいてくるような監督さんもいるのかもしれない。
ああそうか、そんな台詞の付け方だから、台詞だけを抜き出してよくよく聞いているとつじつまの合わないものが出てきたりするんだ。そういうAVがときどきあるんだよね。
この流れが台詞の軽視につながりかねない行程を生むのかもしれない。だからちゃんとスケジュール通りに台本が完成するように肝に銘じておかなければ。

ということで、今はプレイ内容を先行させて書いている淫語魔なのでありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/718-a1b18064

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。