スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに、WEB制作を極めるぞ! 

最近、久しぶりにサイトを構築している。
二村さんの個人サイトなんだけど、そんなに大がかりなものではなく、ちょっとしたプロフィールとディスコグラフィ、あとはリンク集、それに「マルチプルオーガズム」などの紹介記事みたいなものもアーカイブしようと思っているんだけど、かなり久しぶりに作るのですっかりやり方を忘れてしまった。

いまどき、サイトなんて作らずにブログでやれば手軽という考えもあるかもしれない。
だけど、自分はどうもこの手のものをやるときにブログというのは好きではなくて、やはりちゃんとしたサイトで見たいと思う口なのだ。昔もボヤキに書いたことがあるけれど、そもそもブログというのは日々の感想をログとして残していくものであり、個人の日記に特化したものになっている。もともとはウェブログと言ってWEBに流れるニュースなんかを引用してコメントする形式で始まったものだ。
だから時系列で見ていく情報のデータベースには向いているが、情報を空間や場としてとらえ出入りするようなデータベースには向いていない。

もしも検索で知りたい内容の記事にヒットしても、そこから広がるかというと微妙だ。
それもそのはず、ブログはその書き手を好きであるかどうかという前提で読んでもらうものなわけだ。書き手にものすごく興味があれば、訪問者は更新日順に書き込まれている記事を読み続けることが出来る。それこそそいつが何を食べたか、どこに旅行したか、どんな映画を観たかとか、その人のことならなんでも知りたいと思う場合にはいいものだろう。

でも「オマエが言及する世界や、流してくれる情報には興味があるが、オマエ自体は大して興味がねぇーよ」となったら、全部の記事に眼を通すのは邪魔である。
ときどき発信する「このジャンルについての情報」だけに用があるわけだし、タグ付け機能があったにせよ、検索する側はまったく興味の無いご託に付き合わされる可能性だってある。
良い悪いの問題ではなく、どこに関心があるかだ。書き手本人なのか、それとも書き手が発信しようとしている世界観なのか。

ということで久しぶりにWEB制作である。
でも淫語AVマニュアルを作った頃に比べれば、だいぶスキルがついたのも事実だ。
本当ならマニュアルも1から作り直したいところだったが、なかなかうまくいかずに今日まで来てしまった。
今はその思いを別の形で穴埋めしているような気分でいる。

そしてもう一つ。
マザーズのホームページが現在ポシャっている状態で一刻も早くなんとかせねばならぬのだが、間にいろいろなものが挟まっていて思うにまかせない。
これなんかも最初から自分がやっていれば責任を持って管理できるのだが、そこはメーカーのホームページである。一個人の私的サイトとはわけが違う。

だがそうはいっても小回りがきかずイライラするわけだが、そこで感じるフラストレーションを、自らの手でサーバー選びから、イラレとフォトショを駆使してのWEBデザイン、さらにJavaScriptやPHP、CSSをいじり回すことで解消しようとしている。
今持てる淫語魔のスキルのすべてを組み入れたサイトにしようと企んでいるところだ。

もちろんこれは遊びではない。ちゃんと二村さんに依頼されて作っていて、お金も派生している。だから応分の責任は負わねばならない。
それがどんなものになるかは出来てからのお楽しみ。
ちょっとずつ作っているので、今月中にはちゃんとした形でお目見えすることになるだろう。

そうそう、前回の記事でちゃんと書かなかったのだがLADY×LADYの広報もやりだしたので、その話を次回は書こうかと思う。

あと、作品の淫語の数かぁ。
オナクラの淫語トレーニングの数を抜くのが面倒でね。当初、あれは作品の中に入れるつもりがなかったんだけど、いろんな流れで入れることになった。基本的には準備体操みたいなもんなんだけど、でも抜くために入れるなら、淫語魔の声は抜くべきなんだよね。本編ではなくあくまでおまけというところで勘弁してもらうしかないんだけど、そのうちWEB版では淫語魔の声を抜いてお届けしようかと思っているんだ。
なので、今年の目標は動画編集のスキルを身につけることなんだな。

WEB制作と一緒で、その方が小回りがきいていい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/739-55cc00c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。