スポンサーサイト 

  • [--/--/-- --:--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、淫語AVマニュアル6周年を迎えました。 

  • [2012/03/21 00:47]

淫語AVマニュアル、開設6周年ということでTwitterでつぶやいたら、「淫語の創造主」である松本和彦さんからメールをいただいた。
そこにはこんな言葉が添えられてあった。

先人の言葉を贈ります。
『馬鹿で成れず、利口で成れず、中途半端で尚成れず』

久しぶりに聞いたな、この言葉。
これは任侠の言葉ではあるけれど、究極の体を見据えようとすると「○○であらず、××であらず、ましてや△△でもあらず」という非と非を重ねる表現を使うことがある。
この「非を重ねて、なお残る生命の本質が、いわゆる実相なのだ」というレトリックは、仏教ではよく使われるわけだが、非とは迷いを断つ過程であり、相対から絶対にいたる道程である。しかしながら人間というのは凡夫ゆえに、迷いながらあっちこっちに頭をぶつけて生きていくものでもある。「非」もしくは「否」というのは、そうやってぶつかりながらも前進していくバネのようなものかもしれない。
迷いもまた悟りの中にある。

人間はつまらないことに足をすくわれる。
くだらない見栄とちっぽけな矜恃に振り回される。我欲のために権謀術を駆使したり、保身のために平気で人にウソをつく。そんなところまで身をやつしても、その先に待っているのは安寧ではない。虚飾はどこまでいっても虚飾なのである。
自分はそういう世界にほとほと疲れはてたので、大きな会社を辞めたりしたわけだが、今年に入ってまたその中に入っていくのかなぁとちょっと思ったりして今ひとつ踏ん切りがつかなかった。

しかし中途半端な状態で終わるぐらいなら、返って痛手を負うことになる。きっちりやるだけのことはやっておきたいと今年になって決意するようになった。そうなってくると自分のことを後回しにしてまで頑張らざるをえない。
今では休日を返上してずっと仕事をし続けている。

もっともだからといって悲愴感をもってやっているわけではない。
基本的には楽しいのだ。
特に作品作りは楽しい。文章を書いてるときも楽しい。メーカーのWEBをいじるのも、広報ブログを書いていくのも、なんだかこれをするための6年間、「淫語AVマニュアルの日々」だったのかなぁと思うぐらいだ。

そうはいってもこのまま淫語AVマニュアルを更新せずに6周年を迎えるわけにもいかず、ようやく4ヶ月ぶりの更新をすることにした。
更新作はいろいろ考えたが、ここはやはりMotheRs作品にするべきだろう。
『好色三人女』はなんとか淫語作品と呼べる淫語量を確保できた。そういう意味で最初に手がけた淫語作品ということになるかもしれない。
もちろんまだまだ納得はいっていないが、まずはこの作品が1つのとっかかりになるだろう。

ドグマの現場レポートで淫語魔の文章が載った。
包容力と母性愛に包みこまれる淫語ビデオ あなたを見つめ続ける川上ゆう先生 現場レポート http://www.dogma.co.jp/design/ddb186.php?division=dvd

4600文字ほど書かせてもらえたのは、ビーバップ・みのる監督のたって希望でもあったのだけれど、その前提にあるのは自分がMotheRsというメーカーに参加したからだ。
それはみのる監督自身にも言われた。単なる1ユーザーではこんなことにはならなかったろう。

ついでなので、この作品の淫語成分を明らかにしておこう。
『包容力と母性愛に包みこまれる淫語ビデオ あなたを見つめ続ける川上ゆう先生』
淫語総数85 種類17
おちんちん25 チンポ4 おまんこ13 チンチン4 ケツの穴1 クリチンポ13 クリトリス4 モリマン2 ザーメン5 マンコ汁1 マン汁2 カリ1 亀頭2 竿1 手マンコ4 口マンコ2 ヌレヌレおまんこ1

淫語ビデオとしては少ない。
なので激しいのを求めている人は肩すかしにあうかもしれない。
ただし、まとめて言っているので、そこで抜くんであれば淫語量は足りているかもしれない。
これもそのうちマニュアルに載せよう。
詳しい解説はそのときにまたすることになるだろう。

さらに淫語魔の名前で、もう一つ別のメーカーから企画者として出てくることになる。
まだまだはっきりとしたことは言えないが、今日、実はそこの専属女優さんを交えて打ち合わせがある。3月21日に大手のメーカーで淫語作品の打ち合わせがあるのは感慨深い。

さて7年目に入る淫語AVマニュアル、今後どんな展開になっていくのか。
この夏にはリニューアルを含めていろいろ考えている。
趣味が高じてここまできた。さらにどこまでいくのやら。

ここにきてようやくわかったこと。 

  • [2012/02/03 23:09]

同時進行でいろいろなことをやりだしてなかなか全部はできないんだけど、ひとつはっきりしたことがある。締め切りのあってやっている仕事は、お金が発生するし信用問題にもなるんで、なにがなんでも最優先させるんだけど、そうじゃないものに関してはどうしても後回しになってしまう。
これは認めたくないけど、自分の中でもお金の問題はちゃんとしておくべきなんだなぁとここにきてようやく思えてきた。趣味と仕事をきっちりわけないから、いろいろなところに支障をきたすわけで。

たとえば、淫語AVマニュアルを趣味ではなく、なにかの広報として使うなら確実に定期的な更新が必要なわけですよ。更新を意識すれば当然そこにへんなプレッシャーが生じるんだけど、「でも、別にこれって、更新しなくても対価が支払われるわけじゃないよなぁ」となれば、自分のペースに合わせてやって何が悪いということになる。そもそもなんでこんなことを考えなきゃいかんのかといろいろ変なことをグルグルと考えはじめてしまう。そのうちそんなことを考えている自分がいやになっていくわけですよ。
もし確実にきっちりとした更新をするんだったら、それこそライターでも雇って、その人に1本、いくら、毎週何曜日の何時まで原稿を送信してって形にするのが一番いいわけ。
それなら、まず間違いないでしょう。

もちろん淫語AVマニュアルでそんなことはする気もないし、そんなことをやっても淫語AVマニュアル自体では大してお金を生み出してくれるわけでもないので、まったくもって意味がない。そもそもからして自分のリハビリをかねた個人的な趣味サイトなわけで、誰に気兼ねがあるものか。更新しようがしまいがこっちが有料サーバーを使って勝手にやっていることなんだから、更新をたくさんしたくなればするし、できなきゃしないし、そんなの自由。そこに変な思惑を絡めるから気持ち悪い話になってくる。

これはあくまで極端な例を挙げてみたんだけど、要するにWEB上の広報なんかそうでさ。
WEBというのは有料サイトでない限りは、ただで見せるものなわけですよ。
何を見せるのかはこっちの勝手なわけだけど、企業のサイトはただ作っておけばいいってわけじゃない。作ったからには更新しないといけない。
たとえばただ部下に宣伝ブログを書けと言ったって無理なわけです。
ああいうのはむしろ出来高制みたいにして、責任でも持たせて書かせないとなかなかうまくいかんもんなんですなぁ。いっそのこと更新日を決めてそれまでに出来なかったらそいつの首を飛ばすぐらいの覚悟で人に書かせるんですよ。そうすればいいんじゃねぇーかと思い知らされたわけなんですよね。

いやー最近、マザーズともベイビーともまったく関係のないメーカーの広報さんからライターとしてのお仕事の依頼を受けましてね。そこのメーカーは確かにサイトはよく出来ている。更新もまめ。記事も充実している。
なるほど、お金をかけるとはこういうことかとようやく腑に落ちたわけよ。

あと淫語ビデオなんだけど、いろいろ考えた結果、マザーズでの淫語作品って結局痴女のアイテムどまりで終わるんだろうなって思うのね。それでそのこと自体はアウダースの雌女なんかはそうなわけだからぜんぜんかまわなくて、最初からそのつもりではあったんだけど、やっぱり淫語魔がAVに関わる以上、それではすまないんだよなぁとも思い始めていた。それに自分だって一度は「淫語娘」みたいなクレイジーなのを撮ってみたいじゃない。淫語直球ど真ん中作品っていう感じの。

でもそれがひょっとしたひょっとするかもしれない。
もちろんマザースではなく、これまたまったく違ったメーカーから。
まだ何も形になっていないからわからないけど、とりあえずいろいろ整理がついたら企画書ぐらい書いてみようかなぁと思っているんだな。ここから出たら、けっこう淫語マニアは驚くよ。
そのときは二村ヒトシ監督のもとを離れて、別の人で撮ってもらうことになるんだろうけど。

まあでもこれでむしろマザーズでは何を追求すべきかがはっきりしてくるな。といってもこれまで通りではあるんだけど、今まではなんか切替がうまくいかないんだよね。
それもこれもとにかく今までが未分化のままにしすぎていたせい。
そこはもういい加減なんとかしなきゃいけない。
もっとビジネスライクに行きますよ。

つまりはそういうことなんだ。

淫語とは何か -5次元淫語の発見- 中編  

  • [2012/01/11 00:01]

三次元淫語

さて淫語には発話者がいる。発話する者はどこかに向けて発話しているはずである。
自分はこれを大きく二つに分けた。すなわち明らかに誰かに聞かせるための淫語を痴演淫語、誰に対してというわけではなく思わず出てしまった淫語を痴悦淫語とした。

痴悦淫語というのは、「オマンコ気持ちいい!」といったような独白淫語だ。
独白というのは自分に対して言っているだけでもないだろう。思わず出てしまうものもある。その無意識に口からでた言葉を認識することで、自分の感情に気づかされることは大いにあり得ることだ。

言葉というのは、コミュニケーションツールであると同時に、自分の考えを明確にする道具でもある。また「自分の言葉で語る」という言い回しもあるが、実際のところ、言葉そのものは自分以外の誰かが考えたものである。つまり他者がいてはじめて存在するものであり、ほとんどの場合、子どもの頃に社会の代弁者、たとえば母親などからインストールされたものである。

したがって何かを言葉にした途端、それはいったん自分という意識体から離れ、意識の外にもう一つ別の自分を作り出すことになる。
思わず出た独白の場合、その言葉は、あるいは願望であったり、感情の吐露であったり、場合によっては暗示であったりするかもしれない。祈りの言葉、神のようなものに聞かせるためのチャンティングである場合もあるだろう。

性的な行為のときに、気持ちよくなっていってわけのわからない言葉を口にしてしまう人がいる。実際の撮影でも、女優さんにオナニー中、「おまんこ」を連呼させて理性の歯止めを飛ばした女優さんがいた。
そういうところに女の生臭さを感じ、ものすごくエロいものを見た気分になることがある。
それは淫語の醍醐味の一つである。

このように痴悦淫語も語り出せば奥が深いが、問題は痴演淫語の方だ。こちらはいろんなパターンが考えられる。
発話対象は、目の前にいる相手、特定少数、不特定少数、不特定多数。
能動であれば痴女性がでるし、受動であれば強制淫語ということになる。

また淫語の発話形式も、講演、演説、告知、朗読、討論、命令、叱責、指導、対話、会話、挨拶、告白、懇願、懺悔、つぶやき、絶叫、ボヤキ、反応とそれぞれだ。

もっとも痴悦、痴演とわけるにはわけたが、実際はかぶっている場合もある。
相手に対して言っているはずが、言いながら自分も興奮してくることがあるだろうし、思わず出てしまった言葉だったのが、相手がそれを聞いているということがわかり、ますます拍車がかかるということもあるだろう。

言葉というのものが、どこかに向けられて発せられている以上は、誰がどういうつもりで言っているのかを意識していないのはおかしい。
相手に対して言っているのか、自分に言っているのか、モノに話しかけているのか、祈りに近いものなのか、そういったことによって声のトーンやリズムは変わってくるはずで、そこを意識すれば、「おちんちん」か「チンポ」かの選択もその人のキャラなりに連動してくるはずだ。
たとえばM男性を使ったS風痴女淫語なら「なんだこれ、包茎チンポかよ。しょっぼいなぁ。なぁチンポ、こんなんで私にどうしろっていうんだよ」というかもしれないし、癒やし系の母性たっぷりな痴女なら「あらら、皮かむりのおちんちん。亀頭が隠れちゃって、かわいい。ほぉら、ゆっくり剥いていきましょうね」というかもしれない。

こういった発話者の態度を意識した淫語を3次元淫語と呼ぶことにしよう。
これは位相の違いなので、1次元淫語も2次元淫語も、3次元淫語の要素として扱われる。

四次元淫語

特にドラマものなどで顕著なのだが、たとえば教師と生徒との関係なら、それぞれがそれに見合った背景を背負っているはずである。当然、それに沿った台詞が出てこなくてはおかしい。したがってAVでもドラマ部分に関してはきっちりとした台本が用意されていることも多いが、カラミに関しては、これだけは言ってほしいというマストの台詞はあるが、あとは基本的に女優や男優のアドリブまかせになってしまうのが普通である。
もちろんFAプロやサイドビーのように、セックス中でもカット割りをして台詞をつけるところもあるが、それだとお芝居臭くなってしまうし、擬似でのカラミならまだしも、本番の場合、男優の勃ち待ちの危険性だって出てくる。そもそもカラミに台詞はどうしても必要なのかということを考えると、あまりきっちり書くことはそう多くないのかもしれない。
むしろ細かいところは、女優と男優に任せた方が自然なカラミになる。
そうなるとあとは演技力次第。

淫語作品の難しいところはこういうところで、カラミ中に淫語を言うのは必須である。
となるとどこまで監督が指示をし、どこまでマストの台詞を決めておくか、あるいはどこまで女優や男優にまかせるか、そのあたりが問題になってくる。

もっともマストの淫語の言う場所はだいたい決まっている。
冒頭導入部、性器露出時、手コキ指マン開始直前、フェラ・クンニ開始直前、マンぐり・チンぐり時、挿入直前・直後、別の体位への移行時、発射の意思確認、発射後の感想。
たとえば、もしも童貞生徒と女教師の関係なら、女教師が童貞のおちんちんに注意を向けたとき、女教師と童貞生徒の関係を意識した淫語台詞があってしかるべきだ。

しかしここだけ言えばいいかというとそうもいかない。
上手い痴女女優は、このポイントとポイントの間をうまく言葉でつないで盛り上げていくことができる。そこに差が出てくるのだ。
そのときに、自分が女教師であること、相手が童貞の生徒であることを忘れてもらっては困る。それだけでなく、いろいろなストーリーを抱いて、そこに台詞を乗せていかないと単調に聞こえてくる。

たとえば「山田君、授業中、先生の口元ばかり見てたじゃない? 知ってたのよ、先生。ねぇ、ほぉーら、女の人に咥えられてどう? おちんちん、先生のお口、気持ちいい? 本当は先生も前から山田君のおちんちん、舐めてみたかったんだぁ」ぐらいの小話をちょいちょい入れられる女優は最高である。これができないボキャブラリーの少ない女優だと聞いている方は飽きてくる。おそらく言う女優だって飽きてくるはずだ。
一方、できる女優はイメージがどんどんわいてくるのであろう。
そのリアリティーにその女優の言葉によって作られたエロ空間は渦を巻いてさらに場を盛り上げていく。優れた女優はまちがいなく言葉で場を制しているのである。

今のは痴女の例だが、これは男が女性を言葉責めする陵辱作品でも同じことだ。
下手なSMビデオの言葉責めは、男優(もしくは監督)のこういうセンスが弱いのである。

このエロ空間を読みながら、淫語を使って独自の世界に引き込んでいく。そのような淫語を4次元淫語ということにしよう。
台詞も単に「マンコが気持ちいい」とか「チンポが勃ってる」とかだけではなく、「ああいいわ、あなたのおちんぽ、すごーい、すごーく反り返ってる。ああ、すごーいステキ。ああっすごいわぁ。ああ、おまんこにぃ、先生のおまんこにあたって、先生のおまんこも溢れちゃうぐらいよぉ。ねぇ、あなたの童貞チンポ、ヌルヌルしてるとこ、ねぇ、くっついちゃってるわよ。ああステキぃ」ぐらいのことは言ってくれるはずだ。

ときどき、どういう人が淫語のうまい女優かと聞かれることがあるが、自分はいつも言葉でオナニーができる人とこたえていた。それは結局のところ、独自のエロイメージを持ち、それを言語化で出し入れできる人ということだ。言葉を使うことでイメージがはっきりしてくる。そして言葉は次の言葉を生み出す。それにともない、イメージはどんどん広がっていくのである。

そういった意味で、淫語のうまい女優は4次元淫語を体得している人だというのが、当初の自分の抱いていた仮説であった。
イメージの広がりを持つ4次元淫語は、3次元淫語を誘導するのである。
そしてこれは高次元になるごとに、どんどん淫語の特殊性が消えていき、普遍的なエロスに近づいていっているようだ。
このボヤキで淫語からエロスを考えていけるのではないかと言ってきたのはこういうことである。

以上、これらをもとにMotheRsの撮影で「淫語トレーニング」なるものを開始した。
女優さんに、まずは1次元淫語としていろいろな種類の男性器・女性器を言わせ、2次元淫語として簡単ないくつかの淫語の修飾句を言わせ、3次元淫語として実際にAVの中で言っている抜き出した台詞を言わせてみる。それがうまく言えれば、その女優さんは4次元淫語を理解していることになる。

ところが、どうもそれだけだと4次元淫語の有り様がはっきりしない。
AV女優さんというのはすごいもので、それなりに現場をこなしてきた女優はそれなりにいやらしく言えるのだ。

そこで思案の末、淫語魔自作の官能小説を読んでもらうことにした。
濡れ場の朗読がうまい女優はきっとすぐにストーリーに感情移入ができるだろう。言葉に興奮して盛り上がってくれるに違いない。
台詞とは違って、地の文章である。状況説明など客観的な視点も失ってはいない。
まずは空間を認識して、登場人物の心情をだぶらせ、その中で淫語の会話文を読ませみる。
それが迫真の言い方で読めさえすれば、まちがいなく4次元淫語の使い手と言えるだろう。そこで差がはっきりするのではないか。
そう思った。

(どうやらまだ続く)

ボヤキのボヤキ 

  • [2012/01/09 12:14]

「淫語」について書いていたら、やたら長くなってしまって収集がつかなくなったので、削って削ってなんとか読めるものになったが、それでも長いので、2回分にわけることにする。
今すぐ載せてもいいんだけど、ここはもったいつけて明日にしよう。

しかし昔はこういうの、時間をかけて書いていたなぁ。
久しぶりにブログを頑張ってしまった。

更新作業もしないとだけど、まだ淫語抜きが終わっていない。
一応、予定では晶エリーの中出しソープ。そのあと瀬奈ジュンをやって、みづなれい、椎名ひかるの淫語痴女あたりか。ずっとサボってきたから候補はいっぱいある。

しかしまた最近、ひどい淫語タイトル作品が増えてきたよなぁ。
淫語がぜんぜんないのに「淫語なんたら」とかの作品が出始めている。
マニュアルの更新と連動しているのかと思うぐらいひどいよ。
やっぱりつづけないとなぁ。

正月から腰が痛い。書く姿勢が悪いのか、急激に太ったせいかわからないが、あまり長い時間、座って文章が書けない。
昨年、iPadを買ったんだが、これがものすごく重宝している。どんな姿勢でもちょっとした文章ならこれで書ける。それでも限度はあるよね。

あと最近は長電話が多くて、ついつい長話をしてしまう。
切るタイミングもなんだか難しい。仕事などの用件で電話しているときはいいんだけど、おしゃべりとなるとなかなかねぇ。
昨日なんか3連荘だったもんで、19時から23時まで何もできなかった。
やらなきゃいけないことがたまっている。今日こそは決着をつけなきゃね。

2012年 淫語魔Ⅱ 始動 

  • [2012/01/02 23:53]

2012年、あけましておめでとうございます。
旧年中、おつきあいくださった皆様にはより以上のご愛顧を、またこれから出会う皆様、拙い人間ですがよろしくお願いします。

いやぁ、始まってしまいましたねぇ、2012年。
なぜだかわからないんだけど、昨年の暮れから2012年のことを考えるとなんだかワクワクしてしょうがないんですよねぇ。なんか漠とした期待感がどこからともなくやってくるんですよ。
まあいろいろ計画があるからなんだけどね。

もちろん新生淫語魔、「淫語魔Ⅱ」としては、昨年の夏からはじめたAVのお仕事にかなりの比重がいくのは間違いないんだけど、それ以外にも昨年から始めていること、あるいは仕掛けようとしていたことが、何か一つにまとまり始めているんだな。
昨年までは正直、いろいろモヤモヤしていたわけなんですよ。
なんかこう、常にどこか屈託があって力が入らないことがしょっちゅうあったんだよね。

それがようやくここにきて整合性がとれてきたというか、今までやってきたことが何らかの形に統合されて、それが発展していくみたいなイメージがわいてくるんだ。
その中には、直接自分がかかわるわけではなく、ただ楽しみにしているだけの案件もあるんだけど、とにかく今年は個人的に動きがいのある年だなぁと思っている。

淫語マニュアルもなんとかしないといけないね。
とりあえず今週中に最低1本は上げときますよ。

実は最近、渡辺琢斗監督にお会いする機会があってね。いろいろ相談にも乗ってもらったんで、まずは「淫語中出しソープ」を立て続けにいきましょうかね。
あとは、ビーバップ・みのる監督が年末に自分のブログで淫語について語ってくれていたので、「淫語痴女」も1本ぐらいやって、それから満を持してMotheRsの淫語作品を紹介する感じかね。
本当はもっと売らないといけないんだけど、それはボヤキや淫語AVマニュアルというよりはMotheRsのホームページでやるとして、このスペースはもっと突っ込んでいいのを取り上げていくよ。

本当はサイトのリニューアルもしたいので、これは今までのように行き当たりばったりではなく、計画を立ててやっていきましょうね。

あとは官能小説。
コンビニ売りのエロ雑誌に、官能小説の書評を連載するようになって、自分は意外と官能小説を読んできた人間なんだなぁって、初めて自覚したのね。

よくよく考えてみると子どもの頃に、家に官能小説がよくあったんだよね。今思えば父親が好きだったわけだけど、そこで富島健夫やら川上宗薫なんかをよく盗み読みしていたわけなんですよ。

それでついこの間、急に思い出したんだけど、うちの父は泉大八と知り合いだったんだよね。そういえば家に来ていたことがあったよなぁ、なんてね。こういうのって突然思い出するもんなんだねぇ。

もちろん、それを思い出させるきっかけを与えてくれたのは、花房観音ではあるんで、彼女の小説もボヤキで書かないといけない。これは彼女とも約束しているのでね。
彼女はホントにいい小説を書いていますよ。
彼女の小説は全部読んでいるけど、読むごとにうまくなっている。
実に楽しみですねぇ。
芥川賞とか、取んねぇーかなぁ。官能から純文学に殴り込みにいくのは、団鬼六の遺志でもあるしねぇ。

ということで、今年の淫語魔はAVと官能小説が基軸かな。
年末には撮りたい女優さんで、撮りたい企画で、自分でもできあがりに納得のいく作品を作る。なおかつ淫語魔しかできないようなプロモーションをする。
今年の目標はそれだね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。