スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どのジャンルでも言えることだろうけど 

  • [2011/01/06 21:42]

自分はおっばいの大きさにこだわってはいない。かといって巨乳が嫌いなわけではない。あればあったで興奮するが、手のひらサイズの微乳も結構好きだ。
そもそもふくらみもさることながら乳首の形も気になる。デカ乳首も好きだし、よくよく考えてみれば陥没乳首だって悪くはない。ちょっと延びてる乳首もいい。
乳輪も大きかったりすると興奮する。色素が薄かったりするとまた興奮する。その逆の焦げ茶も嫌いではない。

これは官能ラノベ作家の大泉りかさんとTwitterで話していて、たまたまその話に発展したのだけれど、自分はおっぱいは「たたずまい」だと思う。特にこの大きさじゃなければ興奮しないってことはない。おっぱいの形として趣があればむしゃぶりつきたくなる。

でもそれって本当の意味での乳フェチではないからだとも思う。
たとえば巨乳フェチな人に向かって、「おっぱいはたたずまい」と説いてもまったくもって意味がない。彼らからすれば「まず巨乳ありき」なのだ。巨乳でなくてなんでおっぱいと言えるのか。
そこにこだわる人がいるから「巨乳」というジャンルがあり、巨乳女優は需要がある。ただデカいと言うだけで興奮するからマニアなのだ。

自分は巨乳が嫌いではないが巨乳マニアではない。
だから「ただデカけりゃいいってもんじゃない」というのはマニアじゃないから言える正論である。これは淫語でもいえる。

淫語とはチンコマンコのことだ。俗に放送禁止用語と呼ばれる、人前で憚られる性的言葉を淫語という。そういった表現を好む人は昔から少なからずいる。
ドリフターズの全員集合のコントはそういうチンマン言葉が多用されたりしていた。
加藤茶のギャグ「うんこちんちん」もそういう言葉を聞いてよろこぶ心理が人間にはもともと備わっているから子どもたちに受けたとも言える。つまりそれは「小児性欲」の一種かもしれない。
だがそれと淫語で興奮するマニアと同等であるかというと決してそうではない。

「ただ淫語をいえばいいってものではない」
これは正論である。
だが淫語マニアからすれば、その前提として「まずチンマン語ありき」なのだ。
実は「ただ淫語を言ってればいい」のが淫語マニアなのだ。

ここは複雑で、ただ言っていればいいのだけれど、やはりただ言えばいいってわけでもないのである。
端から見ているとその異同がわかりにくい。
だがマニアというのはそういうものだ。そこに明確な違いがあるのだ。

制作者の中にも「淫語が好き」という人もいるだろう。
でも単に「淫語が好き」というのと、淫語マニアは違う。
「おっぱいが好き」というのと「巨乳マニア」が違うようにそこには質的に違うものがあるのだ。
だからなんの研究もなしに作ってしまうと、自分のようなコアなファンからこき下ろされる目にあう。

最近、淫語ジャンルのビデオが増えてきた。
それはとても嬉しいことなのだけれど、どうもわかっていない人が作る場合も少なくない。

自分も淫語マニュアルをつくるとき、淫語についてかなり研究した。いろんな淫語マニアの人の意見も聞いた。いまだにわからない部分もある。いつまで経っても勉強だ。
そんな自分に言わせると安易に淫語ビデオに手を出してくるなと言いたい。

最近、マニュアルに掲載する作品はかなり偏ってきている。それは自分もイヤだと思ってる。そして他のメーカーの、他の作品もなるべく見るようにしている。
もちろん経済的にも限界はあるからすべてを網羅しているわけではない。レンタル店に行って狙っているものがなかなか借りられないこともある。
それでもお金の許す限り見ているつもりだ。

しかしヒドいのだ。舐めているとしか言いようがない。
作っている人が決して淫語を嫌いってわけじゃないのはわかる。だけどこちらとの性的興奮のメカニズムが違うとしか思えないのだ。
実はいちばん困るのは、ちょっと淫語が好き程度の人間が作っている淫語ビデオだと思うのだ。
それなら淫語のエロさをまったくわからない人が作った方がいいのが作れるのではないか。
ときどきそんなことを思いながら、なんちゃって「淫語」作品を見たりしている。

言葉でエロ空間を作れる人たち 

  • [2010/12/10 23:15]

昨日の渡辺琢斗監督のブログに、なんと「淫語AVマニュアル」の名前が載っているたのでびっくりした。

映像のビジュアル的な部分では、このシリーズ1,2を争うエロいパフォーマンスを見せてくれます。
 淫語に関しては、淫語魔さんの淫語AVレビューサイト「淫語AVマニュアル」に評価は委ねるとして、私自信はかなり充実した作品になったのではと、自己満足に浸っている次第です。

宣伝してもらっといてこの作品を取り上げないわけにもいかないので、すぐにでも取りかかるつもりなんだけど、その前に先月に出た熟雌女をやっておかないといけない。
こちらでも榊なちさんはすばらしい淫語パフォーマンスを見せてくれている。
だから明日、熟雌女をやって次に中出しソープという感じでアップする予定。

この人の主観撮影のパフォーマンスが優れているというのは、ラッシャーみよし監督も認めているところで、以前みよしさんの日記にもこんなことが書かれていた。

ぼくにとって、淫語主観痴女女優の最高峰は
村上理沙、神崎レオナ(七瀬かすみ)、結城美紗だったわけです。

女優の好みとか、エロの質とかの趣味的な問題じゃなくて、
アドリブ能力の高さ
自分世界の表現力
といったことについて、
上記3人はダントツの能力を持っているわけですが、

なんと!

榊なちは、この3人をはるかに超えて、
ぼくにはもはやその姿が見えないくらい遠くに飛んでいった。

神だ!

だから、ぼくはモニターの前でニコニコしているだけで、
何もすることがなかった。

2時間ものなのに、撮影時間3時間。

でも、ラクチンをありがとうと違いまっせ。
こんな素晴らしいプレゼントをありがとうなの。

エロ能力と世界を作る力 ラッシャーみよしの困ったblog

自分も熟雌女出演者の中でしかも現役という条件なら、村上理沙、神崎レオナ、結城美紗、榊なちを淫語痴女の四天王にすることは異存がない。

この4人はがスゴいところは、とにかく言葉と表情だけで独自のエロ空間を築くことができるってこと。
あともう1人桐原あずさっていうのもいるけど、でも彼女の場合はホンマモンだからなぁ。ちょっと別格扱いということで。

「エロの追求よりバラエティ重視」 

  • [2010/07/31 09:44]

「淫語しようよ!」は本編だと2作目が好きだった。
女優さんもシチュ設定の方は白崎るみと長瀬美香でそこそこ芝居は出来ていたし、山咲あかりの携帯を使ったゲリラ撮影もよかった。
早坂晃子の官能小説朗読も今までの淫語朗読とは違い、プロの技術を持った人にやらせたのがよかった。綺麗な日本語の言い回しでクリアに発音する。その点は声優のそれともぜんぜん違う発声だ。

ingo-2.jpg
それと「淫語しようよ! ベストセレクション」には収められてなかったが、「素人淫語」もしっかりとあり、成人式の式典帰りの女性たちを捕まえては「おまんこ」を言わせていた。
成人式の出席者なので映し出される素人女性は当然20才ばかり。しかも振袖などの晴れ着など着て、多少テンションをあげながらときに無邪気に、人によっては恥ずかしそうに淫語を言う。
今ならありえないゲリラ撮影だ。

白崎るみの友人の妹コーナーはかつて2ちゃんねるで、セリフを抜書きしたテキストが貼られていたことがあって、今も探すとそのスレの残骸が見つかる。
見ているとどうやらWinMXあたりに流れていたみたい。
http://pc.2ch.net/download/kako/1000/10009/1000959415.html

だけど正確じゃない。これは淫語魔としてはいただけない。
そこであらためて抜書きしてみた。

あっ、せんぱーい。今、お兄ちゃんちょっと出かけてるんですけどぉ、すぐ戻ってくると思うんで中に入ってて待っててください。
お兄ちゃんお部屋、散らかってるんですよぉ。
あれ? 先輩どうしたんですかぁ? お兄ちゃんの部屋こっちですよぉ。 どうぞ。
なんか、おにいちゃんお部屋、いっつもイカ臭いんですけどぉ。ごめんなさいね。
あっ!先輩今なに隠したんですか? なに隠したの! 見せてぇ。何隠した? 見せて、見せて。見せて。
お願い見せて。ああ、お兄ちゃんのエロ本。お兄ちゃんセンズリばっかりコイてるんですよぉ。先輩からも注意してやってください。『センズリ・・・コクな』って。
えっ、センズリ。先輩もするんですかぁ?
えっ? あたし? …ウン、する。マンズリ。
あっ先輩。お願いがあるんです!
あたし明日の授業でザーメンが必要なんですぅ。なんでも顕微鏡で見るんだって。
先輩お願い! ルミのためにザーメン、出してください。
お願い、ザーメン出して。お願い。こーいザーメン出して。ドロドロしたザーメンだして。
え? オカズ? オカズがないとセンズリぶっコケないの?
んんー。いいよ、私で抜いても。あたしをオカズにしてセンズリぶっコイてっ。
こうやってね、パンツ食い込ますとぉ、ルミのおまんこくっきり見えるでしょ?
わかる? ルミのおまんこ、ここがルミのおまんこだよ。マン毛もはみ出てるでしょ。わかる? マンズミだってあるんだよ。
ここが、ルミのクリトリスっ。ルミねぇマン汁を、クリちゃんにつけて、コスりあげるのが大好きなの。
クリちゃんの皮をむいて、どんどんどんどんマン汁つけると、クリちゃんコスる指が速くなるの…、ああんっああ、あああああん。
クリちゃんのね、ビラビラね、ルミのぶ厚くって有名なの。
たまにね、洗わないとね…、クリちゃんのビラビラに…マンカスが溜まって…くっ、くさ…、酸っぱい匂いがしてくるのぉ…。
ねぇ、先輩、ルミのマンカスの匂い…する? ああん、ああっ。
ああ、おまんこアツイぃっ。おまんこアツイっ。ああ、おまんこ…グチョグチョしてる。ああっああ。
クリちゃん伸びてる…、あっ、あっ、おまんこグチョグチョ。マン汁も…垂れてる…。
ああ、しびれちゃう。ああマンコしびれちゃう。ああっ、あああ、あああ、ルミのおまんこ気持ちいいっ。ああ、あああ。
ああ、あああ、ああああ、おまんこ気持ちいいっ。
あああ、いっちゃうー。ああ、あああイクぅううううぅぅううああああっあああっああああっ。
先輩、ルミはこんなにおまんこパックリさせてるのに、先輩のチンポ、どうなってるの?
もうこんなに勃起してるじゃない? 先輩のチンポ。
先輩がチンポ出さないなら、ルミがチンポだしちゃいますよ。
ああぁ、おっきぃチンポ。
皮がつやつやしてて黒光りしてるぅ。
裏スジをちゅ~ってされると男の人気持ちイイんだよね?
どーお チンポ気持ちいい?
なんかチンポからしょっぱいのでてきたよぉ?
「チンポぉ、おいひぃぃんん、んん、ちんぷぉおいしい、おいしい、おいしいチンポ
チンポおいしい。
先輩のザーメン…ルミのお口に…ああっぶっ放してぇ…。
先輩のザーメンほしいっ。ザーメン、ザーメン…先輩の濃いザーメンほしい。
先輩、ザーメンいっぱい出して…んん、んん、んん、んん…いっぱい、いっぱい。先輩。んん、んん、んん、んんん、んんんっんんんっんんんんっ、ん、ん、ん、…ん、んんっ、ん、んんっ。ああっ。
先輩のザーメン、いっぱいでたぁ。

上に抜書きしたものもそうだが「淫語しようよ!」にはSODならではの節回しがいっぱいある。

①「ぶっコいて」「ぶっ刺して」「ぶち込んで」などと「ぶっ」「ぶち」という接頭語の多用。
「エロスは破裂」と喝破したのはフロイトだったと思うが、その意味で「ぶっ」という音は破裂をなぞる音である。
この言い方はそののち他メーカーでも見られるようになる。出演している企画女優たちにしっかりインストゥールされて、それが伝播してしまったのかもしれない。

②「センズリ」は淫語としてあつかっていた。
自分もしばらく淫語として扱っていたのはSODの影響だったわけだ。菅原監督が好きな言葉なのだろうか? 連呼させることもある。
特に「センズリぶっこいて」は定番で、「シコシコシコシコ」と擬音を足して女優に言わせるのは「オナてつ」でよく耳にするフレーズである。

③聞きなれない淫語を好んで使う。
この「淫語しようよ!」でも「ザー汁」「キョン勃ち」「メコ線」など、そうそう聞くことのできない言葉を使っている。しかも頻繁に使うのでSODのオリジナル淫語ということを意識したのだろうか。
だがこのあたりがエスカレートしすぎてエロから遠ざかっていくのがSODの悪いくせである。
これらの聞きなれない言葉を使うならもう少し工夫が必要なのだが、そういう繊細な流れをつくることができない。

④口に竿を入れさせながら淫語を言わせる。
当然、クリアには淫語が聞こえない。もちろんフェラ淫語ならそういうフレームがあってもいい。だがこれを3分以上もやられてはたまらない。

なぜこういうことが起きるのかというと、おそらくエロマンガを参考にするからではないか。視覚的エロをそのまま音声エロに置き換えようとするから無理が出てくる。

淫語は記号(sign)よりも信号(signal)を通してエロの象徴(symbol)を表象するものである。

そういうことがいちいちわかっていない。
淫語を記号重視で捉えている。

もちろんそうはいってもAVは映像表現である。淫語ビデオの「淫語」は視覚的エロを補助する役割もある。
菅原ちえ監督は当初そのあたりのバランスが絶妙だった。

でも途中でダメになっていく。
結局、何を撮っていたのかという自覚がなかったんだろうな。

そしてSODの淫語は今では迷走をし続ける状態に陥るのであった。

レズAVにくらべると孤独な戦いだよな。 

  • [2010/07/25 00:25]

今日ボヤキで書こうと思っていたことがあったんだけど、淫語の種類のことでメールをもらったんで自分の見解を書いておこうと思う。

淫語AVマニュアルを起ち上げたとき、どこまでを淫語とするかまず悩んだ。
当初は男性器・女性器に限定しようかと思っていて「おちんちん」「チンポ」「マンコ」「オメコ」ぐらいしか想定していなかった。
自分の中での淫語の認識ってそんなもんだったんだよね。

んで、今もときどきコメントをくれるkickさんが「チンポ」じゃなくて「おちんぽ」に興奮するって淫語スレで言っててこれが結構衝撃的だった。たしかに言われてみると自分も「おまんこ」と「マンコ」では興奮度が違う。
それで「おちんちん」「チンチン」「チンポ」「おちんぽ」「おまんこ」「マンコ」「オメコ」と立て分けてみた。

まだ淫語AVマニュアルも1日のユニーク数は30人ぐらい。今より気楽なもんだった。
どっかからレンタル掲示板を設置して、3、4人でかなりゆるーい感じのやりとりをしていた。

そんななかしばらくして「キンタマは?」と書き込んできた人がいた。
言われるまで睾丸の存在をすっかり失念していたのだった。
これはまずいと思い早速「キンタマ」を追加。

性的な嗜好は自分基準になりがち。そこから少しでもはずれると興味はなくなる。
でもサイトをやるならこういうところは気をつけないといけない。
たとえ自分に興奮ポイントがないにしても理解だけはしとかないと。
現実に興奮する人がいるのに全否定などゆるされるわけがない。
それだけはしないようにしようと強く思った。

またしばらくたって「尻の穴は?」という書き込みがあった。
ちょっと悩んだ。だが確かに肛門は第2の性器のようなもんだ。それに当時のビデ倫はアナルにモザイクをいれている。考えたすえ「淫語」として扱うことにした。
ただしメインはあくまでも男性器・女性器のみとすることした。

その次に「チンポ汁は?」ときた。
その人の感覚だと「チンポ」と「チンポ汁」では違うらしい。
それまでは「チンポ汁」も「チンポ+汁」だから「チンポ」としてカウントしていた。
でも「チンポ汁」に興奮する人は「チンポ」だけでは物足りないということだった。

「チンポ汁」を認めるとなると「ザーメンは?」ってことになる。
「精子」「ザーメン」は性器そのものではない。また性器がらみの言葉というのとも違う。今でもこれは「淫語か?」と迷う。

ほどなく「センズリは?」ときた。
実は長らく「センズリ」も淫語としてカウントしていた。「マンズリ」をカウントしていたからで「マンズリ」があって「センズリ」がないのはどうなんだというのが理由だった。
しかし一昨年ぐらいから「センズリ」は淫語じゃないと思って外してしまった。

「マンズリ」は「マンコズリ」の略称とも取れるから淫語であることは異存ない。しかし「センズリ」となると、こちらは「千擦り」なわけでマスターベーションの隠語でしかない。
「隠語」を淫語に含めるわけにはいかない。
「チンポズリ」なら淫語としてカウントもしよう。だが「千擦り」なら、「どこを千回もするのか?」と聞かないといけない。まさにそこにこそ淫語が隠されているわけだ。

もちろんこの言葉にだって興奮する人がいるだろう。
だがそれだったら「SEXしよ!」でも「フェラチオさせて下さい」でも興奮する人はいる。
「誰かしら興奮する言葉」という意味だけで「淫語」を広く定義してしまうともはや収拾がつかなくなる。

「乳首」なども大きな性感帯の一つだ。ふだんは隠しているし、これがあるかないかで18禁の分かれ目ともなっている。似た様なポジションにいるアナルも入れたのだから淫語のカテゴリーに入れていいんじゃないかと思うこともある。
だがこれも今はあえて除外している。乳首を認めるとさらに「乳輪」「乳暈」「おっぱい」「パイパイ」と広がりかねないからだ。

淫語AVマニュアルも5年目に突入した。
その間、いろいろ変遷があった。
今は1日2000人のユニーク数があるけれど、所詮これは個人の趣味サイト。
今まで淫語AVサイトなどなかったのだ。だったらこちらの好き勝手にやらしてもらう。

この間ラッシャーみよしさんにお会いしたときに、「淫語モノっていつぐらいから認知されたんでしょうね」と言ったら、「淫語魔さんのサイトができてからですよ」と言われた。

淫語サイトはそれまでもあるにはあった。
でもここまで淫語AVについて騒ぎつづけているのは確かに自分ぐらいしかいない。

淫語AVマニュアルができたぐらいのとき、いまだ業界でも「淫語」の定義がいい加減だった。
「淫語」とタイトルに表記されて、一言も「おちんちん」「おまんこ」がない作品が当たり前のようにあった。

そのたびに文句を言った。
「おまえらは松本和彦の一期一会を見たことがないのか?」と。
「業界の人間のくせに勉強不足だ」と。
最近はようやく「淫語=いやらしい言葉」という意味じゃなく「淫語=性器がらみの言葉、放送禁止用語とされてきたような禁忌句」と認知せしめるところまできた。
これだけでも「淫語AVマニュアル」の果たした役割はあったと思う。

旗幟鮮明にして騒ぎ続けることは大事なことらしい。

このボヤキに「おめこ 淫語」で訪れる人は決して少なくない。自分も需要はそれなりにあるだろうとは思っている。だが今のままでは「オメコ」淫語のAVは作られることはない。
AVは不況なのだ。あまりにも狭い性的嗜好ではメーカーも勝負しにくい。

結局「おめこ」で検索してくる人の中で、サイトを作ってまでなんとかしようと思う人はいないようだ。

自分は1ユーザーにすぎない。今でもそのスタンスは変わらない。
でも発信し続ければ、業界の人たちから注目されることもある。
そしてその中からこちらの意見を汲みとってくれる人もでてくる。

自分で城を構え発信し続けること。そして理を尽くして訴え続けること。
それをする人がいないとマイナー嗜好のAVはどんどん淘汰されていくだろう。

もはや2ちゃんねるでぼやいているだけでは駄目だ。
今は昔ほど2ちゃんねるのAV板は注目されていない。
自分ですら最近は2ちゃんねるにいかなくなっちゃったからね。

ゴールドマンの火はまだ燃えているか 

  • [2010/07/18 23:45]

あのゴールドマンが大洋図書で小説を書くということで、WEBスナイパーにて先行企画「新連載直前! 特別企画『異端のAV監督・ゴールドマンが来る!!』」が始まった。
第1弾が安田理央さん。AV史のなかのゴールドマンの位置づけを書いている。
ゴールドマンに興味をもつ人には必読のテキストだ。

先駆者ゴールドマンの天才とは?
http://sniper.jp/300special_issue/_av1.php

さすがゴールドマン研究の第一人者の安田さんだね。これまでも何回か安田さんが書いてきた内容ではあるけれど、Wikipediaにゴールドマンの項を載せるならこの記事をもとにして書けば十分なんじゃないの。

そんで第二弾は不肖、この淫語魔クンが書いてマース。

淫語の即興詩人、ゴールドマンの最強伝説
http://sniper.jp/300special_issue/_av2.php

自分は「ゴールドマンのファンか」と訊かれれば、「そこまでではない」と思ってたんだけど、でもね、この記事を書くにあたって家にあるゴールドマンの作品を探すと、なんだかんだいって20タイトルぐらい持ってたね。

んで、久々に見たら面白かったですよ。
たしかにワンパターンなんで飽きてはくるんだけどさ。
でも作品のテイストは嫌いじゃないんだねぇ。

あと思ったのはね。実物に会った上で見ると面白さが倍増するみたい。
昔はあまり好きじゃなかった声も、今回見直したらそんなに気にならなくなってたなぁ。

安田さんのここの文章は完全に同意。

その活動の初期から、ゴールドマンに関わってきた筆者は、彼に会う度に「また本気でAVを撮ってよ」と言う。言わずにはいられないのだ。
現在のAV業界は、特異な才能を求めてはいない。ゴールドマンと同時期に注目され、鬼才と呼ばれた監督たちは、カンパニー松尾を除くと、ほとんどが業界からフェードアウトしつつある。
しかし、ゴールドマンなら、そんな状況の中であっても、全てをひっくり返すような作品を作ってくれるのではないかと期待してしまうのだ。

この人はね。ちゃんと自覚して撮ればカンパニー松尾ぐらいの支持はされると思う。
話してみたらそんなに頑なな人でもなかったからさ。決して過去の栄光に縛られているわけでもないし、現実の勝負から逃げるような人には見えなかったな。
AV難民の中でいちばんまともに見えたのはこの人だった。

それにしても安田さんはえらいよ。
なんとかゴールドマンを盛り立てようとして、イベントも何回もやってさ。
しかも多少なりとも注目させることに成功した。

ホント、この件に関しては、尊敬するわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。