スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白旗を揚げる男s 

前回の記事からだいぶ経ったけど、その間、いい出会いがいっぱいあった。
そこにはもちろん初めて知り合って意気投合した人もいるし、前々から顔見知りだったのが、ここにきて急に親しくなったというのもある。

まず最初に忘れちゃいけないのはFLAGMAN監督と飲んだことかなぁ。
FLAG監督はあまり業界の人と飲んだりしない人らしく、二村さんともムーディーズの忘年会で話をするぐらいってことで、今回はこちらから直接当人に電話して会う約束をとってしまった。

7月11日。
新宿御苑前の駅で20時に待ち合わせたんだけど、会ってすぐ「淫語魔さんと飲むって、どういうところに連れて行かれるんだろう。焼き鳥屋でもないだろうし…」というから、「ここです」と連れて行ったのは浮かぶ。
自分にとって浮かぶは初めて2人きりで飲む大切な人には打って付けの場所だ。
ここなら相手がお酒を飲めなくてもなんとかなるし、お腹が減れば美味しいナポリタンを出してくれる。まかり間違って相手との会話がはずまなくてもシブメグさんが対応してくれそうだし、そのあとシブメグさんから連れて行った人の率直な印象が聞けるのもいい。
でもだいたい好きになれる予感のある人しか連れて行く気はないけどね。

んで、実際に会ってみた感想なんだけど、いやー久しぶりにまともな人と会ったって感じだねー。
自分はもともとFLAGMANの作品のファンで、最初に買ったFLAGMAN監督の「結婚相談所」という主観モノが、その後、AVを買い続けるきっかけを与えてくれたわけで、彼の持っている世界観から話が合わないはずはないだろうとは思っていた。
その点は予想通りというか、まったく話していて話題がつきることがなかった。
自分との感性はほぼ一緒みたいな感じで、いちいち同感しながら聞けてしまう。
そのうちFLAG監督の私生活についても話が及んだんだけど、自分とかぶるところもかなりあって、酒の勢いも手伝って肝胆相照らしているうちに、まるで相手に自分を見ているような気分になった。

なかなかいい男なんですよ。声も良くてね。
この人、モテんだろうなぁと思ったんだけど、彼の書いていたブログから醸し出されるヘタレ具合もこれまた予想通りで、それがまたいい味を出しているんだな。
駅で会った最初の挨拶では「最近、淫語マニュアルもボヤキの小窓も更新が止まってますよね~」とか言われて、ちょっと恐縮していたんだけど、考えてみりゃ、あんたのブログの方がとっくに止まっとろうが、とあとで思ってしまった。

FLAGMAN 白旗を揚げる男
http://blog.livedoor.jp/flagman0114/

しかも4年も更新が止まっている。
久しぶりに覗いたら、「そういやこの頃しょっちゅうコメントしていたナー」なんて思って懐かしかった。どの記事にもコメント欄に自分が書き込んでいる。よほどファンだったんだね。この時点ではまさか会って酒を飲むとは思ってもみなかった。

「淫語魔さんがこちらにくるとは思いもしませんでした」

うん、自分もそうだ。あの頃はまだ行く気がまったくなかった。

「また仕事の話とは抜きに会いましょう」
「こちらこそ」

FLAG監督とはいずれやるつもりなんだ。まだまだ先の話だろうけど絶対そのうちね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ingoma.blog64.fc2.com/tb.php/740-e32ec529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。